Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ギスランツォーニ, アントニオ(1824-1893)

Search results:67 件 見つかりました。

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲(カリーニア/ジーリ)(1946)

    1930年代から40年代のイタリア・オペラ界の、オールスターによる《アイーダ》です。ローマ歌劇場はスカラ座の対抗馬として、ファシスト時代に著しく陣容を強化されましたが、第2次世界大戦終了1年後のこの録音の時期にも、その余韻は充分なまでに残っていました。指揮は34年以来この歌劇場の指揮者をつとめるトゥリオ・セラフィン(1878~1968)、ラダメスにはベニアミーノ・ジーリ(1890~1957)。このテノールは10年程前からこの役を歌いはじめ、この時期には十八番のひとつとしていました。他の配役にもベテラン歌手たちが勢ぞろいしています。(山崎浩太郎)(2001/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110156-57

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲(カラス/セラフィン)(1955)

    カラスの「アイーダ」と言えば、メキシコ・シティーで50年にバウム(ラダメス)、51年にデル・モナコ(同)と共演した際の、伝説的な3点Esへの跳躍が語り継がれていますが、それなくとも偉大なカラスの劇的歌唱は、このグランド・オペラにおいて燦然と輝いています。「勝ちて帰れ」などで見せる力強さと繊細さ、同時代においてこれだけの表現力を持つ歌手を挙げることは難しいでしょう。オバート=ソーンによる優れた復刻技術によって、カラスのみならず、タッカー、バルビエリらの声もきわめて鮮明に再現されたこのCDは、スカラ座に於ける録音のうち、もっとも印象深いものとなってよみがえりました。スペクタキュラーな興奮が存分に味わえる一枚です。(2007/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111240-41

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」(テバルディ/デル・モナコ/ローマ聖チェチーリア音楽院合唱団&管弦楽団/エレーデ)(1952)

    このCDは1952年にイギリス・デッカが録音したモノラルLPの覆刻盤です。マリオ・デル・モナコ(1915-82)とレナータ・テバルディ(1922- )はLP初期のデッカ・レーベルのオペラ全曲盤で大活躍したコンビですが、この《アイーダ》はデル・モナコがデッカに録音した最初の全曲盤で、テバルディとのコンビによる初のオペラ録音ということになります。なおデル・モナコは55年以降、ラダメス役を限られた機会にしか実演では歌わなくなりました。同様に商業録音でもこの後は歌っておらず、当盤が唯一のスタジオ録音盤となっています。(山崎浩太郎)(2004/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110129-30

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲(ミラノフ/ビョルリング)(1952)

    声質は澄み、厚みがあり、ピアニシモから一気に膨らみ上がる強烈なフォルテシモ。その劇的な表現力を持つミラノフは、まさにドラマティコ中のドラマティコ・ソプラノの名花でありました。2幕最終場でのハイEsへの跳躍こそないにしろ、彼女のゆらぎのない声は合唱を圧倒し、高らかに響きわたります。胆力あふれるウォーレンに、「永遠の青年」の美声を持ったビョルリンク、加えてクリストフが集うという、当時としては最高のメンバーによる、最強の「アイーダ」です。ボーナス・トラックの「仮面舞踏会」もハイライトながら聞き所満載。若きピーターズがリリックでユーモラスな歌声を披露しています。(2006/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111042-44

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」(ソフィア国立歌劇場管/マリノフ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C51198

  • 詳細

    ヴェルディ:歌劇「アイーダ」(ハイライト)(RTEフィルハーモニー合唱団/アイルランド国立響/サッカーニ)

    ヴェルディのオペラの中でも傑作中の傑作「アイーダ」は、何と言っても豪華絢爛舞台を見るのが一番。演奏会場に足を運ぶ前に効果的な予習をするなら、必ずしも全曲を聴くことはありません。忙しい貴方にはハイライト盤でも十分、そこでお薦めするのが当盤です。サッカーニの緊張度が高く引き締まった指揮と、主役級の歌手たちの健闘でコストパフォーマンスの高さが際立つ全曲盤から、テノールのアリアの名曲2や、壮麗な合唱曲7など、これを聴けば「アイーダ」の美味しいところがわかるという名場面を選んでお届けします。(2001/02/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554706

  • 詳細

    ヴェルディ/スコット/ブラームス/シェリー:ローザ・ポンセルのアメリカ録音集第1集(1923-1929)

    (2009/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111138

  • 詳細

    ヴェルディ/ドヴォルザーク/ルビンシュテイン/ベッリーニ:ローザ・ポンセルのアメリカ録音集第4集(1923 - 1929)

    20 世紀を代表する名ドラマティック・ソプラノ歌手ローザ・ポンセルはあのマリア・カラスが「最も偉大な歌手」と褒め称えたほど素晴らしい才能を持ち合わせていました。彼女の華々しい経歴の中でも特筆すべき事項が1927~28 年のメトでの「ノルマ」の上演でしょう。1892 年にロッテ・レーマンが歌って以来、この役を歌えるソプラノがいなかったため実に35 年間上演されなかったというこのオペラ、彼女が完璧に歌ったことで大成功を収めたのです。ここに収録された「ノルマ」は1929年の録音で、輝かしく崇高な全盛期の声が捕らえられています。(ウォード・マーストン復刻)(2008/01/16 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111141

  • 詳細

    ヴェルディ/トスティ/マスネ/他:ローザ・ポンセルのアメリカ録音集第3集(1923 - 1929)

    40歳の若さでオペラの舞台から引退してしまった名花ローラ・ポンセルの全盛期、1923年から29年の録音集。ここには彼女が最も得意としたレパートリーの数々が収録されています。彼女の力強い中低音域の声の響きは、多くのオペラのヒロインに新たな命を吹き込み、全ての聞き手を興奮の渦に巻き込みました。そんな彼女の輝かしい歌声をご堪能ください。(2007/10/17 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111140

  • 詳細

    ヴェルディ/プッチーニ/ワーグナー:テノールのためのオペラ・アリア集(トドロヴィチ)

    (2011/07/27 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC793