Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ガルバヨ, フアン・カルロス

Search results:11 件 見つかりました。

  • 詳細

    アルベニス/ドビュッシー/モンサルバーチェ/トゥリーナ:ピアノ作品集(ガルバヨ)

    長い歴史を経て存在するアルハンブラは、通常、宮殿と呼ばれているものの、城塞の性質も備えた建造物であり、多くの芸術家たちがアルハンブラに因んだ作品を創り上げています。このアルバムにはアルベニス、ドビュッシー、トゥリーナを始めとしたロマン派から近代、7人の作曲家の「アルハンブラ」からインスパイアされたピアノ曲を収録。美しい写真と図版が記載されたブックレットとともにお楽しみいただけます。(2020/02/07 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-32013

  • 詳細

    シエッラ:33の夢/フリア (ポベダーノ/ムニョス/ガルバーヨ)

    ラテン・アメリカを代表する作曲家、シエッラは、1953年、プエルトリコ生まれ。色彩とリズムに溢れた作風で、1987年にオーケストラ作品「ユビロ」で世界的に注目される存在となり、北米からヨーロッパを中心に高い人気を誇っています。この「33の夢」は、シエッラの考える意識と無意識両方をつなぐ中間の領域で、33の夢にはそれぞれ、地図を描くための暗号化されたメッセージが隠されており、シンボルの謎を解くことで詩が浮かび上がってきます。旅の途中には海、魔法の場所、本物と架空の人物、渦巻、怪物、神、そして作曲家の感情や知性、詩的な探究が出現します。シエッラがこの曲を作曲したのは、カリブ海のクルーズ中で、まさに旅の途中。彼が好んでこの「旅」の構造を使うのは、「冬の旅」などドイツ・ロマン派の偉大な歌曲集の伝統になぞらえてのこと。白昼夢と現実の間をさまよい、根源的な痛みや憧憬、光の世界へと誘ってくれます。(2020/02/21 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-112019

  • 詳細

    シエッラ:ピアノ三重奏曲第1番 - 第3番/幻想曲、ファンファーレ、アリアと永久運動ファンファーレ、アリアと永久運動(トリオ・アルボス)

    プエルトリコに生まれ、ドイツでリゲティに作曲を学んだシエッラ(1953-)の作品集です。NAXOSからは室内楽作品集(8.559263)と大規模なミサ曲「プロ・パーチェ」(8.559624)が既にリリースされていて、その独特な語り口が秘かな反響を呼んでいる作曲家です。この3つのピアノトリオは1991年から2008年に渡って書かれたもので、作曲家の「その時の感性」をくまなく表現した自信作です。現代的なテイストの中にラテンとジャズの影響がはっきり見てとれるのが特徴で、このアルバムも最初のトラックから衝撃的な音が炸裂します。コープランド生誕100周年の記念行事のために作曲されたトラック8も興味深い音の連続です。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559611

  • 詳細

    シエッラ:ボレロ/序奏、歌とデスカルガ/モントゥーノ(ガルバヨ)

    IBSレーベルの看板ピアニスト、フアン・カルロス・ガルバヨは、このアルバムの作曲家ロベルト・シエッラと長きに渡って信頼関係を築いています。ガルバヨはシエッラのピアノ作品を「夢のような響きを持ち、現実と空想が魅惑的に融合している」と語るほど、彼の音楽に心酔しており、このアルバムでもその特徴を生かした神秘的な音を丁寧に奏でています。メランコリーと題された「ボレロ」の第1曲で奏される美しい響きは、聴き手を夢幻的な世界へと誘い、親密な夢を見せるかのようです。トッカータのような華やかなタッチの中から仄かな旋律が立ち上る「序奏、歌とデスカルガ」、戯れにピアノの鍵盤の上で指を躍らせているかのように即興的な「モントゥノス」と個性的な作品が収録されたアルバムです。(2020/03/06 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-22016

  • 詳細

    ドヴォルザーク:チェロ作品集(グティエレス・アレナス/マグデブルク・フィル/キンボー・イシイ)

    名作「チェロ協奏曲」を中心にドヴォルザークのチェロ曲を収録した1枚。彼独自の旋律美が如何なく発揮された抒情的な「森の静けさ」は、もともと4手ピアノのための曲ですが、作曲家自身がチェロとオーケストラ用に編曲した版が演奏されています。歌曲を思わせる魅力的な旋律が展開されていきます。最後に置かれているのは歌曲「私にかまわないで」をチェロで歌い上げたもの。落ち着いた音色で深い情感を表現しています。スペインのチェリスト、アドルフォ・グティエレス・アレナスは最初ピアノを学び、14歳の時にチェロに転向。ソフィア王妃音楽院を卒業後はシュタルケルのマスタークラスを受けるなど研鑽を積み、2002年から国際的に活躍を始め、数多くの指揮者、オーケストラと共演する実力派。オーケストラを指揮するキンボー・イシイは幼少期を日本で過ごし、2009年から2013年には大阪交響楽団首席客演指揮者を務めるなど日本でも活躍、現在はマグデブルク劇場音楽総監督を務めています。(2020/03/06 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-32019

  • 詳細

    バーンスタイン/M. グールド/カプースチン/ナバロ:クラリネット作品集(リュナ/ガルバヨ/ボロン/ガルシア/ドメネヒ)

    指揮者、作曲家、教育者として偉大な功績を残したレナード・バーンスタイン。このアルバムは彼の生誕100年を記念し、2018年に制作された1枚。バーンスタインに強く魅了されているというクラリネット奏者リュナが選んだ作品は、同時にベニー・グッドマンへのオマージュでもあり、アルバム全体に漂うジャズの影響も強く描きだしています。フアン・カルロス・ガルバヨをはじめとした名手たちの妙技が聴きどころ。(2020/03/06 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-22019

  • 詳細

    バカリッセ:元旦のための協奏曲/前奏曲、悲歌とパスピエ/空想上の鳥の歌(モンテス/ムーンウィンズ/リュナ)

    ヘスス・バル・イ・ガイとサルバドル・バカリッセは「スペイン第27世代」として知られるグループに属する作曲家です。スペインで教育を受けた彼らは、1936年から1939年に勃発した内戦から逃れるために亡命した後にも、さまざまな形でスペイン音楽の復興と発展に寄与しました。1942年に作曲されたガイの「ディヴェルティメント」はストラヴィンスキーを思わせる新古典派の作風による闊達な作品。バカリッセの「元旦のための協奏曲」は1954年の管楽五重奏とハープのための「Concertto in E flat」を原曲とし、1961年にハープとオーケストラ版として拡張された作品です。20世紀前半のフランス音楽から影響を受けた色彩豊かなハープの響きが印象的。他の3曲も先進的でありながら、深く抒情的な雰囲気を併せ持つ、各々の楽器の音色が溶け合う美しい作品です。(2020/01/24 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-152018

  • 詳細

    バカリッセ:ピアノ協奏曲第4番/協奏的カプリッチョ/チェロ協奏曲(ベルコヴィチ/ゴメス/ガルバヨ/マラガ・フィル/エステリェス)

    バカリッセは「スペイン8人組」として知られるグループに属する作曲家です。王立マドリード音楽院で学び、「スペイン8人組」の中心人物として新しい音楽の普及に尽力しましたが、スペイン内戦後の1939年にフランシスコ・フランコの軍事政権を拒否して、フランスに亡命しパリで死去しました。内戦時には家族とともにピレネー山脈を徒歩で横断するなどの苦難を強いられましたが、彼の不屈の精神が挫かれることはなく、フランスに定住してからも、放送局で働きながら数多くの作品を書き上げています。このアルバムには彼の亡命前と亡命後の3つの作品が収録されており、作風の変遷を辿ることができます。(2020/01/24 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-132016

  • 詳細

    フェルナンデス・ゲーラ:室内楽作品集(アンサンブル・レシデンシアス)

    1952年マドリード生まれのゲーラの作品集です。1980年代初頭から作曲家として活躍していた彼の初期の作品は、当時提唱されていたパラダイム(特定の概念)に基いて書かれていたとされていますが、パリへの留学後、90年代にスタイルを見直し、新世紀へ突入するための新しい音楽へと変貌させたのでした。アルバムの中心となるのは「子どもたちは叫んだ」で、マドリードで起きた悲しい事件を題材に、胸が張り裂けるような音楽が付けられています。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2121

  • 詳細

    リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調/ソレーロ:アンコーラ・ウン・セグレート(ブレンデル/ガルバヨ)

    名ピアニスト、アルフレート・ブレンデルが1958年に演奏したリストのロ短調ソナタを巡る音源を用いたユニークなコンセプト・アルバム。冒頭に置かれたのはロンドンで録音されたブレンデル自身によるロ短調ソナタへのレクチャー。そして1958年に収録されたブレンデル自身のロ短調ソナタの若々しくキレのある演奏(Vox原盤)が続き、最後にはブレンデルと親交があった作曲家ソテーロが書いた「アンコーラ・ウン・セグレート」が置かれています。これはロ短調ソナタを素材として使い、新たな音風景を描き出した魅力的な作品で、現代のピアニスト、フアン・カルロス・ガルバヨが偉大な先人への思いを込めて演奏しています。(2020/01/24 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-102016