Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ビレット, イディル(1941-)

Search results:168 件 見つかりました。

  • 詳細

    ショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番(ビレット/スロヴァキア国立コシツェ・フィル/スタンコフスキー)

    19世紀器楽音楽の花形、豪華なオーケストラをバックにソロが華麗に舞う協奏曲を、ショパンは若い頃に2曲して以降、この分野に再び戻ることはありませんでした。が、これはもちろんこの楽曲自体の否定ではなく、次第に内省の度を深めていった彼の音楽の質の変化が、当時一般的に求められていた協奏曲のイメージと単に合わなくなったためで、むしろこの2曲で、彼は協奏曲における自身の可能性をすべて語り尽くした、と考えるのが妥当でしょう。いかにも若者らしい溌剌とした雰囲気、親しみやすい旋律、非常に難しく華麗な技巧を盛り込みながらも、凛とした品性を失わないピアノソロと、どこを取っても素晴らしい傑作です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554540

  • 詳細

    ショパン:ピアノ協奏曲第1番/ポーランド民謡による幻想曲/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ビレット/スロヴァキア国立コシツェ・フィル/スタンコフスキー)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550368

  • 詳細

    ショパン:ピアノ協奏曲第2番/クラコヴィアク(ビレット/スロヴァキア国立コシツェ・フィル/スタンコフスキー)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550369

  • 詳細

    ショパン:ピアノ曲選集(ビレット)

    「幻想即興曲」「雨だれの前奏曲」「英雄ポロネーズ」「軍隊ポロネーズ」「葬送行進曲」・・・。ピアノを弾く人も弾かない人も胸ときめかす名曲。喜びも悲しみも、ショパンの音楽には感情の全てがあります。そんな音楽にもっと近づいてみませんか?ピアノを奏でるのは女性ピアニストのビレット。コルトーやケンプに学び、現在は数々のコンクールの審査員に名を連ね、国際的に活躍する彼女の演奏こそは、「正統的ショパン」と言えるでしょう。ナクソスのベストセラーの名盤です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554046

  • 詳細

    ショパン:ピアノ名曲集 1 (ビレット)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553170

  • 詳細

    ショパン:ピアノ名曲集 2 (ビレット)

    ショパンは、最もクラシック初心者にも間口が広く、それでいて奥の深い作曲家の一人といってよいでしょう。当盤はすでに定評をいただいているビレットのショパン・ピアノ独奏曲全集から、幅広いジャンルにわたってチョイスされていますので、その奥深さをちょっと覗いてみたいといった方には、最適の1枚と申せましょう。比較的単純で、まだまだ青さを感じさせるものの、率直な表現が胸を打つ嬰ハ短調の「夜想曲」から、円熟の極み、技法の上でも深い内容においても、最高峰の作品の一つといわれる「舟歌」まで、どれもが珠玉の名品です。やっぱりピアノといえばショパン!(2004/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555799

  • 詳細

    ベスト・オブ・ショパン

    まずはショパンのCDを1枚だけ買いたいという貴方や、ショパンのピアノ曲をいつも聞いていたいという貴方におすすめするベスト集です。喜怒哀楽すべての感情を表現するショパンは、どんな時も聞く者の心を慰めてくれることでしょう。演奏するのはナクソスを代表するアーチストの一人で数々の国際コンクールで審査員を務める女性ピアニストのビレット。ショパンの「歌」を大切に、じっくりと音楽を聞かせてくれます。気に入られた貴方は、彼女がナクソスで完成したショパン全集に是非進んでみてください。さあ、今度は自分でピアノを弾いてみませんか?(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556654

  • 詳細

    ショパン: ポーランドの歌による幻想曲/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ/クラコヴィアク(ビレット)

    チェルニー、フンメル、タールベルク、ヘンゼルトなどの例にも示されるように、19世紀前半は(ときにはオーケストラを伴う)ピアノ変奏曲、幻想曲(内容は変奏曲)類が「時代の顔」の一つで、もちろんショパンもその例に漏れていません。当盤では美しく華麗なショパンの「新進気鋭のピアニストぶり」を堪能することができ、近年の(ショパン以外の作曲家によるものも含め)こういった楽曲は皮相との無粋な評価を見直す動きにもピッタリの一枚といえるでしょう。ピアノ独奏のみで演奏されることの多い作品22も、このようにオリジナルのオーケストラ伴奏付きで演奏されると、楽曲の持つ「華」が一層際立ち、楽しい限りです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554541

  • 詳細

    ショパン:ポロネーズ集 1 (ビレット)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550360

  • 詳細

    ショパン:ポロネーズ集 1 (ビレット)

    ポーランドの民族舞曲であるポロネーズのリズムを利用した作例は、バッハ、ヘンデル、あるいはベートーヴェンといった過去の大作曲家にもいくつか見られますが、これを一大芸術の高みにまで引き上げたのは、やはりショパンその人でした。暗い情熱を孕み、とりわけ重厚でヴィルトゥオジックとすらいえる豪快な書法も見られる第5番、左手のオクターヴ連続が名高いトリオを持ち、まさにその名の示すようにこの上なく気宇壮大な第6番「英雄」、そして晩年の至高の境地がうかがわれる深遠な内容を持ち、もはやポロネーズのリズムを借りた一大叙事詩ともいうべき第7番「幻想ポロネーズ」など、男性的な力感に溢れる作品達をお楽しみ下さい。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554534