Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



シュトゥットガルト国立歌劇場合唱団

Search results:11 件 見つかりました。

  • MOZART: Entführung aus dem Serail (Die) (NTSC)

    (2001/07/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:100179

  • GLUCK: Alceste (Staatsoper Stuttgart, 2006) (NTSC)

    (2007/02/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101251

  • HARTMANN, K.A.: Simplicius Simplicissimus (Staatsoper Stuttgart, 2005) (NTSC)

    (2007/02/01 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101255

  • モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」[DVD]

    「後宮からの誘拐」は、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」とともに、モーツァルト(1756-1791)の五大オペラのひとつとされています。モーツァルトの19作のオペラのうち、13番目に書かれた作品で、ドイツ語による"ジングシュピール" としては2番目の作品にあたります。この上演で初めてモーツァルト・オペラを手がけた演出のハンス・ノイエンフェルスは、歌手とともに俳優を登場させ、せりふの部分は俳優が演じ、歌手が歌っているときも一緒に演技するという手法を取ることによって、物語の素朴さとばかばかしさをそのまま保っています。舞台に出てくるものもかなり醜悪だったり不気味だったりで、オペラに上品さを求める人には向かない映像です。これは、1990年代あたりから流行している「ストーリーの読み替え」の先駆けとなった演出の一つで、オペラ上演の際に演出家がどこまで介入を許されるのかが議論にもなった問題作でもあります。これは、もともとの素朴な筋立てを新鮮な解釈で蘇らせる手法…歴史的背景を想起させたり、現代に舞台を置き換えたり、社会的情勢を織り込んだりと、まさにやりたい放題。古来からの穏健な演出を好む人は眉をひそめるかもしれませんが、何か面白いもの、刺激的なものを見たい人にはうってつけ。この「後宮」も音楽はとても美しいのですが、見終わったあとに何となくざらついた思いが残るのがなんとも大人向けの逸品として高く評価されたのでした。(2014/02/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102189

  • クリストフ・ヴィリバルト・グルック:生誕300年 記念BOX[3DVDs]

    (2014/02/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107540

  • クリストフ・ヴィリバルト・グルック:生誕300年[Blu-ray Disc]

    1.歌劇「アルセスト」(1776年 パリ版 フランス語歌唱)/2.歌劇「トーリードのイフィジェニー」(1779)/3.歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」(1762)
    オペラ改革者としての音楽史上の位置は有名でも、作品自体は意外に知られていないグルック(1714-1787)。このディスクは、彼の生誕300年を記念して、代表作3作を1枚のBlu-rayに収録したという画期的なものです。どの演目も発売時から高い評価を受けているものばかり。内容は107540の3枚組DVDBOXと同じですが、こちらには特別、グルックの生涯をフィーチャーした60分の特別映像も付いていて、知られざるグルックの生涯についても思いを馳せることができる優れものです。(2014/08/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108111

  • BELLINI, V.: Puritani (I) [Opera] (Staatsoper Stuttgart, 2018) (Blu-ray, HD)

    17世紀、清教徒革命時代のイングランド。王党派の騎士アルトゥーロを恋するエルヴィーラは、父親の意向で清教徒のリッカルドと結婚させられることになります。しかし、彼女の伯父ジョルジョの口添えがあり、ようやくアルトゥーロとの結婚が許されますが、当のアルトゥーロは使命感から国王の妃の救出を試み、それを知ったエルヴィーラは愛する人が裏切ったと勘違いしてしまい・・・1835年にパリで初演されたベッリーニの歌劇《清教徒》。当時の音楽界を席巻していたロッシーニの影響を脱し、イタリア・ロマン派の音楽を切り開いたベッリーニの凛然たる美しさに満ちた傑作オペラです。初演は大成功を収めましたが、病を得たベッリーニは初演後8カ月目に34歳の若さで急逝。《清教徒》は彼の「白鳥の歌」となりました。長大な「狂乱の場」を歌うエルヴィーラを始めとした主役4人は、誰もが重要な役回りを果たし、各々アリアだけではなくアンサンブルでも歌手の力量と演技力が問われるため、上演が難しい作品としても知られています。本映像はシュトゥットガルト州立歌劇場のベッリーニ・シリーズ《ノルマ》《夢遊病の女》に続く第三作目として、同歌劇場の演出名コンビのヨッシ・ヴィーラーとセルジョ・モラビト、舞台美術と衣装を担当するアンナ・フィーブロックがタッグを組み、オリジナルの台本、筋書に異なる時代設定と登場人物の無意識の心理を露わにする演劇的なアプローチにより、フェルゼンシュタインに始まるレジーテアター(読み替え演出)の最前線を示すユニークな舞台となりました。前作の《夢遊病の女》でも主役アミーナを演じ、高い評価を受けた若手ソプラノ、ドゥルロフスキがエルヴィーラを見事に歌い、粒ぞろいの共演者、同歌劇場の優れた合唱団とオーケストラをベンツィのタクトが手堅くまとめあげます。(2019/05/31 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0093V

  • 詳細

    ミヒャル・ギーレン・エディション 1 - J.S. バッハ/モーツァルト/ハイドン/ベートーヴェン/シューベルト:管弦楽作品集(1967-2010)

    現在、最も重要な指揮者の一人と称されるミヒャエル・ギーレン(1927-)。舞台演出家の父のもと、ドレスデンに生まれ、1940年にアルゼンチンに移住し、ブエノスアイレスで音楽を学びます。カルロス・クライバーと知り合い、共に研鑽を積んだエピソードでも知られています。レパートリーは古典派から現代までと幅広く、とりわけ一連のバーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団とのマーラーの交響曲や、シェーンベルク作品での精妙な演奏は、比類なきものとして評価されています。この「ギーレン・エディション」は2017年の彼の生誕90年を記念し製作されたもので、SWRレーベルから今後3年間に渡って、全10集のリリースが予定されています。この第1集は1960年代の録音から最近の録音までを収録、そのほとんどは初出音源というもので、彼のファンのみならず、20世紀のクラシック音楽の演奏様式の一つのスタイルを俯瞰するためにもなくてはならないものとなることは間違いありません。(2016/02/24 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19007CD

  • 詳細

    シェーンベルク:歌劇「モーゼとアロン」

    聖書「出エジプト記」を題材に、神の啓示を伝えようとするモーセと、モーセを待ちわびる民衆のために偶像崇拝を許す兄アロンとの激しい対立を描く、シェーンベルクの未完のオペラ「モーセとアロン」。20世紀のクラシック音楽界は、人類が経験したことのない社会状況を背景に、いろんなことがありました。様々な新しい作曲技法も生み出されました。どの曲を聴いておかねばならないか、膨大な作品群から選ばれるのが、音楽的側面のみならずあらゆる観点からして、このオペラになるのではないでしょうか。シュトゥットガルト州立歌劇場が持てる力量を注ぎ込んだ演奏で、日本人歌手の石津なをみさんも出演しています。(2006/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660158-59

  • 詳細

    ホルスト:組曲「惑星」/エルガー:セレナード Op. 20 (シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

    バロックや古典派の作品を得意とするノリントンが演奏するホルストの惑星。重厚な和声を響かせ、たっぷりとメロディを歌わせるロマンティックな演奏が主流である中にも、ノリントンの軽やかな演奏は他の名演と一線を画すものとして評価されています。(2018/05/25 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19507CD