Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



デンマーク国立交響楽団

Search results:41 件 見つかりました。

  • 詳細

    エブラハムセン:成層/夜とトランペット/ピアノ協奏曲(デンマーク国立響/ダウスゴー/BIT20アンサンブル/ヴォルコフ)

    (2005/02/01 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226010

  • 詳細

    エンナ:歌劇「マッチ売りの少女」/ツェムリンスキー:人魚姫(デンマーク国立響/ダウスゴー)

    デンマークを代表する作家、アンデルセンの作品に音楽を付けたものは多数。dacapoでもこれまで多くの曲をリリースしましたが、後期ロマン派に属する2人の作品も注目すべきでしょう。ツェムリンスキー作品は日本でも知名度がありますが、イタリア・オペラに影響されているエナの1幕オペラは珍しいもの。ベートーヴェンの交響曲シリーズで注目されるダウスゴーの指揮で。 (2006/08/01 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226048

  • 詳細

    王立デンマーク音楽アカデミーの150年(1867-2017)

    デンマーク音楽アカデミーは、デンマークのコペンハーゲンにある音楽大学。1867年に作曲家ニルス・ゲーゼによって設立された、デンマーク国内最古で最大の音楽教育機関で、現在の学生数は400人です。創設以来150年に渡り、デンマークの音楽界において中心的な役割を担い、数多くの音楽家たちがこの学校から巣立っています。この12枚組のBOXには、20世紀前半の「歴史的録音」から、このBOXのために録音された最新の音までが含まれており、作曲家だけでなく、種々の演奏家たちの足跡もたどることができます。128ページのブックレット(英語、デンマーク語)には、アルバムの解説と、現在の学長ベルテル・クラルプの包括的なエッセイが収録されています。(2018/02/23 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.201202

  • 詳細

    グズモンセン=ホルムグレーン:プラトー/ピアノのために(ポーヨーネン/デンマーク国立響/スパンヤールト)

    (2009/04/15 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220533

  • 詳細

    グズモンセン=ホルムグレーン:合奏協奏曲(rev. 2006)/ムーヴィング・スティル/ラスト・グラウンド(クロノス・クァルテット/デンマーク国立放送響/ダウスゴー)

    (2008/12/10 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220548

  • 詳細

    クレナウ:交響曲第9番(プタセク/レースマーク/ヴェイヌイス/ブルーン/デンマーク国立コンサート合唱団/デンマーク国立響/シェンヴァント)

    コペンハーゲンに拠点を置くドイツ人の家系に生まれたクレナウ(1883-1946)は、最初はコペンハーゲン音楽院でヴァイオリンと作曲を学ぶも、20歳になる前にベルリンにわたり、マックス・ブルッフの門下に入ります。その後はルートヴィヒ・トゥイレ、マックス・シリングスに教えを受け、ドイツ音楽の伝統を身につけました。指揮者として各地を回り、1919年にはフランクフルト・バッハ協会を設立し、第2次大戦時にはナチスにも重用され、ドイツで華々しく活躍しますが、1940年にはコペンハーゲンに戻り作曲に専念します。そんな彼の作品は、ワーグナー、ブルックナー、リヒャルト・シュトラウスの影響が強く感じられ、この晩年の主要な作品である交響曲第9番も、当時の主流である十二音音楽の手法はほとんど使われることのない極めて長大で調性的な音楽です。この大規模な編成を持つ交響曲は、彼の死後長らく行方不明になっていて、2001年まで発見されることはありませんでした。そしてさらに13年の年月を経て(その間にコペンハーゲンの王立図書館で編集作業が施された)2014年、ようやくシェンヴァントとデンマーク国立交響楽団によって世界初演されたのです。このアルバムにはその記念碑的録音が収録されています。(2016/09/28 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226098-99

  • 詳細

    ゲーゼ:劇詩「コマラ」(アンリ/ケリー/ヴィーマン/デンマーク国立合唱団&交響楽団/エキルベイ)

    コペンハーゲンで生まれたゲーゼは、17歳で王室オーケストラのヴァイオリニストになり、交響曲第1番を作曲しました。しかし、作曲家としては全く認められることがなく、失意に沈んだゲーゼは交響曲第1番の総譜をライプツィヒのメンデルスゾーンに送付したところ、メンデルスゾーンのお墨付きをもらい、ようやくライプツィヒで初演され好評を博しました。そのままライプツィヒで活動を始めたゲーゼは、カンタータ「コマラ」を作曲し、初演を行いこちらも大好評。アメリカからロシアまで演奏旅行に行くほどに人気を獲得した作品ですが、残念なことに初演後には忘れられてしまいました。今回名指揮者エキルベイとデンマーク国立交響楽団&合唱団によって見事に復活。瑞々しい感性に彩られた美しい作品です。(2018/02/23 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226125

  • 詳細

    オーレ・シュミット:フルート協奏曲/ホルン協奏曲/チューバ協奏曲(ミルマン/パルムクヴィスト/ラーセン)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220515

  • 詳細

    セアンセン:インテルメッツォ/サウンズ・ライク・ユー(ウィッレ/リクセンベルク/アスムッセン/ダウスゴー)

    作曲家ベント・セアンセン(1958-)と、劇作家ペテル・アスムッセンによるコラボレーション。「Sounds Like You-あなたみたい」はベルゲン音楽祭からの委嘱作品で、2人の俳優と声楽アンサンブルによる緊迫した物語は、刺激的な無調の部分や、民謡の断片、子供の歌などが入り混じり、夢幻的な雰囲気を構築しています。「インテルメッツォ」は2人の共同作であるオペラ「空の下で」がベースになったもので、2人のメゾ・ソプラノ歌手とオーケストラによる5つの小品からなる小さな物語です。(2015/12/23 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:6.220632

  • 詳細

    セアンセン:ラ・マッティーナ/セレニダード/トランペット協奏曲(フレスト/ヘルセット/アンスネス/スカルスタード/セナゴー)

    2019年、デンマーク国立交響楽団の来日の際に、演奏曲目の一つとしてその作品が選ばれていた、デンマークを代表する現代作曲家ベント・セアンセン(ソレンセンとも)。このアルバムには、最近の3つの協奏曲が収録されており、いずれも北欧を代表する名手を迎えての演奏です。「ラ・マッティーナ」はノルウェーの名手アンスネスに献呈された曲。アンスネスの存在そのものが作曲のインスピレーションの源になったという、まさに彼のための作品です。「セレニダード」は名クラリネット奏者フレスト、ヴェネツィアの憧れを表現したという「トランペット協奏曲」は女性トランペット奏者ティーネ・ティング・ヘルセットがそれぞれソロを担当しています。ピアノ協奏曲とトランペット協奏曲はセアンセンの60歳を記念して開催された“ウルティマ・フェスティヴァル”にて録音、クラリネット協奏曲は2014年にフレストがデンマークの文化賞「Sonning賞」を受賞した際のライヴ録音でいずれも世界初録音です。(2020/03/20 発売)

    レーベル名:Dacapo
    カタログ番号:8.226095