Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ウルマン, ヴィクトル(1898-1944)

Search results:14 件 見つかりました。

  • ZEMLINSKY, A.: Zwerg (Der) / ULLMANN, V.: Der zerbrochene Krug (Los Angeles Opera, 2008) (NTSC)

    (2010/11/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101527

  • ZEMLINSKY, A.: Zwerg (Der) / ULLMANN, V.: Der zerbrochene Krug (Los Angeles Opera, 2008) (Blu-ray, Full-HD)

    (2010/11/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101528

  • SCHUCH, Herbert: Oehms Classics Recordings (The) (8-CD Box Set)

    1979年ルーマニア生まれのピアニスト、ヘルベルト・シュフのOEHMSレーベルへ録音した8枚のCDをまとめたBOXの登場です。シュフは2004年6月のカサグランデ国際ピアノコンクールを皮切りに、、2005年4月のロンドン国際ピアノコンクール、同じく2005年6月のベベートーヴェン国際ピアノコンクールで優勝と、その才能をまざまざと見せつけてくれました。OEHMSレーベルには2004年から録音を開始、その独特なプログラミングははもちろんのこと、彼の奏でる瞑想的な音色はとても魅力的なものです。ベートーヴェンからハインツ・ホリガーまでと、様々な時代の作品を易々と弾き分けていますが、特にシューマンやラヴェルなどには独特の魅力があります。また、ウルマンとベートーヴェンの協奏曲は各雑誌でも高く評価されたものです。(2015/09/23 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC012

  • 詳細

    ウルマン:5つの恋歌/旗手クリストフ・リルケの愛と死の歌/夕べの想い(白井光子/バーホーベン/ヘル)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10897

  • 詳細

    ウルマン/アイスラー/コンマ/ロイター/コルネリウス:声楽作品集(白井光子/ヘル)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10534

  • 詳細

    ウルマン:交響曲第2番/6つの歌 Op. 17 /管弦楽のための協奏曲/ドン・キホーテのファンダンゴ(バンゼ/ケルン・ギュルツェニヒ管/コンロン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67017

  • 詳細

    ウルマン:ピアノ・ソナタ全集(ゴラン)

    チェコスロバキアでユダヤ系の両親の下に生まれ、ウィーン大学にてシェーンベルクに作曲を師事。プラハに移り住み、当時の「新ドイツ劇場」(現プラハ国立歌劇場)などで指揮者として活躍。作曲家としても歌曲、ピアノ曲などさまざまな作品を発表し国際的に評価され始めた矢先、1940年のナチス・ドイツのプラハ侵攻により、一度は国外脱出を試みるも、最終的には囚われの身となり、1944年アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で命を落としたヴィクトル・ウルマン(1898-1944)。一時は「頽廃音楽」として排除されましたが、20世紀末に復興の兆しが見え、最近ではほとんどの作品が演奏される機会を持つまでになりました。彼のピアノ・ソナタは1936年から1944年の間に書かれ、そのどれもがドイツ的な堅固な様式美と革新的な和声を持っています。ジャンヌ・ゴランによるこのソナタ集は優れたバランス感覚に満たされた見事な演奏で、これらの作品の真価を問いかけるにふさわしいものです。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Steinway and Sons
    カタログ番号:Steinway30014

  • 詳細

    ウルマン:ピアノ・ソナタ全集(ツァルカ)

    チェコスロヴァキアで、ユダヤ系の両親の下に生まれた作曲家ウルマン(1898-1944)。彼は指揮者としても評論家としても素晴らしい才能を持っていましたが、1940年にナチスがプラハに侵攻した際、結局国外に亡命が叶わず、その2年後に強制収容所で命を落とした悲劇の人です。彼の作品のほとんどは焼失してしまいましたが、皮肉にもテレージエンシュタットの収容所で作曲した作品の大多数は残っていて、この7曲あるピアノ・ソナタも5番から7番まではその時代の作品です。彼の作品はベートーヴェンにも似た堅固な形式の中に、現代的な志向が宿ったもので、20世紀のピアノ曲の中でも特異な位置を占め他音楽です。古典作品から現代作品まで幅広いレパートリーを有しているミハエル・ツァルカによる演奏です。(2014/11/26 発売)

    レーベル名:Paladino Music
    カタログ番号:PMR0035

  • 詳細

    ウルマン:ピアノ協奏曲/ピアノ・ソナタ第7番/変奏曲と二重フーガ(エルンスト/ドルトムンド・フィル/フェルツ)

    チェコで生まれ、ウィーン大学でシェーンベルクに師事し、十二音、無調音楽の作曲技法を身に付け、指揮者、作曲家として20世紀初頭のチェコで目覚しい活躍をしたヴィクトル・ウルマンの作品集。トラック10の「変奏曲と二重フーガ」はシェーンベルクの主題をもとに、多彩な変奏が繰り広げられる曲。また1939年に作曲された「ピアノ協奏曲」はプロコフィエフのような新古典派の雰囲気と、尊敬していたベートーヴェンヘのオマージュも感じられる激しい表情を見せる作品です。しかし1940年にナチスがプラハに侵攻してからは、ユダヤの血を引くウルマンの作品は「退廃音楽」とみなされ演奏が禁止されてしまい、ウルマン自身も1942年にテレジンの強制収容所送りとなり、最終的には1944年にアウシュヴィッツで命を落とし、晩年の作品も散逸。しかし、テレジン収容所にいた時期に書いた作品はかろうじて残存しており、1990年代から始まった「退廃音楽の復興」にあわせ、演奏される機会も多くなってきました。ピアノ・ソナタ第7番はテレジンで書かれた作品ですが、その力強い音楽には運命に屈しない強い精神力が漲っています。/(2017/05/19 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C5294

  • 詳細

    ウルマン:ピアノ協奏曲/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(シュフ/ケルン西ドイツ放送響/エルツ)

    20世紀末から復興の兆しが見え始めた一連の“退廃音楽”。ナチス・ドイツによって「有害、退廃的」であるとレッテルを貼られた作曲家たちは、不当な扱いを受け、その音楽も上演が困難となり、多くの作品は散逸してしまったが実情です。このウルマンもそんな“退廃音楽”の作曲家の一人で、ユダヤの血を引いたがために悲しい最期を遂げることとなってしまったのです。このピアノ協奏曲は、まだ弾圧される前の1939年に書かれたもので、簡潔な書法による生き生きとした音楽を保っています。ウルマンはピアノ・ソナタを作曲する際、ベートーヴェンを強く意識していたと言われており、ここでシュフがベートーヴェンの協奏曲を併せたことにより、その印象が強く際立つのではないでしょうか。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC833