Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ポーター, コール(1891-1964)

Search results:70 件 見つかりました。

  • フリードリヒ・グルダ & フレンズ[DVD]

    (2013/08/21 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101672

  • コール・ポーター:ミュージカル「キス・ミー・ケイト」[DVD]

    (2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:107211

  • フリードリヒ・グルダ:ピデオ・テープ集[7DVDs]

    (2015/08/26 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109068

  • ジョン・コルトレーン - ライヴ・イン ’60 , ’61 & ’65 《ジャズ・アイコンズ2》[DVD]

    (2007/11/07 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.119007

  • クルト・エーデルハーデンとWDRオーケストラ:1976-1980年録音集(2枚組)

    (2007/12/12 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777282-2

  • 詳細

    ポール・ホワイトマン&ヒズ・ダンスバンド 第1集 (1926-1929)

    ポール・ホワイトマンというと、ガーシュウィンの「Rhapsody in Blue」のオーケストレーションを行ったことで有名ですが、実際にその「音」を聴いた人は少ないに違いない。実は僕もそうです。彼の「ジャズ王」としての称号は、映画の題名から来ているそうで、ま、この時代、エリントンは白人社会にはまだ認められていなかったということなのでしょう。とは言え、ホワイトマンは「明るく楽しい」ショウ音楽のバンドリーダーとしては、確かにエライ。これが後年の「浅草ジャズ」すなわち、エノケンや坊屋三郎の原点なのだな。(2001/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120511

  • マントヴァーニ・オーケストラ「マントヴァーニ・コンサート」(1946-1949)

    (2001/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120516

  • 詳細

    ノエル・カワード 完全録音全集 第1集 (1928-1932)

    7才でステージに立ち、歌って踊れて当時流行のミュージカル、オペレッタの演技もできる・・・末恐ろしいガキですな。最近、日本のTV等はプロレス以外全く見る価値も無いが、ションベン臭いガキが下手糞な歌やら踊りをさももったいぶって見せるのが気に食わん。このCDでも聴いてチャップリンのサイレント時代の映画でも見て勉強しろと言いたい。でもこのCDのジャケットいいですね。膝に美女を乗っけてピアノ弾く。男の夢ですなあ。(2001/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120529

  • 詳細

    コールマン・ホーキンス「ボディ・アンド・ソウル」(1933-1949)

    ジャズの代表的な楽器といえば、「魅惑のテナー」(アルトサックスは「哀愁のアルト」なんですねえ)。しかし、この楽器、ジャズ創世記には姿を見せていない。この楽器のステイタスを作ったのはホーキンスおやじなのだ。これまで何となく荒っぽいフレージングと思って(特にベン・ウェブスターと比べて)いたが、こうやって聴くと、相当にモダン。半音代理進行的なフレーズも随所に出てくる。ワーデル・グレイが出て来なきゃビバップ・テナーも誕生しなかったろうが、Body And Soul, Honeysuckle Rose, How Deep Is The Ocean,There’s A Small Hotel 等はテナーのお手本ですなあ。でもテディ・ウィルソンやエリス・ラーキンスのピアノもさりげなくてイイです。(2001/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120532

  • 詳細

    コール・ポーター・コレクション「レッツ・ミスビヘイブ!」(1927-40)

    コール・ポーターの曲は、いわゆるスタンダード曲になっているものが多いが、時としてその和声進行を「?」と感じることがある。でも、こうやって歌入りで聴くと、イイのですね。機能和声という「進行」優先の考え方から、時としてチョっとはずれて「和声の色彩」を重視していたのだな、と判ります。ここでの聴き物は、何と言っても彼の弾き語り。やっぱり「才能のある金持ち」の芸は上品だわ。イントロがセンス良く、歌もさりげなくて雰囲気出してます。(2001/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120533