Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ヴァーゲンザイル, ゲオルク・クリストフ(1715-1777)

Search results:6 件 見つかりました。

  • 詳細

    アルブレヒツベルガー/ヴァーゲンザイル/L. モーツァルト/M. ハイドン:トロンボーン協奏曲集(トゥルーデル/ノーザン・シンフォニア)

    ここに登場する4人の作曲家は、天才達の周辺にいた、現在では評価の低い人たちです。モーツァルトの父レオポルド、ハイドンの弟ミヒャエル、ベートーヴェンの作曲の師匠アルブレヒツベルガー、その協奏曲をモーツァルトが弾いたとされるヴァーゲンザイル。しかし珍しいトロンボーンのための協奏曲とあってはブラス・ファンなら見逃せません。演奏するトゥルーデルはカナダ出身で世界一の呼び声もある名手、複雑な音楽ではありませんが全てが気持ち良く滑らかに聞こえるあたり、トロンボーンの一般のイメージを覆すさりげない名技です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553831

  • 詳細

    ヴァーゲンザイル:交響曲集 1 WV 351, 413, 418, 438, 441 (オルフェオ・バロック管/ガイッグ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999450-2

  • 詳細

    ヴァーゲンザイル:交響曲集 2 - WV 361, 374, 393, 398, 421, 432 (シュトゥットガルト室内管/ゴリツキ)

    このヴァーゲンザイルも生前は非常に人気が高かったのに、現在ではほとんど忘れられてしまった作曲家の一人です。オーストリアの宮廷音楽家として活躍、ウィーン古典派の基礎を築き、歌劇、器楽曲、教会音楽を多数作曲しました。ここに収録されている「Symphonies」はまだまだ前古典派の形式を踏襲、どれもが3つの部分からなる小規模なものです。イタリア風の優雅な響きと整った形式は、聴き手に限りない安心感を与えるものかもしれません。(2008/05/09 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777112-2

  • 詳細

    ヴァーゲンザイル/ボンノ/ガスマン/モン:フルート協奏曲集(グレシンガー/アンサンブル・クリンゲクンスト)

    神聖ローマ皇帝カール6世が世を去り、マリア・テレジアがハプスブルク家の家督を継いだことで起きたオーストリア継承戦争は、大規模な赤字を生み、当時の宮廷音楽家たちの生活を脅かしました。しかし、それは新しい時代の幕開けでもあり、宮廷を離れた音楽家たちは次々と新しい音楽を作り出すこととなります。/アンサンブル・クリンゲクンストと指揮者グレシンガー、初のコラボレーション・アルバムは、そんな古き良き時代のウィーンで愛されたフルート協奏曲の数々です。作曲家の中で、名前になじみがあるのは、せいぜいヴァーゲンザイルとモンの2人だけであり、他2人に関してはほとんど知られていません。しかし、当時飛躍的に高まったフルートの性能が存分に駆使された作品は、驚くほどに技巧的で、聴くべきところも多いものです。         (2017/07/21 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555076-2

  • 詳細

    ドゥシェク/ヴァーゲンザイル/クロムフォルツ:ハープ協奏曲集(アレッサンドリーニ/マントヴァ管/パリシ)

    このアルバムのすてきな使用法は、休日の時のお部屋のBGMです。ハープの優雅にして繊細な響きと古典派音楽の清潔な明るさが、空間に輝きを与えてくれるような感じがするからです。さて、内容的にはチェコのハープ奏者だったクルムフォルツの第2楽章が注目です。この美しくも哀しい調べは、後年、妻の不貞に衝撃を受け、セーヌ川に身を投げた作曲者の悲劇を考えると、一層われわれの胸を締めつけるものがあります。他のナンバーでは、ドゥシェク(妻がハープ奏者)のソナタが素晴らしく、古典派の器楽ソナタの中でも確固たる光を放つ存在と言えます。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553622

  • 詳細

    フィオーリ・ムジカーリ・トリベルク Vols. 1-6

    ウィーン交響楽団の13人のメンバーによる洗練されたバロック音楽集。これらは1989年のブレゲンツ音楽祭で行われたコンサートのライブで、様々な独奏者を交えながら楽器の持つ可能性とサウンドを追求したユニークなものです。(2014/01/22 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM190