Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



タワー, ジョーン(1938-)

Search results:10 件 見つかりました。

  • 詳細

    EIGHTH BLACKBIRD: Thirteen Ways

    (2011/08/10 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-067

  • 詳細

    ガーシュウィン:ピアノ協奏曲(T. フリーズによる校訂版)/ハービソン:ギャツビーを思い出して(コール/ナショナル・オーケストラ・インスティテュート・フィルハーモニック/ミラー)

    近代アメリカを象徴する4つの作品を集めたアルバム。「ラプソディ・イン・ブルー」で大成功を収めたガーシュウィンが、次に手掛けた本格的なピアノ協奏曲は、ジャズ・バンドの伴奏ではなくフル・オーケストラを用いたもの。ガーシュウィンはオーケストレーションを学ぶために理論書を読み、自費で楽員を集め試演まで行ったという力のいれようでした。このアルバムでは、作曲家自身の記譜に拠る新しい校訂版が用いられており、ガーシュウィンの最初の構想が反映されています。他に収録されているのは、ハービソンのダンス音楽「ギャツビーを思い出して」、そそり立つ大木を描いたタワーの「セコイア」、20世紀アメリカ音楽の発展に寄与したピストンの古典的な作風による「交響曲第5番」。年に1回、オーディションでメンバーが選定される有望な若手たちによるナショナル・オーケストラ・インスティテュート・フィルハーモニックの見事な演奏でお楽しみください。(2020/11/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559875

  • 詳細

    サンプソン:シカゴ・ムーヴズ/ウッドワード:「喜び給え」/チータム:金管五重奏のためのソナタ/バクスター:ア・グレート・コマーシャル・シティ(ガウデーテ・ブラス)

    ガウデーテ・アンサンブルの「シカゴ・ムーヴズ」はブラス・クインテットのために書かれた「新しいアメリカの音楽集」で、CEDILLEレーベルでのデビュー作品でもあります。若きヴィルトゥオーゾたちによって結成されたこのアンサンブルは卓越した技巧はもちろんのこと、群を抜くリズム感と表現力で、古典的な作品からジャズ・テイストの曲まで難なく演奏し、聴き手の度肝を抜くのです。トラック14のタワーの曲以外は、全てこのアルバムのために書かれたもので、世界初演の録音となっています。挑戦的かつスリリングな音のシャワーにぜひ身を委ねてください。(2013/02/20 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-136

  • 詳細

    世界初演録音集

    (2006/04/01 発売)

    レーベル名:First Edition
    カタログ番号:FECD-0032

  • 詳細

    打楽器のためのアメリカ作品集 1 (ニューイングランド音楽院パーカッション・アンサンブル/エプステイン)

    現代のアメリカの5人の作曲家による、独創的で変わった音色を持つ打楽器のための作品集です。タワーの「DNA」はパーカッション・クィンテットと、全ての生命体の素材のために書かれています。美しい二重螺旋で描かれる優雅な形をしたデオキシリボ核酸を音で描くとは何と斬新な試みでしょう?サンドラーの「大根引き」はご存知、一茶の「大根引き大根で道を教えけり」の句からインスピレーションを受けています。俳句の持つ凝縮された世界が音で描かれています。マリンバの巧みな音色で森の風景を描く素晴らしい樹木」、死者の魂が現世に戻り、親しい人とはしゃぎまわる様子を描いた「死者の日」、そしてシュラーの大作はハープ、ピアノ、チェレスタと100以上もの打楽器のために書かれた「協奏曲」。本当に多彩な響きをお楽しみいただけることでしょう。(2011/06/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559683

  • 詳細

    タワー:ヴァイオリン協奏曲/ストローク/チェンバー・ダンス(チョーリャン・リン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

    アメリカを代表する女性作曲家、ジョーン・タワー(1938-)。彼女はニューヨークのニューロシェルで生まれましたが、9歳の時に家族がラパス、ボリビアに引越したため、少女時代をこの地で過ごしています。この地で過ごした経験は彼女に強い影響を与え、特に打楽器の使い方には独特の感性を見せることとなります。高校生のときにアメリカに戻り、ベニントン・カレッジに入学、その後コロンビア大学で芸術の博士号を取得します。この時期にたくさんの先人たちの音楽の影響を吸収することで、より柔軟なスタイルと作風を構築したのです。彼女は現代音楽を積極的に促進し、自身の作品を発表するために「DA CAPOプレーヤーズ」を設立し、多くの作品を演奏し続けています。このアルバムには比較的最近の3つの作品が収録されています。「ストローク」は彼女の弟(病気のために半身不随)に捧げられた曲で、病に対する怒りが込められたという幾分感情的な作品です。ヴァイオリン協奏曲は、名ヴァイオリニスト、エルマー・オリベイラのために書かれた曲で、印象派風の部分とジャズ風の部分が入り混じる面白い作品です。「チェンバー・ダンス」はオルフェウス室内管弦楽団の委嘱作で、「指揮者を持たないアンサンブル」として知られる彼らの妙技を存分に生かしたコンパクトな作品です。どの曲も明快な筆致と色彩豊かな響きを持つ、アメリカ現代を代表する名作と言えるでしょう。(2015/06/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559775

  • 詳細

    タワー:弦楽四重奏曲第3番 - 第5番/ダンバートン五重奏曲(ダエダルス弦楽四重奏団/マイアミ弦楽四重奏団/マクミラン)

    アメリカの現代作曲家ジョーン・タワー(1938-)の作品集です。彼女は武満徹やブーレーズなど錚々たる作曲家が名を連ねる「グロマイヤー賞」を獲得した最初の女性として(作曲部門)世界中で高く評価されています。もともと優れたピアニストである彼女は、最近とりわけ室内楽作品に力を入れています。このアルバムに収録された4つの作品はそれぞれ、色々な団体からの委嘱作ですが、どの作品にも彼女の思い入れが存分に込められています。第5番の弦楽四重奏のタイトルである「ホワイト・ウォーター」は、水というものがどれほど人に影響を与えているかをグリッサンドで表現しているのだそうです。第3番の「白熱」は、曲の内部から熱を発するようにという意味があります。第4番「天使」には彼女の弟が病に倒れた時の、周囲への感謝が込められています。最後の「ダンバートン五重奏」には、タイトルの通りダンバートン・オークス財団からの委嘱作です。どの曲も様々なアイデアが集積された興味深いものとなっています。(2016/05/25 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559795

  • 詳細

    タワー:室内楽と独奏曲集(東京クァルテット/バウアー/タワー)

    女流ながら、といったら失礼になるのか、ジョーン・タワーの音楽にはただならぬ熱気が渦巻いており、その気迫には圧倒されるものがあります。例えばピアノ独奏のための「じっと鼓動する」がよい例でしょう。ストラヴィンスキーとバッハに対するオマージュでもある同曲には、有名な「春の祭典」の一部にそっくりな楽想も登場しますが、和音打撃などの激しさにはちょっとオドロキです。これまた異様にヴィルトゥオジックな、無伴奏ヴィオラ曲の「野性的な紫」、作曲者の友人の死や、9・11同時テロに対する、文字通りの慟哭である弦楽四重奏のための「想い出に」なども(静と動の対比も見事)、凄まじいテンションです。(2005/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559215

  • 詳細

    タワー:メイド・イン・アメリカ/太鼓/管弦楽のための協奏曲(ナッシュヴィル響/スラットキン)

    既発売の器楽曲集(8.559215)で、エネルギッシュな世界を聴かせてくれたタワーですが、今度はいよいよオーケストラ作品が登場です。「メイド・イン・アメリカ」は、フォード社の肝煎りでアメリカ全土の各地で演奏するための新作として作曲された作品です。第2の国歌ともいわれる「アメリカ・ザ・ビューティフル」が引用され、ポジティヴなパワーに満ちる様は、まさにアメリカそのものといった感があります。「タンボル」と管弦楽のための協奏曲は、オーケストラのヴィルトゥオジテを大いに発揮する演奏効果抜群の楽曲で、前者での打楽器群の炸裂や、後者での様々なソロやセクションの活躍は大いに耳を楽しませてくれます。(2007/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559328

  • 詳細

    ライリー:見捨てられた歌/ビーザー:山の歌集/タワー:雪の夢/リーバーセン:フルートとギターのためのソナタ(ホーレー/マクファデン)

    当盤の特徴を一言で表現するならば、ギターとフルート、実はこの組合わせがなかなかイケるということが、心の底から納得できる1枚と申せましょう。ミニマル音楽で知られるライリーですが、収録の「見捨てられた歌」では何とも不可思議なエスニック風の響きで、聴くものを魅了します。また、両楽器の名技が華々しいリーバーマンのソナタもカッコいい限りです。しかし単純に最も心を打つのが、初っ端のビーザーによる民謡風の4曲かもしれません。まさにノスタルジー爆発ともいうべき逸品で、両楽器がその進化の歴史においても保存し続けた、原始的な生命力溢れる味わいの豊かさを感じさせてくれます。これは泣ける!(2003/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559146