Home > CD & DVD > New Releases

 CD & DVD/BD



New Releases - 2021年08月 発売タイトル

Search results:14 件 見つかりました。

  • ホルボーン:ため息/ダウランド:今こそ別れねばならぬ /シャイト:クーラント(カプリッチョ・ストラヴァガンテ/センペ)

    【カプリッチョ・ストラヴァガンテの美質全開!ルネサンス室内楽の多彩な魅力】ルネサンスからバロックにかけての合奏曲をエキサイティングに聴かせるカプリッチョ・ストラヴァガンテ。ここではリコーダーのジュリアン・マルタンを中心に、ヴァイオリンとガンバが入り交じる編成で1600年前後の音楽の真相に迫ります(第2の鍵盤奏者オリヴィエ・フォルタンやヴァイオリンのソフィー・ジェントらをはじめ、現在ではアンサンブル・マスク名義で活躍している名手が多数参加)。英国の作曲家たちによるコンソートを中心に、ドイツで活躍したウィリアム・ブレイドやドイツ三大Sと呼ばれる巨匠の一人シャイトの作品も含め、20世紀以降に金管合奏アレンジで有名になった作曲家たちも多く登場します。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0001

  • テレマン:序曲(組曲) TWV 55:a2/ファンタジー集/リコーダーとヴィオラ・ダ・ガンバのための協奏曲 TWV 52:a1 (マルティン/カプリッチョ・ストラヴァガンテ/センペ)

    【作品の本質を踏まえた精彩鮮やかなテレマン解釈を室内楽編成で】テレマンがリコーダー独奏と合奏のために作曲した有名な組曲、およびヴィオラ・ダ・ガンバが独奏楽器として加わる協奏曲のほか、無伴奏フルートのためのファンタジア集から3曲を収録。フランスの俊才リコーダー奏者ジュリアン・マルタンの才能が最大限に発揮され、ガンバ奏者チータムの闊達な立ち回りも痛快です。リコーダーを軸に、バロック後期の音作りの精緻さが極小編成で味わい尽くせる1枚。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0002

  • ラ・ペレグリーナ - インテルメディオ集(1589)(カプリッチョ・ストラヴァガンテ・ルネッサンス・オーケストラ/センペ)

    【16世紀末、時代を代表する音楽家たちによる贅沢な共作で歴史の一頁を飾った「オペラ前夜」の音楽劇】16世紀末に遡る貴重な音楽劇のひとつ《ラ・ペッレグリーナ》は、1589年にメディチ家のフェルディナンド1世がロレーヌのクリスティーヌと結婚したさい、祝宴の場で上演された6部からなる作品。メディチ家の祝宴音楽をとりしきっていたマルヴェッツィを中心に、若い世代ではマドリガーレの天才作曲家マレンツィオやペーリ、カッチーニ、カヴァリエーリなど、バロック音楽への扉を開いた作曲家たちも音楽を寄せています。オペラのような独唱中心にはならず、マドリガーレ風の重唱を中心とした小品や舞曲が並ぶ構成ですが、オペラ前夜の歴史を1589年まで遡れる点は見逃せません。少人数からなる声楽にあわせた編成でこの作品の真相に迫ったカプリッチョ・ストラヴァガンテの快挙。演奏本編を収録したCDのほか、インタビューなど作品紹介をたっぷり詰め込んだディスクが添えられています。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0004

  • ラモー:クラヴサン作品集(センペ/フォルタン)

    【ラモーの鍵盤楽器における個性を、巨匠レオンハルトも愛した製作家たちの楽器で】Paradizoの自然派録音が冴えるクラヴサン(チェンバロ)・アルバム。クープランを18世紀のドビュッシーとするならさしずめラヴェルに相当する存在ともいえるラモーの、4つの鍵盤作品集から名曲を厳選。本来クラヴサン独奏にヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバの伴奏がつく『クラヴサン合奏曲集』からの作品は、オリヴィエ・フォルタンとの息の合った2台のクラヴサンでの演奏が楽しめます。17世紀の伝統の延長線上ともいえる最初の曲集からすでに現れつつあった個性がどう開花してゆくのか。のちに「無言ではない劇」オペラの大家にもなったラモーの、言葉のない音作りの世界を堪能できる1枚です。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0005

  • マレ/サント=コロンブ:ヴィオール曲集(チートハム/レオナール/センペ)

    【選曲の妙が光る17世紀と18世紀のコントラスト、フランス・ヴィオール芸術の粋ここに】映画『めぐりあう朝』のモデルとなった音楽家師弟、サント・コロンブ師とマレに光を当てたプログラム。マレは17世紀の偉大な弦楽器演奏の伝統をひくサント・コロンブから多くを学びながら独特な作風で18世紀までフランスのヴィオール芸術を生き延びさせた名匠ですが、ここではあえて後期の通奏低音つき作品を中心に選び、二つのヴィオールが対等な対話をくりひろげる17世紀のサント・コロンブ師の作品とのコントラストを明確に打ち出してゆきます。その後で最後に師匠直系ともいえる最初期のヴィオール二重奏を収録するというプログラムも絶妙。カプリッチョ・ストラヴァガンテで通奏低音を支える名手でもあるジョシュ・チータムの妙技が隅々まで冴え渡り、センペの通奏低音奏者としての腕前もぞんぶんに味わえる、フランスを活動拠点とするプレイヤーたちならではの機知と洞察に富んだ名演。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0006

  • マルシャン/デュフリ/バルバトル/ロワイエ:クラヴサン作品集(センペ)

    【クラヴサン音楽の充実と爛熟。ロココへ向かう時期の豪奢な響きをたっぷりと】太陽王ルイ14世が君臨した17世紀後半、数々のクラヴサン奏者=作曲家たちの活躍により大いに発展したフランスの鍵盤音楽様式。その後イタリア音楽との出会いを経て18世紀には豪奢でオーケストラ的な響きも聴かれるようにになります。古典派前夜、ピアノ登場直前のそうした豊穣な音世界を、細やかさと柔和さを意識したセンペの名解釈で存分に味わえます。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0007

  • アンティコ - モデルノ 装飾されたルネッサンス・マドリガーレ

    【ルネサンスからバロックにかけての器楽芸術の真骨頂!装飾演奏の猛者たちが織りなす至芸】ルネサンス末期からバロック初期にかけ、器楽奏者たちは優れた歌唱技術を誇る歌手たちの技芸に負けじと大いに腕を磨き、即興で装飾を盛り込んで演奏する技法を飛躍的に発展させました。そんな時代の作法を身につけ世界的に活躍する現代の精鋭古楽器奏者たちが、400-500年前の音楽の生々しい実像をありありと蘇らせてくれます。「甘き思い出」「別れの時」など、この種の変奏の原曲として名高い作品を網羅した選曲も絶妙です。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0008

  • マレ/リュリ/ブレイド/プレトリウス/ムッファト:バロック舞曲集(カプリッチョ・ストラヴァガンテ 「王の24のヴァイオリン」/センペ)

    【宮廷舞踏の粋を、本場フランス古楽界の精鋭陣とともに】「王の24人のヴァイオリン」とは17世紀のフランス王室で、宮廷舞踏や音楽劇に起用されていた24人の楽員からなる弦楽合奏団のこと。中音域や低音域まで含めたヴァイオリン属の演奏者が24人、という意味で、ここではヴェルサイユ・バロック音楽センター監修のもと、大小のヴィオラをはじめルイ14世時代に使われていたモデルの楽器が復元製作されて使われています。これらにリコーダーやオーボエ属の楽器を加えた当時の編成をフランス古楽界の名手たちが再現。古い伝統をひくルネサンス期の作品を適宜加えながら、17世紀フランスを鮮やかに蘇らせる選曲と解釈が映える、自ら舞踏家でもあったルイ14世の宮廷にタイムスリップするような1枚です。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0010

  • プレトリウス:テレプシコーレ舞曲集/ブレイド:パドゥアーナとガイヤルド/ベネット:ヴィーナスの鳥(カプリッチョ・ストラヴァガンテ・ルネッサンス・オーケストラ/センペ)

    【ルネサンス・ダンスの集大成!ドイツと英国をなだらかに繋ぐ豊穣な合奏音楽の世界】16世紀のフランスで発達した宮廷舞踏は、ユグノー戦争の混乱を避けてフランスを離れた音楽家たちによってドイツ語圏にも伝わりました。ここでは中部ドイツで活躍したプレトリウスが、そうしたフランス人たちから学んだことの集大成である合奏曲集『テルプシコーレ』を中心に、ハンブルクやベルリンで活躍した英国人ブレイドのいくつかの曲集からも選曲。ヴァイオリン、リコーダー、木管コルネット、サックバットなど多彩な古楽器の響きとともに400年前の豪奢な響きをたっぷり味わえます。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0011

  • Memorandum XXI (カプリッチョ・ストラヴァガンテ/センペ)

    【精鋭アンサンブルとソリストたちの軌跡を詰め込んだ豪華5枚組】カプリッチョ・ストラヴァガンテが録音してきた数々のディスクから、五つのテーマに合わせてトラックを厳選、丁寧な曲順で組み上げられたアンソロジー。このアンサンブルにどんなソリストたちが参加してきたかも含め、四半世紀以上にわたる古楽シーンの歩みを概観しながらバロック以前の芸術世界を堪能できる好企画となっています。収録曲の7、8割はParadizoレーベルの既発アルバムからのものですが、Deutsche Harmonia MundiやAstree/Naive、Alphaなど他のレーベルで制作された音源も適宜収録されています。縦長の豪華ブックレットには彼らの歴史を物語る写真も満載。(2021/08/27 発売)

    レーベル名:Paradizo
    カタログ番号:PA0012