Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



エドワーズ, エディー(1891-1963)

Search results:7 件 見つかりました。

  • 詳細

    ジャンゴ・ラインハルト:「ジャンゴロジー 第1集」~フィーチュアリング・ステファン・グラッペリ(1934-1935)

    ステファン・グラッペリを日本で聴くことができたのは、僕たちのジャズファンとしての「幸福な体験」だった。しかし、僕たちは遂にジャンゴをナマで聴くことはできなかった。今のオジサン・ジャズファンは、MJQの「Django」か、Joe Pass の「For Django」で彼の名前を知った筈。メセニー聴いてるキミも、ジョンスコをコピーしている彼も、五月の連休に遊びにも行かずホールズワースのライヴに出かけている貴方も、年に1度はジャンゴを聴こう!(2001/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120515

  • 詳細

    キッド・オリー「クレオール・クラシックス」オリジナル・レコーディングス (1944-1947)

    キッド・オリーといえば、"Muskrat Ramble" 書いた人、という認識しかなかった。ダンモしか聴かない耳には新鮮なプレイ。そもそも1940年代にディキシーランド・ジャズのリバイバルがあった頃の録音。おん歳60才近く。第一世代はやっぱ違うわ。いい意味での「昔のまま」の芸風。10才の頃からバンジョーの伴奏で道端で吹いてた奴は鍛え方が違うわな。一生涯の相棒、マット・キャリーのtpもいいアジ出してます。それにしても、今は無くなったtp、tb、clという3管って、なかなかよいアンサンブルだと思わない?(2002/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120587

  • 詳細

    ポール・ホワイトマン 第3集:「スウィート・アンド・ロウ・ダウン」オリジナル・レコーディングス 1925-1928

    “ジャズ・エイジ”と呼ばれた1920年代のアメリカで、もっとも商業的な成功を収めたビッグ・バンドといえば、ポール・ホワイトマンが率いた楽団です。後世のジャズ評論家からは「あれはダンス・バンドだ」と断罪されることになるわけですが、なんでもありの明るく楽しいサウンドは、好景気に沸いた1920年代の一面を代表しているように聞こえる点がおもしろいですね。チャールストン、ブルース、ストンプはもちろん、ラテン風、カントリー風など、さまざまなテイストを加えてみたり、シンフォニックなアレンジを志向してみたり、とにかくその貪欲さは天下無類!《アイ・ミス・マイ・スイス》では、「ヨロレイヒ~~」とヨーデルまで登場します。(2002/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120628

  • ルイ・アームストロング:リズム・セイヴド・ザ・ワールド (1934-1936)

    (2003/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120676

  • 黄金時代のスターたち

    約2時間40分の間、かつての大ヒット曲が次から次へとスピーカー(あるいはヘッドフォーン)から流れてきます。シナトラ、ディートリヒ、ピアフ、ジュディ・ガーランドをはじめ、スターが大きな存在感を誇っていた時代だっただけあって、どの歌も、演奏も、とにかく濃厚!しかも、今ではスタンダード曲になったミュージカルのナンバー(〈虹の彼方に〉や〈オール・マン・リヴァー〉)もあれば、ラテンあり、シャンソンあり、カントリーあり、クラシックのオペレッタありと、そのバラエティの豊かさも類がありません。お値段は、なんと2CDで1CD価格!「あっ、これは聞いたことがあるぞ」という曲が、きっとたくさん見つかることでしょう。(2003/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120754-55

  • アート・テイタム:ホールド・ザット・タイガー!(1933 - 1940)

    (2002/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120610

  • シドニー・ベシェ:ブラックスティック (1938-1950)

    (2002/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120616