Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



バッハ, カール・フィリップ・エマヌエル(1714-1788)

Search results:71 件 見つかりました。

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:宗教的歌曲集 (マイン/チャールストン)

    J.S.バッハとマリア・バルバラの次男にあたるカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-1788)。彼が活動した時代は、そろそろバロックから古典派に移り変わるころであり、その作品もテレマンから受け継いだ「ギャラント様式」(明晰で簡潔。華美になり過ぎたバロック様式への反発)や、感情表現を重視した「多感様式」に傾倒したものになっています。この宗教的歌曲集は、父バッハの様式よりもベートーヴェンやハイドンに近い雰囲気を感じさせるもので、自由であり、また流麗なメロディに満ちています。マインの堅実ながらも柔らかい声と、チャールストンのクラヴィコードの繊細な音色がマッチした美しい演奏です。(2014/04/23 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0248

  • 詳細

    C.P.E.バッハ:宗教的頌歌と歌曲集(ミールズ/レミー)

    (2004/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777061-2

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:祝祭カンタータ集 - 主を讃えて歌え/勝ち誇れ(マウフ/オイツィンガー/カントゥス・チューリンギア/クラップロット)

    このアルバムに収録された2曲の祝祭カンタータは、それぞれC.P.E.バッハの生誕300年を記念して2014年3月8日にライプツィヒの聖トーマス教会で演奏、収録されたものです。最初のカンタータは、C.P.E.バッハがハンブルクに転出した頃の作品で、テキストはテレマンとも協力関係にあった牧師Christian Wilhelm Alersによって書かれており、C.P.E.バッハ自身の交響曲にも匹敵するほどの華麗な曲が付けられています。2曲目は合唱部分に工夫が凝らされており、シンプルでありながらも、時には叙情的な雰囲気も感じられる魅力的なカンタータ。鍵盤奏者としても名高いクラップロットが、これら未知の作品を現代に鮮やかに甦らせています。(2017/04/21 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777958-2

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:シンフォニア集(Wq. 173, 174, 175, 178, 180)(レサミ・ド・フィリッペ/レミー)

    協奏曲でもその傾向がありますが、C.P.E.バッハの短調作品は一種鬼気迫るものがあります。このアルバムの中のホ短調交響曲は、他の長調交響曲と比べて格段の緊張感と斬新な感覚を示していますし、長調交響曲の緩徐楽章で短調で書かれているものや、両端楽章中で短調的フレーズが登場する所などに、オッ!と耳をそばだてさせる「技」が光っています。さらに休符の使い方や予想外の不協和音的展開などで効果的な「引っかかり」を用意したり、Wq.180 の第1楽章から第2楽章への突拍子もない移り方など聴き手を惑わす(または魅了する)など小技もたんまりと用意されています。C.P.E.が残した交響曲の数は少ないですが、独創性という面では他の交響曲作家に決して引けをとってはいないようです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999418-2

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:ソナタとロンド集(ヒンターフーバー)

    大バッハの最初の妻の2番目の息子カール・フィリップ・エマヌエル。ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンら、同時代の大作曲家たちから尊敬された彼の鍵盤音楽が、何故か、20世紀終わり頃から、ピリオド楽器ではなく現代のピアノでとりあげられるようになってきています。時流に遅れないように、これらの音楽に耳を傾けてみましょう。なるほど、急速な楽句や変転する調性が織り成す、激しい音楽表現。これは現代のピアノの表現力にぴったりマッチ。ソナタの急速楽章や、「ロンド変ロ長調」などが特に優れています。将来を特に嘱望されている若手ヒンターフーバーの演奏が見事。アーチストのサイトも公開されています。(URLはブックレット参照)(2005/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557450

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:チェロ協奏曲集 Wq. 170-172 (ヒュー/ボーンマス・シンフォニエッタ/シュトゥット)

    当時は偉大な父よりも有名だったカール・フィリップ・エマヌエル・バッハは、チェンバロ奏者として名をはせ、作曲家としても多作家で大活躍しました。いわゆる「多感時代」に属する作曲家で、その音楽は感情や情緒の直接的な表出を特徴とします。チェンバロ協奏曲を編曲したこのチェロ協奏曲でも、特に緩徐楽章にその魅力が全開、疾風怒涛の急速楽章も聴かせます。国際的に活躍するイギリスの若き名チェリスト、ヒューの演奏でどうぞ。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553298

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:チェンバロ協奏曲 Wq. 14 /W.F. バッハ:チェンバロ協奏曲 F. 41 /J.C. バッハ:チェンバロ協奏曲 C73 (ショルンスハイム/ベルリン・バロック・カンパニー)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10580

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:チェンバロ協奏曲集 - Wq. 3, 32, 44, 45 (レミー/レサミ・ド・フィリッペ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999566-2

  • 詳細

    C.P.E. バッハ:チェンバロ協奏曲集 Wq. 30, 37, 38 (レサミ・ド・フィリッペ/レミー)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999350-2

  • 詳細

    C.P.E.バッハ:トリオ・ソナタ集 Wq. 144, 145, 146, 147, 148, 149, 150, 151 (レサミ・ド・フィリッペ)

    (2003/03/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999495-2