Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



アイスキュロス(525BC-456BC)

Search results:6 件 見つかりました。

  • シュニトケ:古い様式による組曲 他

    (2017/02/17 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C8011

  • 詳細

    ミヒャエル・ギーレン・エディション 10~1945年以降の音楽集(1969-2010)

    ミヒャエル・ギーレン(1927-2019)の名演を集めた大人気シリーズの掉尾を飾る第10集。今回は1945年以降に書かれた、ギーレンが得意とする「現代音楽」をフィーチャー。8曲の初出音源とギーレン自身の2作品も含む興味深い作品集です。ここで聴かれる作曲家のほとんどはギーレンと個人的に親しく、彼もこれらの作品を積極的にサポートしていました。中でもキューバ出身の作曲家、ホルヘ E.ロペスは、ギーレンによって作品を演奏されたことで世界的知名度を獲得、このアルバムに収録されている「Breath ? Hammer ? Lightning」もギーレンがドイツ初演を行うなど彼の作品の普及に努めました。また、活躍当時からマーラーやシェーンベルクなどの大編成の作品の解釈で定評のあったギーレンらしく、複雑な書法で知られるアロイス・ツィンマーマンやリゲティの作品をはじめ、ジョージ・クラムやノーノ、ブーレーズまでレパートリーに加えており、ここでもギーレンの特徴ともいえる、スコアを隅々まで読み込んだ緻密な演奏を聴かせます。(2021/10/08 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19111CD

  • 詳細

    シマノフスキ:スターバト・マーテル/ペンデレツキ:ディエス・イレ/広島の犠牲者に捧げる哀歌(ウィーン放送響/ギーレン)

    オーストリア放送のアーカイブ録音より、ミヒャエル・ギーレンが得意とする近現代作品集の登場。今回のアルバムに収録された3つの作品は異なる音楽語法を用いた「哀歌」であると言えるでしょう。ギーレンはどの作品においても、決して音楽に没入することはなく、作品の持つ追悼の念を理知的に表現しています。1926年に書かれたシマノフスキの「スターバト・マーテル」は、中世ラテン語のテキストをポーランド語に翻訳したものが用いられた作品。イエスを亡くした母マリアの悲しみが描かれています。ペンデレツキの3部構成の「ディエス・イレ」は1926年の作品。アウシュビッツ強制収容所の犠牲者を追悼するために書かれたため「アウシュビッツ・オラトリオ」の副題を持っています。アルバムの最後には52の弦楽器のための「広島の犠牲者に捧げる哀歌」が置かれています。トーンクラスターなどの技法と幅広いダイナミクスが特徴で、20世紀を代表する作品の一つです。とりわけ最後の場面でのfffからppppへのフェードアウトはギーレンの手腕が冴える聴きどころです。歌手たちも当時最高の顔ぶれが揃えられており、見事なアンサンブルを聴かせています。(2022/09/09 発売)

    レーベル名:Orfeo
    カタログ番号:C210311

  • 詳細

    シューベルト:ドイツ語歌曲全集 4 「マイアホーファーの詩による歌曲集 1」(ハウプトマン/ラウクス)

    ドイツ語を母国語とする歌手を起用し、シューベルトの膨大な歌曲を作詞家別にまとめるナクソスのプロジェクト、今回は作曲者と共に生活したこともある友人マイヤーホーファーの巻です。自殺してしまったこの友人の詩を作曲者は文豪ゲーテに次いで重視し、多くの歌曲を残しました。特に演奏頻度が高い有名曲はありませんが、時にはシューベルトに向けた詩もあるほどの友情を受けてか、実は各曲の充実度が高く、きっとお気に入りの小曲を発見していただけるでしょう。詩の原作と作曲された歌詞との違いを表示しています。(2000/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554738

  • 詳細

    シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ第1番/古い様式による組曲/ヒエロニムス・ボスの絵による5つの断章(ギンジン/スピヴァコフ/モスクワ・ヴィルトゥオージ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67016

  • 詳細

    ペンデレツキ:交響曲第8番/怒りの日/ダヴィデの詩篇より(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

    この盤が世界初録音となるペンデレツキの交響曲第8番です。19世紀から20世紀のドイツの詩人のテキストに基づいた声楽付きの作品(テクストはドイツ語)で、まるでマーラーの時代に先祖返りしたようなこの曲を、ペンデレツキはどのような思いで書いたのでしょうか?初期の作品「ダヴィデ詩篇より」と名作「怒りの日」との比較も興味深いでしょう。2007年3月に事故死したバリトン、ドラボヴィチを偲んで…。(2008/04/09 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570450