Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



シュポア, ルイ(1784-1859)

Search results:74 件 見つかりました。

  • 詳細

    ケルビーニ/ファニー・メンデルスゾーン/メンデルスゾーン/シュポア/シューマン:ハープを伴う歌曲集(ヴォーチ・ア・コルデ)

    (2012/11/21 発売)

    レーベル名:Rondeau Production
    カタログ番号:ROP6061

  • 詳細

    シューベルト/ウェーバー/シュポア/ブラームス/グリーグ/シューマン/ボッケリーニ:室内楽作品集

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C49010

  • 詳細

    シューベルト/シュポア:歌曲集(白井光子)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67198

  • 詳細

    シューマン/メンデルスゾーン/シュポア:声楽と器楽作品集(コボウ/シュティッケン)

    (2010/09/15 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777595-2

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリン協奏曲第6番、第8番、第11番(ラムスマ/シンフォニア・フィンランディア/ガロワ)

    モーツァルト、ヴィオッティからベートーヴェンへと続く古典派の様式を一段と発展させ、ロマン派へと繋ぐ音楽を書いたシュポアの代表作ともいえるヴァイオリン協奏曲を3曲収録。ヴァイオリンを演奏するのは、2006年のインディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで第2位を得た若きオランダのヴァイオリニスト、シモーネ・ラムスマです。彼女の奏でるヴァイオリンの音色はとても美しくしなやかで、シュポアの曲の持つ明るさにぴったり合った気持ちのよいものです。(2009/03/25 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570528

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリン協奏曲集集 WoO 9, 10, 16/ポプリ第3番(ヘルシャー/ベルリン放送響/フレーリヒ)

    (2001/02/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999751-2

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリン協奏曲第7番、第12番(西崎崇子/カペラ・イストロポリターナ/ペシェク)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.220406

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリンとハープのための作品全集 1 (ラングドン/ウェッブ)

    ヴァイオリンの魔神・パガニーニも敬意を払っていたという大ヴァイオリニストのシュポアが、ハーピストであった妻との演奏を想定して作曲した作品の数々なのですが、まさに秘曲というに相応しい、あまりに美しくギャラントな楽曲の数々です。ハープという楽器を使用した効果は絶大ですが、恐らくはそのために演奏の機会が制限されてしまっているジレンマが、なんとも勿体無いとしかいいようがありません。どこまでもしなやかに歌う旋律の数々、完全に均整がとれつつも、全く陳腐になることのない洗練された和声、そして品を失うことのない名人芸と、途方もなく素晴らしい大傑作としかいいようがありません。長調や短調の使い分けが絶妙なのもたまりません。(2001/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555364

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリンとハープのための作品全集 2 (ラングドン/ウェッブ)

    クラシック音楽の分野においても、異性の存在が作品の誕生の直接・間接の動機となることはよくあることですが、大ヴァイオリニスト・シュポアの手によるハープの絡んだ作品は、優れたハーピストであった夫人との出会いが背景にあります。ハープという楽器が、生来典雅な響きを持っているということもありますが、いずれの曲ともに温和で幸福な楽想に満ちているのは、そういった背景とも当然無関係ではないでしょう。本格派指向なら大曲のト長調のソナタから、エンタテイメント指向なら「魔笛」のメロディーが次々に登場するニ長調のソナタからお楽しみください。(2003/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555365

  • 詳細

    シュポア:ヴァイオリンとピアノのための作品集 - 協奏的二重奏曲/6つのサロン風の小品(トゥルバン/レッシング)

    cpoにはシュポアが作曲したヴァイオリン協奏曲全15曲のリリースがあり、この素晴らしい作曲家を喧伝するのに一役買っていることは間違いありません。今作ではヴァイオリンとピアノという、よりロマンティックで詩的な作品を紹介することで一層シュポアを身近に感じていただけるのではないでしょうか。シュポアの室内楽のほとんどは、ハープ奏者であった最初の妻シャイトラーとの「ヴァイオリンとハープ二重奏曲」ですが、ここで聴けるピアノとの作品は、彼の2番目の妻マリアンヌのために書かれたもの。才能あるピアニストであった彼女の名技をひきたてるため、デュオ・コンチェルタンテではヴァイオリンとピアノの役割は完全に同等なものであり、お互いの内なる声を聴きあいながら演奏したであろう夫妻の姿が目に浮かぶ、華麗な作品となっています。他の3つの作品は、幾分肩の力を抜いたもので、美しいメロディが横溢した品のよい曲です。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777492-2