Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



バッハ, ウィルヘルム・フリーデマン(1710-1784)

Search results:26 件 見つかりました。

  • 詳細

    W.F. バッハ:カンタータ集 2 (シュリック/ライニッシェ・カントライ/ダス・クライネ・コンチェルト/マックス)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10426

  • 詳細

    W.F. バッハ:鍵盤作品集 5 - ソナタ集 Fk. 6a, 7-8, 200-201, 204 (ブラウン)

    大バッハと最初の妻マリア・バルバラとの間の第二子、および長男として生まれたヴィルヘルム・フリーデマン(1710-1784)。彼へかかる期待の大きさは想像を絶するものであったようで、父バッハは自らの持つ技術の全てを彼に注ぎ込みました。その甲斐あってか、23歳の時にはドレスデンの聖ソフィア教会、そして1746年にはハレの貴婦人教会のオルガニストに就任します。彼は、もともと才能に恵まれていたことは確かですが、あまりにも溺愛され、また期待されすぎた反動か、独立心に欠け、猜疑心が強いなど人間的魅力が乏しく、最終的にはあまり恵まれた人生を送ることはできなかったと伝えられます。そんなヴィルヘルム・フリーデマンの作品は、どれを聴いても、確かにこの時代の枠には入りきることのない、不思議な味わいをもっています。冒頭のソナタの第1楽章での自由な和声の進行は、まるでシューベルトを思わせるロマンティックなもの。明らかに時代を先取りしていますが、当時、これを受け入れるまでには時代は進歩していなかったと思われます。彼の作品は、その成立過程や成立年代がわかっていないものが多く(これも彼自身の怠惰な性格が災いしているのですが)実際に聞いてみて、初期の作品か後期の作品かを判断するほかなく歴史上の位置づけも困難だと言われています。しかし、ここに溢れる表現力豊かな音楽は、確かに天才の息遣いを感じさせるものばかりです。(2014/07/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573177

  • 詳細

    W.F. バッハ:ソナタと三重奏曲集(コンチェルト・ケルン)

    (2006/04/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777086-2

  • 詳細

    W.F. バッハ:チェンバロ・ソナタ集 Fk. 1b, 3, 202/2台のチェンバロのための協奏曲 Fk. 10 (ブラウン)

    J.S.バッハ(1710-1784)の長男であり「最も才能に恵まれた」とされるヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ。しかし、ありあまる才能に溺れてしまい、努力を怠ったため、晩年は寂しくこの世を去ったという人としても知られています。そんな彼のこと、出版された作品は数が少ないのですが、どれも、感情の迸りが素晴らしい幻想的な作品として、愛好する人が多いのです。残された作品を見てみると、初期の作品は父の影響が強く感じられますが、少しずつ自由度が高くなり、彼の初の出版作品である「ニ長調」のソナタは、あまりにも複雑過ぎて、アマチュア愛好家たちの手には到底負えない難曲となってしまったためか、それ以降のソナタは敬遠されてしまったとも言われています。同時代からは背を向けられてしまった彼の作品ですが、今の私たちにとっては素晴らしい贈り物であることは間違いありません。(2013/05/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573027

  • 詳細

    W.F. バッハ:ピアノ・ソナタ Fk. 2, 4, 5, 9/組曲 Fk. 24 (ブラウン)

    華麗な即興演奏で知られたヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(J.S.バッハの長男)は、素晴らしい才能に恵まれていたにも拘らず、それを存分に発揮することなく生涯を終えたことでも知られています。彼は多くの曲を書きましたが、曲に署名をすることもなく、また出版された曲もほんのわずかであったため、なかなか彼の本質を知ることができません。その上、どんな楽器を想定して書かれたのかもわからないため、逆にクラヴィーアでも、チェンバロでも、オルガンでも演奏できるという曖昧さ(柔軟さともいう)も持っていたりと、一筋縄でいかない作曲家です。風変わりなコントラストと大胆な音の動きに満たされた音楽は、驚くほど魅力的です。録音 2011年6月6-7日 オレゴン エピスコパル・チャーチ・オブ・ザ・リスレクション(2012/09/19 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572814

  • 詳細

    W.F. バッハ:ピアノ作品集(シピリ)

    バッハ一族の中でも、少しだけ異端視されているヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(1710-1784)。彼は大バッハの長男であり、当時は「バッハの息子たちの中で最も才能に恵まれている」と評価されていたものの、性格の悪さから人望をなくし、結果、良い職にもつけずに失意のうちにこの世を去ってしまった人です。膨大な作品を書いたにもかかわらず、前述の理由でほとんど出版されることはなく、多くは散逸してしまいました。しかし残された作品は、どれも独創性と多様性に満ちたものであり(これは伝統を無視した結果と評する人もいます)、どれも興味深い音楽であることは間違いありません。まだ彼の作品の全貌は明らかになっていませんが、最近になってキエフでいくつかの作品が発見されたりと、再評価が進んでいます。今回ピアノを演奏しているのは、ヨーロッパを中心に大活躍しているピアニスト、アントニー・スピリです。現代音楽も得意ですが、バッハ一族の作品にも深い関心を寄せていて、いくつかのリリースが継続しています。(2015/04/22 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC431

  • 詳細

    W.F. バッハ:鍵盤作品集 1 (ヒル)

    大バッハが唯一認めたと言われる長男フリーデマン。あまりにも多くの天分とインスピレーションを受け継いだせいか、その音楽活動は当時の因習に受け入れられず最後は貧困と無理解の内に世を去ったといわれています。ここで聴ける「12のポロネーズ」をはじめとした一連の作品にもその特色は強く現れており、半音階的な和声進行はしばしば聴き手を驚かせるものです。ロバート・ヒルの丁寧な演奏で。(2008/02/06 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557966

  • 詳細

    W.F. バッハ:鍵盤作品集 2 - 幻想曲とフーガ集(ブラウン)

    W.F.バッハ(1710-1784)の鍵盤曲集第2集です。すぐれたオルガン奏者でもあった彼は、従来の形式に新しさを組み込んだ独自の音楽を作り上げました。ここに収録されたファンタジアはどれも宝石のような美しさを湛え、フーガは驚くべき自由さに満ちています。100年ほど時代を先取りしたかのような当時としては「新しすぎた音楽」と言えるでしょう。(2008/07/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570530

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:チェンバロ協奏曲 Wq. 14 /W.F. バッハ:チェンバロ協奏曲 F. 41 /J.C. バッハ:チェンバロ協奏曲 C73 (ショルンスハイム/ベルリン・バロック・カンパニー)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10580

  • 詳細

    C.P.E. バッハ/W.F. バッハ/J.C. バッハ/キルンベルガー/ミューテル/ニヒェルマン:チェンバロとピアノのための協奏曲集(ショルンスハイム/ベルリン・バロック・カンパニー)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C49541