Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ワインガルトナー, フェリックス(1863-1942)

Search results:13 件 見つかりました。

  • WEINGARTNER, F.: Symphonies (Complete) (Basel Symphony, Letonja) (7-SACD Box Set)

    戦前を代表する名指揮者ヴァインガルトナー(1863-1942)は、フランツ・リストに弟子入りしたほどの大作曲家でもありました。作曲家として彼の功績は、いくつかのベートーヴェンの作品の改訂でも知られていますが、実は交響曲からオペラまで多方面に渡る多数のオリジナル作品も多数残されています。cpoレーベルは彼の作品を積極的に録音してきており、交響曲と管弦楽作品は、バーゼル交響楽団とマルコ・レトーニャの卓越した演奏で全集完成をなりました。全てがSACDハイブリッド盤という高音質も魅力的なこの全集、演奏の面でも価格の面でも、これはとにかくお手元に置いていただきたい偉業と言えるでしょう。(2014/09/24 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777938-2

  • 詳細

    ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」/ソナタ第29番(ロイヤル・フィル、ロンドン・フィル/ワインガルトナー)(1930,1933)

    天下の大指揮者フェリックス・ワインガルトナー氏、なんとベートーヴェンの巨大ピアノ・ソナタ「ハンマークラヴィア」をオーケストレーションしてしまいました!二管編成にピッコロ、コントラファゴットまで加えた凝った音楽は、ワインガルトナーのベートーヴェンへの敬意と愛情に満ちたもの。実はこの編曲、近年再評価が著しく、あの準=メルクルも取り上げているほど。編曲芸術の堂々たる傑作です。「運命」はワインガルトナーの4種ある録音のうちの最後のもの。20世紀初頭のベートーヴェン様式の完成形というべき横綱演奏。オバート=ソーンの鉄壁の復刻でグッと聞きやすくなりました!(2004/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110913

  • 詳細

    リヒャルト・タウバー 歌曲名唱集(1919-1926)

    リンツ生まれの名テノール、リヒャルト・タウバー(1891~1948)は1920年代後半から活動の主舞台をオペレッタ、とくにレハールの作品に移して大衆的な人気を獲得しましたが、20年代の半ばまではドレスデン、ベルリン、ウィーンなど超一流の国立歌劇場で、本格的なオペラの分野に活躍した歌手でした。ここに収められているのはその「オペラ」時代、19年から26年にアコースティック録音したドイツ・リートなどの歌曲集です。人気オペラ歌手らしく堅苦しいリートの枠にとらわれない、情熱的で甘美な声と歌いぶりをお楽しみください。(山崎浩太郎)(2003/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110739

  • 詳細

    ワインガルトナー:ヴァイオリン協奏曲 Op. 52/シューベルト:交響曲第7番(編曲:F. ワインガルトナー)(南西ドイツ放送カイザースラウテルン管/フランシス)

    (2009/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999424-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:弦楽四重奏曲集 1 - 第1番, 第3番(サラストロ弦楽四重奏団)

    指揮者として、また作曲家としても知られるワインガルトナーの弦楽作品集です。優れた音楽家の常として、幼少の頃より音楽の才能を発揮し、音楽院ではかのリストの弟子として研鑽を積みました。多数ある彼の作品の中でも、室内楽はかなり重要な位置を占めています。この分野への足がかりとなった弦楽四重奏第1番は、宰相ビスマルクの死に触発されて書かれた重苦しい作品です。(2008/10/08 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777251-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:弦楽四重奏曲集 2 - 第5番(サラストロ弦楽四重奏団)

    (2010/10/13 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777252-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:弦楽四重奏曲集 3 - 第2番, 第4番(サラストロ弦楽四重奏団)

    今では指揮者として知られるワインガルトナーの作曲家としての足跡を辿るcpoのシリーズ、今回は弦楽四重奏曲の第3集です。ここで注目したいのは、ワインガルトナー(1893-1942)が自身の弦楽四重奏曲第1番と第2番を献呈したというヴァイオリニスト、カール・ハリジュ(1859-1909)で、彼はヨアヒムに学び、ベルリン芸術大学の教授を務め、ヨアヒムやゲオルク・シューマンと弦楽四重奏団を結成し、その後、自らの名前を冠した弦楽四重奏団も結成しました。そのハリジュ弦楽四重奏団による第1番の初演の模様を後にワインガルトナーが記していますが、どうもあまり良い印象は得られなかったようです。ハリジュの演奏もイマイチだったのかもしれませんが、何より曲が暗すぎて、彼が示唆した恐怖を聴衆が理解しきれなかったというあたりが本当のところでしょうか。そんなワインガルトナー、1917年に作曲された第2番と第4番の弦楽四重奏曲は、もっと耳に優しい響きを持っていて、ベートーヴェン、シューベルトから連なる伝統に則った堅固な作風を有しています。(2011/11/09 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777253-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:交響曲第3番/愉快な序曲(バーゼル響/レトーニャ)

    (2006/06/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777100-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:交響曲第4番/セレナード/組曲「嵐」(バーゼル響/レトーニャ)

    (2005/06/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777098-2

  • 詳細

    ワインガルトナー:交響曲第5番/交響詩「深刻な時より」(バーゼル響/レトーニャ)

    (2008/01/16 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777101-2