Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ドニゼッティ, ガエターノ(1797-1848)

Search results:149 件 見つかりました。

  • ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」(英語歌唱)[Blu-ray Disc]

    もちろん本編の「こうもり」はとても面白いです。いつものように上質な会話と恋のさや当て、そしてちょっとした行き違いが起こり、最後は全て「シャンパンのせいね」と笑って物語が終わります。何回見ても楽しくほろ苦い「大人のための物語」です。しかし、この1990年大晦日の公演を観に来ていた人々のお目当ては第2幕のガラ・コンサートでした。何しろこの日は、伝説の名ソプラノ、ジョーン・サザーランド(1926-2010)の「さよなら公演」であり、彼女は本編の役としての登場ではなく、あくまでも「オルロフスキー公爵が開催した舞踏会のゲスト」として舞台に立つことになっていたのです。他にゲストとして招かれたのは世紀のテノール、パヴァロッティと、こちらも名メゾ・ソプラノ、マリリン・ホーン。サザーランドを交えた3人が代わる代わる歌う第2幕のガラ・コンサートはまさに夢の舞台だったのです。夫リチャード・ボニングとともに、ロイヤル・オペラを活性化させた彼女の功績は大きく、この公演が終了した際には満場の聴衆から大喝采を受け、スピーチと小太鼓!を贈られたということです。ボーナス映像には、彼女が得意としたベルカントオペラからの名アリアが収録されています。(2015/11/25 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109162

  • 偉大なるアリア集:清らかな女神よ ~イタリア・オペラの名アリアと情景集(DVD)

    多くの人が「オペラ」と聞いて頭に思い浮かべるのが、この「イタリア・オペラ」でしょう。初期ロマン派のロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニらが華やかなベルカント・オペラを作曲、そしてヴェルディが出現し壮大な作品を次々に書き上げます。やがて「ヴェリズモ」と呼ばれる現実的な作品が主流となり、その流れはプッチーニに受け継がれていきます。ここでは多くの作品のなかでも、飛び切りの名場面を収録、イタリア・オペラの魅力を存分に味わえます。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109242

  • 偉大なるアリア集:清らかな女神よ ~イタリア・オペラの名アリアと情景集(BD)

    多くの人が「オペラ」と聞いて頭に思い浮かべるのが、この「イタリア・オペラ」でしょう。初期ロマン派のロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニらが華やかなベルカント・オペラを作曲、そしてヴェルディが出現し壮大な作品を次々に書き上げます。やがて「ヴェリズモ」と呼ばれる現実的な作品が主流となり、その流れはプッチーニに受け継がれていきます。ここでは多くの作品のなかでも、飛び切りの名場面を収録、イタリア・オペラの魅力を存分に味わえます。(2016/07/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109243

  • ドニゼッティ:歌劇「ロベルト・デヴリュー」 [DVD]

    (2009/03/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110232

  • ドニゼッティ:歌劇「ルクレツィア・ボルジア」 [DVD]

    (2009/04/15 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110264

  • ドニゼッティ:マリア・ストゥアルダ [DVD]

    (2009/05/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110268

  • 「音楽の旅」シリーズ ~ 「スコットランド」街の過去・現在の音楽の旅 *日本語解説書付き[DVD]

    (2006/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110519

  • ドニゼッティ:歌劇《マリーノ・ファリエロ》[DVD, 2枚組]

    ドニゼッティのほぼ50番目のオペラにあたる「マリーノ・ファリエロ」は、「ランメルモールのルチア」と同じ1835年に作曲されました。主人公マリーノ・ファリエロは実在の人物で、1354年にヴェネツィアの第54代総督に選ばれるも、その翌年に市民が企てた反乱の首謀者となり、自らが議長を務めた十人委員会で死刑宣告を受けたといわれています。1921年、イギリスの詩人バイロン卿がファリエロについて長編の悲劇を著し、そこからヒントを得た劇作家ドラヴィーニュが書いた同名の戯曲をビデーラが台本化、ドニゼッティが歌劇に仕立てあげました。民衆の政治不信と、若き妻への不信感。これらが混然一体となり避けるべくもない悲劇を構成しています。ヴェルディの一連の作品と双璧を成すこのドニゼッティの「政治オペラ」、現代社会にも通じる問題作をマルコ・スパーダが演出、豪華な衣装と装置を用い、名バリトン、スリアンを中心とした素晴らしい歌手たちが演じた映像です。(2018/11/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.110616-17

  • ドニゼッティ:ドン・パスクァーレ

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110022-23

  • 詳細

    マリオ・ランザ第2集:「ザ・グレート・ランザ」オリジナル・レコーディングス1949-1951

    「ランツァ」の表記で日本でも親しまれてきたランザは、映画や放送の世界で活躍し、不世出の名歌手・カルーソーの再来と騒がれた2枚目のテノール歌手です。MGMと契約し、その3作目となる『ザ・グレート・カルーソー』(邦題は『歌劇王カルーソー』)のサウンドトラックLPの売上げは100万枚を突破。日本では「カルーソーを歌う」というタイトルで歌劇のアリアはCD化されたことがありますが、当盤にはローサスのワルツ《波濤を越えて》を基にアーロンソンが編み上げたとろけるような《うるわしの宵》など、いかにもハリウッド調のナンバーがしっかりと収録されている点もお見逃しなく。ランザのストレートな快唱が楽しめるアルバムです。(2003/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120668