Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ブライオン, キース(1933-)

Search results:35 件 見つかりました。

  • びっくり箱~楽しすぎるクラシック名曲集

    (2010/09/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570124-25

  • ミスティック・クラシック

    (2010/12/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570225-26

  • 詳細

    クラシックス・アット・ザ・ムービーズ - ドラマ

    バラエティに富んだ選曲が特徴の当盤ではまず、「シンドラーのリスト」のテーマ曲、この一度聴いたら忘れられない音楽をオリジナル音源でお楽しみください。そして「禁じられた遊び」で万人の名曲となった6、誰もが幼い頃から心を震わせたこの小曲は、いつ聴いても泣けます。4、8、11のような渋い曲がどのように映画で輝くのか、是非確認してみましょう。限りなく晴朗な3、お馴染みのピアノの名曲5、ワーグナーの官能の世界を持ち込むために選曲された7、映画「プラトーン」でも有名な10、マーチの名曲12…。クラシックって、本当にいいですね。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556807

  • 詳細

    グレインジャー:愛の力(スロヴァキア放送響/ブライオン)

    グレインジャーは、濠洲出身、20世紀前半に活躍した異色の作曲家=ピアニストです。英国・北欧民謡をベースに濃厚かつポップな音楽を書き、その強烈な情感的世界が近年再評価されています。--「《カントリー・ガーデンズ》《ロンドンデリーの歌》などの有名曲を中心とした格好の入門盤である。壮大な民謡編曲《デンマーク民謡組曲》や《緑の茂み》、ハリウッド・ボウルでの衆前結婚式で花嫁に捧げられた《北欧の王女へ》といった大作も聴き逃せない。イメージの喚起力あふれるグレインジャーの世界を米国の専門家ブライオンの指揮で楽しみたい」(宮澤淳一)(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554263

  • 詳細

    巡礼の行進 - アメリカ・クラシック音楽の先駆者たち

    多民族の移民国家であるアメリカのクラシック音楽は、当然のことながら様々な要素、すなわちロマン派や印象派といったヨーロッパのクラシック音楽に加え、ジャズやポピュラー音楽、あるいは黒人霊歌やラテン音楽の影響などが反映され、人種ならぬ音楽種の坩堝といった様相を呈しています。NAXOSのアメリカン・クラシックス・シリーズでは、そんなアメリカ音楽を多角的に取り上げてきましたが、その中からハイライトともいうべき楽曲を、なるべくバラエティーに富ませてピックアップしてみました。特に当シリーズが初めてという方には、結構意表を突く出会いがあるかもしれません!(2004/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559200

  • 詳細

    スーザ:「稲妻の翼に乗って」(ラズモフスキー響/ブライオン)

    (2001/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559029

  • 詳細

    スーザ:オン・ステージ(ラズモフスキー響/ブライオン)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.223872

  • 詳細

    スーザ:オン・ステージ(ラズモフスキー響/ブライオン)

    (2001/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559008

  • 詳細

    スーザ:行進曲傑作集(ロイヤル・アーティレリー・バンド/ブライオン)

    この2枚のCDの中にスーザの名行進曲が34曲入っています。おなじみの曲から、聴いたことがあってもタイトルを思い出せない曲まで、どこから聴いてもかっこ良く、また気分を高揚させてくれます。家でじっくり聴くのもよし、ドライブのお供にもよし。(2010/11/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572651-52

  • 詳細

    スーザ:吹奏楽のための作品集 1 (ロイヤル・アーティレリー・バンド/ブライオン)

    「マーチ王」の称号を戴くスーザの作品は、そのごく一部は極めて広く知られ親しまれ、さらには実用にも供されていますが、そういった曲以外にもスポットを当てるのが当シリーズです。組曲「上を向いて」では、正調クラシック風の楽想も沢山現れ、ブラスバンドだけでフル・オーケストラばりに豊かな展開を見せたり(途中でムリヤリ?行進曲が挿入されたりするのが、またご愛嬌で楽しいかも)するあたりは、隠れた彼の才覚に触れる感があります。それにしても20世紀の前半に量産的に書かれた音楽でありながら、21世紀になってもちっとも古びることなく、世界中の聴衆を鼓舞するパワーを持続させているということは、物凄いことではないでしょうか?(2001/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559058