Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



シャルパンティエ, マルク=アントワーヌ(1643-1704)

Search results:34 件 見つかりました。

  • 詳細

    シャルパンティエ:歌劇「アクテオン」/ディヴェルティスマン「賢者の石」(シーハン/ワキム/ボストン古楽音楽祭アンサンブル/オデット/スタッブス)

    (2010/11/24 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777613-2

  • 詳細

    シャルパンティエ:歌劇「ヴェルサイユの愉しみ」/歌劇「花咲ける芸術」(ワキム/ウォーンケン/ブランバーグ/シーハン/オデット/スタッブス)

    (2019/06/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555283-2

  • 詳細

    シャルパンティエ:歌劇「花咲ける芸術」(ド・ヴィユトレイ/トマ/スパイカー/ベルトラン/ヴィチャック/アンサンブル・マルグリット・ルイーズ/ジャリー)

    ヴェルサイユ宮殿の文化催事プロジェクトチームが手がける新レーベルCVS(Chateau de Versailles Spectacles)、ついに始動!/すでにAlphaレーベルとの提携でも数多くのプロジェクトを成功させている、ヴェルサイユ宮殿の文化催事プロジェクトチーム「シャトー・ド・ヴェルサイユ・スペクタクル」。彼らがこのたび、ついに独自のレーベルCVSを立ち上げました。伝説的エンジニアのニコラ・バルトロメーが立ち上げた録音スタジオ「リトル・トライベッカ」の協力を得て、その新始動録音には17世紀フランスの不遇な大作曲家シャルパンティエによる『花咲ける芸術』(フランス古楽界にあっていちはやくオペラ方面の土壌を用意した名団体、レザール・フロリサンの名の由来となった作品)を。若き才人集団マルグリット・ルイーズには大ヴェテランのリコーダー奏者セバスティアン・マルクや、鬼才クラヴサン奏者ジャン・ロンドーを含む精鋭4人組「ネヴァーマインド」に名を連ねるヴィオールのロバン・ファロとトラヴェルソのアンナ・ベッソン...と頼もしい俊才がいたるところに!精妙にして優美なシャルパンティエの音世界はまさにフランスの「偉大なる世紀」ならでは――王室音楽総監督リュリに疎まれ、王室での活躍から周到に遠ざけられていたシャルパンティエの才気が、のちの王宮ヴェルサイユにあらためて鳴り響く、比類なく贅沢なバロック・アルバムの登場といえそうです。(2018/09/28 発売)

    レーベル名:Château de Versailles Spectacles
    カタログ番号:CVS001

  • 詳細

    シャルパンティエ:地獄へ降りるオルフェウス/オルフェウスの冥府下り(ヴォクス・ルミニス/ア・ノクテ・テンポリス/メヘレン/ムニエ)

    【フランス語圏の古楽シーン最前線から届いた、リュリの最大のライヴァルによるオルフェウス物語2編】Alphaレーベルでの録音を通じ、フランス17~18世紀の音楽を積極的に世界へ発信しつづけている古楽歌手レイナウト・ファン・メヘレンのグループ、ア・ノクテ・テンポリス。かたやフランス、ベルギー、ドイツなどの実力派古楽歌手たちを軸に、各パート2~3人に絞った小規模編成でドイツ三大S(シュッツ、シャイン、シャイト)からヘンデルまで、幅広いレパートリーを世に問うてきた古楽声楽集団ヴォクス・ルミニス。ヨーロッパの古楽研究とライヴ・パフォーマンスの最前線をゆく二つの俊才集団が手を組み、フランス・バロック最大の作曲家のひとりシャルパンティエの2傑作と正面から対峙した充実アルバムを録音してくれました。ルイ14世の宮廷で王室音楽総監督リュリが活躍しているあいだ、シャルパンティエは王室での仕事から遠ざけられ、リュリの妨害のもと大がかりなオペラは作曲できなかったのですが、そのかわりに小編成・小規模の声楽曲で名品を数多く残しています。早世した恋人ユリディスを冥府まで取り返しに行く竪琴の名手オルフェ(オルフェウス)の物語では長短二つの作品を残しましたが、ここで両作品の対比をきわだたせながら、精彩あざやかな古楽器演奏でファン・メヘレンの歌を彩ってゆくア・ノクテ・テンポリスのアンサンブルはみごとなもの。クラヴサン(チェンバロ)奏者としてパトリツィア・コパチンスカヤの名盤『TAKE TWO』でも活躍した異才アントニ―・ロマニュクが加わっているのも注目です。実力派声楽集団ヴォクス・ルミニスの参与も頼もしく、演劇性に満ちたシャルパンティエの音楽が21世紀の今こそ対峙すべき音世界であることを説得力豊かに伝えています。(2020/01/17 発売)

    レーベル名:Alpha
    カタログ番号:ALPHA566

  • 詳細

    シャルパンティエ:宗教音楽集 1 - 死者のための4声のミサ曲/聖母マリアへの連祷(ル・コンセール・スピリチュエル/ニケ)

    古今東西の作曲家たちが「死者のためのミサ曲」を書き続けていますが、あのモーツァルトの「レクィエム」の前にも、これほど美しい曲があったのです。作者はフランス音楽史にその名を刻むシャルパンティエ。深い悲しみや峻厳さの代わりに、独特のエレガンスと静かな祈りが空間に広がります。カップリングの宗教曲では、美しさに加え、これまたシャルパンティエの特徴である躍動感が耳を釘付けにします。ニケ率いるコンセール・スピリテュエルの演奏は、彼らのために作曲されたのではないかと感じられるほどに音楽と一体化して見事。この宝石を、貴方も発掘してください。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553173

  • 詳細

    シャルパンティエ:聖母マリアのためのモテット集(ル・コンセール・スピリチュエル/ニケ)

    趣味の良い音楽の宝庫フランス・バロックの中でも、とにかく曲が美しい事では抜きんでた存在のシャルパンティエの宗教的声楽曲集、当盤は聖母マリアを題材にした音楽を集めました。聖母に寄せる信仰を、時に輝かしく、時に内的に、合唱を加えた声楽と器楽で描きます。特に素晴らしいのは6で、女声ソリストの透き通るような美声による切々とした語り口が、聴き手を虜にします。シャルパンティエがこの題材で残した9つの曲の中でも、これが最高かも。コンセール・スピリテュエルの演奏、いつもながら何でこんなにキレイなんでしょうね。(2000/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554453

  • 詳細

    シャルパンティエ:宗教音楽集 2 - 聖母マリアの夕べの祈り(ル・コンセール・スピリチュエル/ニケ)

    宗教曲を書く作曲家にとって重要な題材の一つが「聖母マリアの夕べの祈り(ヴェスプロ)」。イタリアのモンテヴェルディが17世紀前半に通して書いた作品が特に有名ですが、詩篇をテキストとする作曲時期の異なる曲を集めて再構成されたシャルパンティエのヴェスプロも、期待を裏切りません。時に静かな祈りは癒しの調べとなり、時に彼らしいリズムの明快な音楽が元気をくれる、独自の世界をお楽しみください。合間に奏される女声のアカペラによるアンティフォナだけでも陶然とさせるニケの演奏、見事というほかありません。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553174

  • 詳細

    シャルパンティエ:宗教音楽集 3 - テ・デウム/ミサ曲/ザカリアの頌歌(ル・コンセール・スピリチュエル/ニケ)

    ニケ率いるコンセール・スピリテュエルによるシャルパンティエの宗教音楽集第3弾は、演奏機会の少ない作品に光をあてるものです。音楽はどれをとっても気品と典雅な香りに満ち、美しい演奏がその魅力を際立たせています。晩年の「テ・デウム」は、輝かしい冒頭が有名なニ長調の同名曲とは別の曲で、こちらは冒頭から合唱が喜ばしい雰囲気を歌いあげます。「ミサ曲」は作曲者の11曲あるミサ曲の最初の作品と言われ、器楽を伴います。「主なる神はほむべきかな」は6声の絡みが見事です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553175

  • 詳細

    シャルパンティエ:ノエルとクリスマス・モテット集 1 (アルカディア・アンサンブル/マロン)

    作曲者や曲の解説など何も申しません、まずはCDプレーヤーに乗せてみてください。無伴奏の女声歌手1名の心洗われる歌、それに導かれる素朴な楽器のサウンド、洗練された合唱。落ち着いた典雅な作品に、快活な舞曲も混じります。ここには誰もが知ってる有名曲はありませんが、漂うクリスマス気分は、何ものにも代えられません。聴いた貴方は、きっとこのフランスバロックの作曲家への興味が大きく膨らむことでしょう。シャルパンティエの代表作「真夜中のミサ曲」が好きな方なら、そこで使われた素材も登場する当盤は必聴です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554514

  • 詳細

    シャルパンティエ:ノエルとクリスマス・モテット集 2 (アルカディア・アンサンブル/マロン)

    音楽の美しさだけを競うならばルネッサンス、バロックで最高の作曲家と位置づけてあげたいシャルパンティエ。この世の物とは思えない美しい音楽を、合唱を中心に極美の演奏を繰り広げるカナダのアレイディア・アンサンブルが奏でる、それだけで推薦できる贅沢なクリスマス・アルバムです。特に「われらの主イエス・キリストの降誕をたたえる歌」はシャルパンンティエ入門にも最適。7は彼の作品中でも最良な物の一つとして有名。8で表現されるクリスマスの喜び(特に合唱に注目)に接すれば、聴き手はただただ幸福に浸るのみ。イギリスでも有名なキャロルの旋律を三つの異なる形態で演奏する趣向もあります。(2002/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557036