Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ロウ, フレデリック(1901-1988)

Search results:12 件 見つかりました。

  • キリ・テ・カナワ - 「一晩中踊り明かそう」 ドキュメンタリー映像と、1990年,1991年のコンサート・ライヴ[DVD]

    (2015/08/26 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109125

  • キリ・テ・カナワ - 「一晩中踊り明かそう」 ドキュメンタリー映像と、1990年,1991年のコンサート・ライヴ[Blu-ray Disc]

    (2015/08/26 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109126

  • エツィオ・ピンツァ: 「魅惑の宵」オリジナル・レコーディングス1949-1954

    (2005/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120643

  • 詳細

    シューマン/ブラームス/メリカント/メラルティン/クーラ/シベリウス:声楽リサイタル(マッティラ/タピオラ・シンフォニエッタ/サヴィヨキ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1054-2

  • 詳細

    スタイン/ポーター/ロジャース:ミュージカル集(ジョーンズ/ロイヤル・フィル/バルコンビ)

    ロイヤル・フィルハーモニーによるゴージャスな音で聴く、ハリウッドの映画音楽シリーズ。今回のアルバムは様々なミュージカルからの音楽。コール・ポーターやフレデリック・ロウなどおなじみの作曲家による名曲を収録しています。リア・ジョーンズとグレアム・ビックリーのヴォーカルもムードたっぷりです。(2018/05/25 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP051

  • 詳細

    ベスト・オブ・ブロードウェイ

    オリジナル・キャストで聴くブロードウェイの名曲集。今こうして聴いてみるとどれも懐かしくて新しいものばかり。クラシックの名曲も何気なく生活に溶け込んでいるけれど、ミュージカルの名曲もまた然り。普段クラシックばかり聴いている私としては、「シャル・ウィ・ダンス」はよく口ずさむけれど、「王様と私」の中の1曲だったなぁ。と呟いてみたり、「キスメット」の「ストレンジャー・イン・パラダイス」は「だったん人の踊り」が原曲だったということに改めて感動してみたり。ブロードウェイにばりばり詳しくなくても心から楽しめる優れものです。ちょっと古めの音がまた味わい深いんです。とことん甘くてちょっぴり切ない夢の世界へご案内いたします。(2010/05/19 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.120873-74

  • ポーター/カーン/ウェッバー:声楽リサイタル(マッティラ/タピオラ・シンフォニエッタ/サヴィヨキ)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE848-2

  • ジェニー・リン - ゲット・ハッピー

    (2013/07/19 発売)

    レーベル名:Steinway and Sons
    カタログ番号:Steinway30011

  • 詳細

    フレデリック・ロウ:管弦楽選集(リチャード・ヘイマン)

    アルバム冒頭、あの「踊り明かそう」の美しいメロディーが聞こえると、心は早くもミュージカル色。ドイツ生まれでブゾーニらに師事した作曲家ロウがアメリカに移住、ブロードウェイで台本作者ラーナーとの共同作業により大成功を収めたミュージカルなどからお馴染みのメロディーを集めた、ありそうでなかなか無いアイテムです。ナクソスが誇るエンターティナー、ヘイマンと彼のオーケストラが、ミュージカルらしくゴージャスで、そして時にノスタルジーを誘うサウンドを、これでもかと鳴らします。ならばリスナーも、難しいこと言わずに楽しんじゃうのが正解。作曲家の死後まもなくの録音です。(2002/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555015

  • 詳細

    ロウ:マイ・フェア・レディ(オリジナル・ブロードウェイ・キャスト)(1956)

    1956年3月にブロードウェイで初演され、6年6カ月に及ぶロングラン公演となったヒット・ミュージカルです。1964年にはオードリー・ヘップバーンの主演で映画化もされています。下町の花売り娘イライザのシンデレラ・ストーリーとして知られていますが、バーナード・ショウの原作では、「上流階級の人間の身勝手さ」が強調されていて、なかなか一筋縄ではいかない物語です。とはいえ、ミュージカルでは登場する全ての人物が愛すべき存在として描かれています。音楽もまた夢心地。トラック8の「踊り明かそう」は誰もが知っている名曲です。(2010/09/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.120876