Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ロックレア, ダン(1949-)

Search results:3 件 見つかりました。

  • 詳細

    J.S. バッハ/ブラームス/デュプレ:オルガン作品集(チェ・ジユン)

    韓国の若手女性奏者、チョイによるバッハから20世紀作品まで、ちょっとばかりマニアックでヴァラエティー豊かなプログラムが楽しいオルガン曲集です。中でもなかなかイケてるのが、ラグタイムやヴィルトゥオジックな鍵盤書法による作曲で、カルト的な人気のあるオルブライトの練習曲です。グネグネ不気味に踊りまくるパッセージの連続が面白い「死の舞踏」、不思議な美しさを湛えた「夜想曲」、痙攣するようなパルス状リズムの連打やクラスターの炸裂が異様にカッコいい「捧げもの」と、ツボを抑えた書法がマニア心をくすぐります。演奏の方もオルブライトを含め各曲を的確に弾き分けており、楽しめる一枚となっています。(2001/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555367

  • 詳細

    ロックレア:交響曲第2番「アメリカ」/ヘイル・ザ・カミング・デー/オルガン協奏曲/フェニックス(ミクラ/スロヴァキア・ナショナル響/トレヴァー/ロハーチ)

    アメリカの現代作曲家ロックレア。このアルバムでは、精力的に新作を発表する彼の最近の作品を4作紹介しています。全ての作品は、彼と関わりの深いノースカロライナ州で世界初演がなされています。三組のウィンド交響楽団のために書かれた「アメリカ」は3楽章それぞれが、アメリカの祝日をテーマとし、各々に関係あるメロディが高らかに、かつ誇らしげに奏されます。1860年代にウィンストン・セーラムの市長を務めたロバート・グレイの演説から採られた「Hail the Coming Day 来たる日を讃えて」、神(GOD)と犬(DOG)の単語から生まれた「協奏曲」、3分ほどのファンファーレを拡大した「フェニックス」。どれも親しみやすく、モダンな作風による音楽です。(2019/08/30 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559860

  • 詳細

    ロックレア:四季の交響曲/ハープ協奏曲/レアズ・オブ・サウンディング(スロヴァキア放送響/トレヴォー)

    4歳でプロのオルガニストとして認められ、作曲家としても活躍するロックレア。 彼の作風は中世風から現代音楽風であり、多種多様な伝統を受け継ぐものとして広く愛されています。 雄弁で簡潔、そして穏やかで印象深い「四季の交響曲」やまるでメルヘンの世界を垣間見るような ハープ協奏曲など香り高い作品が目白押しです。そして「ゲド戦記」の生みの親、 ル=グウィンの詩をベースにした神秘的な響きを持つ「レアズ・オブ~」も聴きものです。 (2007/12/12 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559337