Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



レブエルタス, シルベストレ(1899-1940)

Search results:6 件 見つかりました。

  • 詳細

    ビゼー:カルメン・シンフォニー(セレブリエール編)/他 (セレブリエール/アメリカ海兵隊バンド)

    大好評、NAXOSのWIND BAND CLASSICSシリーズ最新作は、何と名指揮者セレブリエール自ら編曲、指揮したカルメン・シンフォニーです。おなじみのメロディが次から次へと現れ、その都度奏者たちが名技を披露します。もちろん、それに続く南米音楽集も息を飲むような素晴らしさ。そして、アンコールでの「星条旗~」の盛り上がり。これぞライヴのお手本です。(2008/06/11 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570727

  • 詳細

    モンカージョ/バスケス/カストロ/レブエルタス:メキシコの管弦楽作品集(ガリバイ/エドゥアルド・マータ大学ユース・オーケストラ/リベロ・ウェーバー)

    1910年から1917年にかけて起きた「メキシコ革命」は、 ディアス独裁政権の打倒や民主化、農地改革、社会構造・経済構造の変革を目指す「民主的な革命」であり、新憲法の制定により現代のメキシコの基礎ができた重要な出来事です。それに伴いメキシコの文化も劇的に発展、ヨーロッパ風の様式への依存度を高める一方、先住民族の文化も重要視し、これらを融合することで新しい文化が生まれることになりました。音楽も同じであり、先住民族の楽器やメロディを上手く生かしながら、現代的な様式を取り入れたユニークな作品が数多く生まれました。このアルバムではよく知られる「ウアパンゴ」やレブエルタスの「マヤ族の夜」など現代メキシコを代表する作品を聴くことができます。もちろん賑やかな作品だけでなく、フランスのギタリスト、ローラン・ディアンスの思い出に捧げられた「あなたと最後のコーヒーを」のような抒情的な曲も含まれています。(2019/01/25 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573902

  • 詳細

    ラテンアメリカ・クラッシックス(メキシコ祝祭管/バティス)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550838

  • 詳細

    レイルロード・リズム - 列車にまつわるクラシック作品集(南西ドイツ放送カイザースラウテルン管/スターレク)

    長らく入手不能になっていたSWRレーベルの人気タイトル。鉄道をめぐる管弦楽作品を一堂に集め、世界中のクラシック・ファン、鉄道ファンを狂喜させたアルバムが待望の再登場です。ヴィラ・ロボス「カイピラの小さな汽車」、オネゲル「パシフィック231」、J.シュトラウス「観光列車」、ドヴォルザーク「ユーモレスク」などの有名曲はもちろん、コープランドやレブエルタスの残したマイナー作品を聴くことが出来るのがなんとも嬉しいところ。収録作品の多くで用いられる、鉄道ならではのリズムに乗りに乗った楽しい演奏で、最後まで飽きさせることありません。(2019/02/22 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19401CD

  • 詳細

    レブエルタス:管弦楽曲集(アグアスカリエンテス響/バリオス)

    まずは代表作「マヤ族の夜」の5をお聴きください。どうですか、このエスニック感覚。イケイケドンドンの直線的盛り上がり。とにかく音の量が多い近現代の管弦楽曲が好きという貴方なら、「たまに名前を聞くレブエルタスって、こうだったのか」と、直情的で色彩的な音楽に快哉を叫ぶことでしょう。なお「マヤ族の夜」と「ラ・コロネラ」は、熱狂的なレブエルタス・ファンである作曲家が、映画のための音楽などからまとめたものです。メキシコ人の音楽をメキシコのオケが奏でるからこそ、蒸し暑さもひとしおです。同国のチャベスと共に、レブエルタスは赤丸要チェックなのです。(2002/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555917

  • 詳細

    レブエルタス:ラ・コロネラ/カミノス/コロリネス(サンタ・バーバラ響/イギリス室内管/ベン=ドール)

    メキシコ、ドゥランゴ州のサンチャゴ・パパスキアーロに生まれたレブエルタスの扇情的な作品集です。彼は指揮者、ヴァイオリニストとして活躍し、1929年からはカルロス・チャベスの招きでメキシコ交響楽団の指揮者助手を6年間務め、同時代のメキシコ音楽の普及に努めました。最期は貧困のうちに若くして世を去ってしまいましたが、長生きすれば、もっともっと楽しい音楽を書いていたに違いありません。彼の音楽は通俗的なものを孕みながらも、常に革新的で不協和音に満ちています。しかしどこもかしこも「メキシコ的」であり、熱く昂るリズムが激しく煌めくのです。世界初録音となる「ラ・コロネラ(女性大佐)」は4つの部分からなるバレエ音楽です。第1部は19000年代の上流社会、第2部は独裁政治における労働者階級の生活を鋭く描きだします。第3部に現れる優雅なワルツは、あのベルリオーズの舞踏会を思わせるほどに、陳腐な美しさの影に潜む嫌な感じを表現しています。そして第4部は戦いの場面。鋭く切り裂くようなトランペットの咆哮は戦死者たちへの弔いの音楽です。(2010/06/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572250