Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



バリー, ジョン(1933-2011)

Search results:10 件 見つかりました。

  • [ハリウッド映画音楽集]ドクトル・ジバコ

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.990056DX

  • フィルム・ミュージック・ガラ

    (2013/07/19 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP033

  • 詳細

    E. バーンスタイン/アディンセル/アーノルド/バリー/バデルト/J. ウィリアムズ:映画音楽集(フランクフルト・ブランデンブルク州立管/グリフィス)

    現代の作曲家の作品は、一部のファンを除き、あまり広く受け入れられることはありません。しかし例外的に「映画のサントラ」だったら、どんなに難解な曲が流れていても画面にマッチしていれば強烈なファンがつくのです。もちろん「映画音楽の作曲家」たちは誰もが親しみやすく耳に残りやすい、また映画を絶妙に盛り上げる曲を書いています。有名な"20世紀フォックスのファンファーレ"で幕を開けるこのアルバムは、戦争映画「危険な月光」で使用された"ワルソー・コンチェルト"(ラフマニノフに作曲を依頼するも、断られてしまったため、アディンセルが「ラフマニノフ風」の曲を作曲したことで知られる)から、最近の「パイレーツ・オブ・カリビアン」の音楽、また逆にベートーヴェンやワーグナーと言った、もともとある名曲が効果的に使われている映画など、多彩な作品を紹介。名手ハワード・グリフィスが手兵ブランデンブルク州立管弦楽団を率いて華麗に演奏しています。(2016/11/23 発売)

    レーベル名:Klanglogo
    カタログ番号:KL1518

  • J. ウィリアムズ/バリー/バカラック/ナイマン/ロイド・ウェバー/アームストロング(ロイヤル・フィル)

    (2010/01/27 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP021

  • 詳細

    映画音楽傑作集(ロイヤル・リヴァプール・フィルハ/デイヴィス)

    絵空事とはわかっていても、ついつい涙し興奮してしまう名映画の名場面。そしてそれを彩る美しいメロディの数々。「レイダース」の冒頭を聞けば誰もが冒険家。「愛と哀しみの果て」でのきめ細かくしっとりした厚みのある弦の響きに涙して、お約束「タイタニック」の調べを聴いてついつい腰に手を回してしまいましょう。極上の一時をお約束いたします。(2008/02/06 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570505

  • 詳細

    シンフォニック・ロック(ロイヤル・フィル/アーノルド/フリーマン)

    ロイヤル・フィルのお得意のゴージャスにアレンジされたPOPS集大成。CD3枚に3時間以上、これでもかとばかりの極彩色世界です。クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」やオアシス、ノラ・ジョーンズ、ボン・ジョヴィ、ツェッペリン、ビートルズなどの超有名曲がたっぷり入ってます。もちろんマイケルの「スリラー」も。日曜の午前のAM放送のようなゆる~い感じがたまりません。これはゴキゲンです。(2010/01/27 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP019

  • 詳細

    バリー/ヴァイル/デューク/ホレンダー/カワード/バーバー/ヴァイン/ボルコム:声楽作品集(カレウェ)

    「人生はキャバレーである」と誰かが言ったとか。その逆もまた真なり。キャバレーは人生です。そもそもキャバレーとは、ダンスやコメディショーなどを演じることができる舞台のあるレストランやナイトクラブのことであり、19世紀のフランスには伝説的な名店「シャ・ノワール(黒猫)」に夜な夜な芸術家たちがたむろしていました。そこでは人々は知的な会話と美味しいお酒を楽しみ、揺蕩うパイプの煙の中を、美しい女性たちがきわどい姿で踊るという、まさに夢と頽廃の世界が繰り広げられていたのです。このアルバムには20世紀のほぼ全域に渡る時代のキャバレー・ソングが収録されています。もちろん作曲家の国籍も多彩ですが、どの曲にも夜の妖しい雰囲気がもれなく感じられます。カレウェのソプラノは澄み切った響きと思いがけない官能性に満ちた声であり、一度聴いたら思わず釘付けになるほどの魅力に溢れています。(2012/10/24 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100021

  • 詳細

    バリー:ムーヴィー・レジェンズ(ロイヤル・フィル)

    イギリス出身の作曲家ジョン・バリー(1933-2011)。幼い頃から音楽に親しむも、正式な音楽教育よりは、ジャズ・バンドでの活動や編曲などで力を蓄え、1957年にEMIレコードと契約を交わしてからは、テレビの音楽やアレンジを手掛けるようになります。その後ピーター・セラーズの映画のスコアを書いたことで、本格的に映画音楽に手を染め、ついには007のジェームズ・ボンドのテーマで脚光を浴びるのです。幼い頃から映画に親しんでいた彼は、この分野にとても力を注ぎ、数多くの印象的なスコアを残しました。どこか気になるメロディが彼の真骨頂であり、例え元の映画を知らずとも、楽しんでいただけることは間違いありません。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP042

  • 詳細

    ハリウッド・ブロックバスターズ(イングマン/レイン)

    2015年6月にロンドンで行われた「ロイヤル・フィル:映画音楽コンサート」と同じ曲目であり、ここでの販売用として製作された2枚組です。全ての世代に愛される映画音楽…往年の名作から最近の話題作まで…を2時間のコンサートに凝縮いたしました。ドキドキワクワクする曲から、涙なしでは聴けない曲まで、どうぞたっぷりお楽しみください。(2015/08/26 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP034

  • ベスト・オブ・ボンド(ロイヤル・フィル/デイヴィス)

    ロイヤル・フィルのゴージャスな音色にぴったりマッチする“ジェームズ・ボンド”の音楽。数々の名場面を彩る美しくスリリングな音楽は、映画好きだけでなく、クラシック音楽好きの人の心も間違いなく捉えるものです。歌を担当するのは、ロイヤル・フィルとも共演の多い2人の歌手たちです。(2017/01/25 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP017