Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



カルッリ, フェルディナンド(1770-1841)

Search results:7 件 見つかりました。

  • 詳細

    カステルヌオーヴォ=テデスコ/カルッリ/モンテス/ガルシア:ギター・デュオ作品集(アマデウス・ギター・デュオ)

    このアルバム、タイトルの「Images from the South-南からの印象」の南とは一体どこの辺りなのでしょうか。「南」と言っても南ヨーロッパ?それとも南アメリカ?南極ではないだろうな…と思いながら聴いてみると、そこにはなんとも色鮮やかで蒸し暑い世界が広がっていました。イタリア、フィレンツェで生まれカリフォルニアに移住したカステルヌオーヴォ・テデスコの古典的な面持ちを持つソナティナとフーガ、イタリアからパリに移ったカルッリの麗しいセレナード、アマデウス・ギター・デュオのために書かれたベネズエラの作曲家モンテスのスラマ、香港で生まれイギリスで活躍する東洋系ギタリスト、ジェラルド・ガルシアの詩人ロルカへの賛美、おなじみヴィラ=ロボスのピアノのための曲を2台ギターに編曲した前奏曲、ロドリーゴの「マドリガル協奏曲」からの3つの楽章、ボリビア生まれのセナモンによる映画「カサブランカ」にインスパイアされたノスタルジックな曲、そして誰もが知っている「アルハンブラの思い出」の2台ギター版。この多彩な作品を演奏するのは、こちらもおなじみアマデウス・ギター・デュオ。結成25周年を迎え、一層そのアンサンブルも緊密になっています。(2016/02/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573442

  • 詳細

    カルッリ:ギター・ソナタ集 Op. 21, Nos. 1- , Op. 5 (サヴィーノ)

    イタリアのギター奏者兼作曲家カルッリは、ハイドンからベートーヴェンにいたる古典派作曲家への音楽的忠誠を誓った人物でした。彼らの作品のギター編曲も多々ありますし、オリジナル作品も古典派風の優雅さと構成感が身上という仕上がりです。端的にいえば、“ギターのソナチネアルバム”でしょうか。                          ただ、ソナタOp.21,No.3は、伴奏部にドソミソのアルベルティ・バスを活用した非常にピアノ曲風のユニークなギター音楽です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553301

  • 詳細

    カルッリ:ギターとピアノのための作品集 1 (フランツ&デボラ・ハラース)

    ナポリ生まれのフェルディナント・カルッリは最初チェロを学びましたが、20歳の時にギターと出会い、それ以降の人生をギターの研究と進歩のために捧げた人です。彼が生み出したギター奏法は現在でも受け継がれ、多くの学習者がその恩恵に与っているのです。彼は400を超えるギター曲を書きましたが、現在ではほとんどが散逸してしまい現存するのは僅かです。彼の息子グスタボも才能あるギタリストで、教師としても大成しました。第1集では、ロッシーニやベートーヴェンの編曲を中心に収録、まさに驚くべき曲の宝庫です。(2009/05/27 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570587

  • 詳細

    カルッリ:ギターとピアノのための作品集 2 (フランツ&デボラ・ハラース)

    第1集(8.570587)で全国のギターファンの度肝を抜いたカルッリ親子の第2集の作品集です。今作は父カルッリの作品を中心に収録、ロッシーニやリーズの作品の編曲とオリジナル作品をたっぷりとお聞きいただけます。ずっと教育者としてしか認知されなかったカルッリですが、20世紀になってJ.ブリームやJ.ウィリアムスによって蘇演されてから、ようやく作曲家としての重大さが知られはじめてきたと言うことで、その間の空白期間は何とももったいないことです。二重奏での流麗なメロディを聴くと、その思いは一層強くなることでしょう。それほどまでに魅力的な作品たちです。(2009/10/21 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570588

  • 詳細

    カルッリ:フルートとギターのための協奏曲 Op. 8 /小協奏曲/ギター協奏曲 イ長調(パウリコヴィクス/ブダペスト・ストリングス)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10735

  • 詳細

    ジュリアーニ/カルッリ/キュフナー/ベートーヴェン/クランマー:19世紀の室内楽作品集(ペトリ/ハンニバル)

    ミカラ・ペトリの演奏家生活40周年記念!長年のパートナーであるラース・ハンニバルと共にウィーンの18世紀から19世紀のウィーンの心地良い音楽を録音した1枚です。さて、17世紀の末のウィーンで最初にカフェを開いたのは、コルシツキーというポーランド系のハプスブルクの兵士だと言われています。彼は当時ウィーンを包囲していたオスマントルコを撃退するのに一役買い、その褒美にトルコ軍が残していったコーヒー豆を賜り、カフェを開店したと言うのです。今では、その逸話は伝説とされていますが、なんとも夢のある話です。(2010/05/26 発売)

    レーベル名:OUR Recordings
    カタログ番号:6.220601

  • 詳細

    テレマン/カルッリ/ヘンデル:2つのヴァイオリンとギターのための作品集(アンナ&クイード・ヘルブリング)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550645