Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ダ・ポンテ, ロレンツォ(1749-1838)

Search results:148 件 見つかりました。

  • 詳細

    R. シュトラウス/モーツァルト:声楽作品集(ミコライ/西ドイツ放送響/ソラック)

    (2011/03/16 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777641-2

  • 詳細

    シュトルツ/レハール/ウェーバー/ロルツィング/ヘンデル/モーツァルト/ロッシーニ:歌曲集(ポップ)

    (2011/10/12 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900306

  • 詳細

    ジルヒャー/シューマン/リュトゲン/メンデルスゾーン/ライヒャルト/ウェーバー:男声合唱作品集(ライプツィヒMDR放送合唱団/アルマン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67023

  • 詳細

    ソプラノのためのオペラ・アリア集 3 (カラオケ付) - プッチーニ/ボーイト/ヴェルディ/モーツァルト

    「私の名はミミ」をちょっぴり悲しげに、そして魅惑的に・・・。モーツァルトで蠱惑的に。女はこんなに変われるの・・・。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95042

  • 詳細

    ソプラノのためのオペラ・アリア集(カラオケ付) 2 - ドニゼッティ/ベッリーニ/モーツァルト/プッチーニ/ビゼー/ヴェルディ

    同じソプラノと言っても、その表現は多種多彩。ルチアとジョコンダでは性格的にも違うかも。そんな女性たちを頭に思い浮かべたくなるアリア集。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95041

  • 詳細

    ソプラノのためのオペラ・アリア集(カラオケ付) 4 - ヴェルディ/ドニゼッティ/モーツァルト/カタラーニ

    あの超絶技巧で知られる「夜の女王」のアリア収録。まずは喉の調子を整えて、それから憎いアイツを思い浮かべてトライしましょう。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95047

  • 詳細

    ソプラノのためのオペラ・アリア集(カラオケ付) 5 - プッチーニ/モーツァルト/ヴェルディ

    ヴェルディの名作「椿姫」の第1幕で歌われる有名な「花から花へ」。生まれて初めて恋心を感じたトキメキと戸惑い。そういうものが表現できればステキです。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95051

  • 詳細

    ソプラノのためのオペラ・アリア集(カラオケ付) 6 - プッチーニ/ドニゼッティ/ヴェルディ/モーツァルト

    「これがトスカのキスよ!」恋する人を守るため、必死で訴える歌姫トスカのアリア。女たらしの悪いヤツとも知らずに恋してしまった純情な心を歌うジルダのアリア。みんな真摯な思いを抱いています。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95052

  • 詳細

    ソル:声楽とギターのための歌曲集(ベラオンド/ベネケ)

    古典派における偉大なギタリストの一人、フェルナンド・ソル。この時代には未だ独奏楽器として地位を確立していなかったギターの地位を格段に引き上げた人として賞賛されています。しかし、ソルはギター作品だけを作曲したのではなく、管弦楽作品やバレエ、オペラなど多彩な作品を残しています。中でも数多く残された歌曲は、素晴らしい出来栄えなのですが、現在ほとんど聞かれることはありません。このアルバムではソルのギター伴奏による歌曲を収録。冒頭に置かれているのは、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」のアリアを編曲したもの。独立した歌曲として強い存在感を放っています。対して「スペインの歌曲集」はソルの面目躍如といった作品。ギターと声がお互いを尊重しながら魅力的な音楽を紡ぎ出しています。(2017/08/30 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573686

  • 詳細

    チレア/プッチーニ/ビゼー/マスネ/ヴェルディ:ソプラノのためのオペラ・アリア集(フレーニ)

    20世紀最高のミミの一人、ミレッラ・フレーニ(1935-)の素晴らしい歌を聴く一枚です。幼い頃から歌手としての才能を現わした彼女は、19歳でミカエラ役でデビューするも、一時は子育てのために歌手活動を断念します。しかし、1958年にコンクールで優勝し、歌手活動に復帰、着々と名声を高めて行きます。彼女の名が飛躍的に知れ渡ったのは、何と言っても1963年のカラヤンとの「ボエーム」ミミ役で、これをきっかけにカラヤンと共演を重ね、1965年にはメトロポリタン歌劇場でもミミ役でデビューを飾りました。このアルバムは世界的な名声を得た彼女の自信に満ち溢れた歌唱を収録したものです。なお、指揮を執るギャウロフは、彼女の2度目の夫となったニコライ・ギャウロフの息子です。録音 1971,1983,1987年ミュンヘン放送管弦楽団「日曜コンサート」より(2011/06/08 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900303