Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



リンドン=ジー, クリストファー

Search results:31 件 見つかりました。

  • 詳細

    ヴァレーズ:アメリカ/エクアトリアル/ノクターナル/イオニザシオン(ポーランド国立放送響/リンドン=ジー)

    フランスに生まれ、アメリカで活躍したヴァレーズは自らの作品に当時最先端の前衛的な手法を取り込み、独特な音空間を作りだすことに成功しました。残された作品はあまり多くないのですが、そのどれもが多くの打楽器や電子楽器を用いるなど、極限まで究められた音と思想に彩られた謎めくものばかり。ここでは大作「アメリカ」を始めとした9つの作品が楽しめます。(2008/07/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557882

  • 詳細

    ヴァレーズ:アルカナ/オクタンドル/オフランド/アンテグラル/砂漠(ポーランド国立放送響/リンドン=ジー)

    エドガー・ヴァレーズが20世紀の音楽に与えた影響は、計り知れないほど強力絶大です。わかるんだかわからないようなタイトル、そして何よりも管楽器や打楽器の全く斬新な用法が生み出す大胆極まりない音響は、聴くものに圧倒的なインパクトを与えます。これこそ所謂「ゲンダイオンガク」のはしりともいえるでしょう。しかし何も身構える必要はありません。ブォーン、グワシャーンといった具合の面白サウンドそのものに素直に耳を傾ければ意外や意外?本当に楽しく聴けるものです。しかし今は21世紀、「デゼール」に聴くテープに編集されたサウンドなど、一昔前のSFか何かの様に聴こえなくもないのも時代を感じさせ、それもまた一興です。(2001/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554820

  • 詳細

    ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番, 第2番/バレエ組曲「黄金時代」(ヒューストン/ニュージーランド響/リンドン=ジー)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553126

  • 詳細

    ベスト・オブ・ショスタコーヴィチ

    作曲者名を忘れて頭の中を真っ白にして9を聴いてみましょう。あれ、ショスタコーヴィチって、こんな曲を作っていたの?この映画音楽顔負けの甘い甘いピアノの調べは何て心地良いんだろう。続いて「祝典序曲」や「黄金時代」、「馬あぶ」を。ソ連当局との関係など難しい話がどうしても先行するショスタコーヴィチ、こんな曲ばかりなら単純に好きになれるかも。彼の音楽に慣れてきたら、深遠そのものの室内楽や、作曲者が存分に本領を発揮した交響曲に進みましょう。気が付けば貴方はもうショスタコ色に染まっていること間違いなし。ベスト・シリーズの中で特に注目の一枚です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556684

  • 詳細

    ディスカバー・ミュージック - 20世紀の音楽

    (2008/02/22 発売)

    レーベル名:Naxos Educational
    カタログ番号:8.558168-69

  • 詳細

    ナルブタイテ:ノー・イエスタデイ、ノー・トゥモロー/ラ・バルカ(ヴァシュケヴィチューテ/パヴィリオニス/リトアニア国立響/リンドン=ジー)

    リトアニアの女性作曲家ナルブタイテ。「鉄のカーテン」消滅後にそれまでの沈黙を破り、傑出した才能を示しています。彼女の作品は初期の頃には独特な肌触りを持つ室内楽が多かったのですが、近年はこのアルバムに収録されている大規模な作品へと作風が変化しています。「La barca」はバイエルン放送局のラジオ放送のために書かれた曲。大海に揺れる小舟と乗船者の心理状態までが克明に表現された描写的な作品です。独唱者と管弦楽のための「昨日はない、明日はない」はリルケの詩を用いた曲。断片化された時間を表現しています。第50回ワルシャワの秋音楽祭のために書かれた「海岸線のシンフォニー」は静かな場面と、遠くの記憶を象徴しており、第1曲目の「小舟」に通じる執拗な流れが表現されています。ただ規模は大きくなり、幅広い事項が内包している神秘的な作品です。(2017/12/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573618

  • 詳細

    バツェヴィチウス:管弦楽作品集 1 - ピアノ協奏曲第3番, 第4番/組曲「春」(アレクナ/リトアニア国立響/リンドン=ジー)

    リトアニア人の父とポーランド人の母を持つ作曲家バツェヴィチウス(1905-1970)。彼よりも、5歳年下の妹であるヴァチェヴィチの方が知名度も人気も高いのですが、兄の作品もなかなか聴き応えのある素晴らしいものです。もともとはピアニストとして名声を博し、数多くの演奏会に出演していた彼、1939年に南アメリカで演奏旅行を行っている時に、第二次世界大戦が勃発し、その翌年、祖国リトアニアがソビエト連邦に併合されたため、そのままアメリカに留まることとなってしまいました。このアルバムに収録された3つの作品も、定住先のアメリカで書かれたものです。第3番の協奏曲は、彼自身、祖国に対して明るい見通しを持っていたようで、曲の雰囲気もヨーロッパ風ですが、それ以降は瞑想的であり、彼が信じていた「宇宙=肉体から解放された人間の心の無限の想像力」を表現するもので、神秘的な風情を持っています。"鋼鉄のタッチと春の柔らかい呼吸を持つ"とされたバツェヴィチウスのピアニズムも感じられる見事な作品です。(2015/05/27 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573282

  • 詳細

    バッハ - マルケヴィチ:音楽の捧げ物

    (2004/03/01 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.225120

  • 詳細

    ブリス:バレエ音楽「ゴーバルズの奇跡」/管弦楽のためのディスコース(クイーンズランド管/リンドン=ジー)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553698

  • 詳細

    ヘンツェ:ヴァイオリン協奏曲第1番, 第3番/5つの夜曲(スケアヴェズ /ザールブリュッケン放送響/リンドン=ジー)

    長きにわたって、ドイツの作曲界を代表する存在の一人である、ヘンツェのヴァイオリン作品集です。2曲の協奏曲は、ともに演奏者に難度の高い技巧が要求され、充実した響きのオーケストラと渡り合っていきます。ファウスト伝説は、多くの芸術家に取り上げられた題材ですが、ヴァイオリン協奏曲第3番は、登場人物の手になる架空のヴァイオリン協奏曲が登場する、トーマス・マンの小説「ファウスト博士」からインスピレーションを受けています。なお、静謐な美しさが際立つ、ピアノとヴァイオリンための「5つの夜の小品」は、この作品の被献呈者であり、初演者でもある二人のコンビによる演奏です。(2006/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557738