Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



カペラ・サヴァリア

Search results:4 件 見つかりました。

  • 詳細

    芸術と音楽:ゴヤ - その時代の音楽

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.558178

  • 詳細

    ファッシュ:イエス・キリストの受難/組曲 ニ短調(テイレイ=スミス)

    この「イエス・キリストの受難」のテキストはJ・ファッシュというドイツの詩人が書いたもので1700年当時大流行したものです。感傷的で芝居がかった話の運びには賛否両論がありますが、ファッシュの他にもヘンデルやテレマンなど何人もの作曲家が曲を付けたと言うだけあって、なかなか興味をそそられるものと言えるでしょう。曲は堅固でドラマティック。そして華やかさも持ち合わせています。(2008/04/09 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570326

  • 詳細

    ラモー:オシリスの誕生、またはパミリーの祭り/アバリス、またはボレアド(カペラ・サヴァリア/テイレイ=スミス)

    18世紀の王朝期フランス音楽を代表する作曲家ラモー。彼はクラブサン音楽とオペラの大家でした。80年以上生きた彼は、50歳を過ぎてオペラの作曲を開始しました。それらは舞曲をふんだんにとり入れ、バレエ付きで目にもゴージャス。その華麗な舞台は現代の聴衆をも魅了し続けています。このディスクのように、声楽を除いて管弦楽組曲としてもよく演奏され、オペラの雰囲気を十分楽しめます。「オシリスの誕生」は後のルイ16世の誕生を象徴するものとして作曲、「アバリス」はラモー最後のオペラです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553388

  • 詳細

    ラモー:組曲「アナクレオン」/組曲「ダフニスとエグレ」(カペラ・サヴァリア/テイレイ=スミス)

    パリ南方の田園都市として現在も人気の観光地、フォンテーヌブロー。ルイ15世御一行は、秋にこの地に滞在し、昼は狩り、夜はエンターテイメントに明け暮れていました。そこで演奏されたものの一つがラモーのここに聞くオペラで、管弦楽曲を抜粋したのがこの1枚です。「ダフニスとエグレ」は出版されなかったため、特にマイナーな作品ですが、舞曲が楽しめます。「アナクレオン」の音楽は重厚で現代の耳にもアピールします。ナクソス盤は当然古楽器を使用しています。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553746