Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ホルスト, グスターヴ(1874-1934)

Search results:56 件 見つかりました。

  • 詳細

    パヌフニク/ヴォーン・ウィリアムズ/タヴナー/グレツキ/マンテュヤルヴィ/ニューステッド:合唱作品集(エクスルターテ・シンガーズ)

    様々な国や時代に息衝く献身と慰めの音楽。これらを幅広く集めた心安らぐ1枚です。ロシア正教の流れを組むラフマニノフ、タヴナーの神秘的な音楽や、賛美歌が盛んな国であるイギリスからはホルストとヴォーン・ウィリアムズの壮麗な神への祈り。そしてヴィレットとニューステットの2曲はマリアへの祈りです。「悲歌のシンフォニー」で知られるグレツキの作品は驚くほど力強いパワーを秘めたもので、これは彼の祖国ポーランドに教皇ヨハネ・パウロ二世が訪れた際の記念式典で歌われたもので、ラテン語の「Totus Tuus(全てはあなたのもの)」は教皇がモットーとしていた言葉です。クリスマスの神秘を歌ったマンティヤルヴィ、そしてタイトルにもなった作品は、ロクサナ・パヌフニクのもの。彼は名作曲家&指揮者アンジェイの息子であり、現代イギリスを代表する作曲家の一人でもあります。(2012/06/20 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572760

  • 詳細

    パリー/スタンフォード/スタイナー/ネイラー/ウォルトン:合唱作品集(グレート・ブリティッシュ・アンセムス)(ヴァサーリ・シンガーズ)

    荘厳で華麗な合唱曲を聴きたかったら、まずこのアルバムを手にしてみてください。英国の伝統を受け継いだ聖歌の数々を、国内人気№1のヴァサーリ・シンガーズが熱き共感を持って歌いあげています。バリーの美しい抒情詩から始まり、19世紀から20世紀のイギリスを代表する7人の作曲家たちの「思い思いの神への賛辞」が並べられています。スタンフォードの華麗すぎる「マニフィカト」、オルガニスト、スタイナーの荘厳な「私は主を見た」、イギリスのオペラ作曲家ネイラーの力強い無伴奏合唱、「ベルシャザルの饗宴」で知られるウォルトンの「十二使徒」、シンプルな響きが魅力的なホルスト、そして最後は日本でも人気急上昇、フィンジの感動的な曲で締めくくるという、何とも贅を尽くした1枚です。(2011/04/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572504

  • 詳細

    ヒンデミット/ホルスト/グレインジャー/シュワントナー:吹奏楽作品集(ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル/パーカー)

    すでに2枚のアルバムをNAXOSからリリースしているアメリカのピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル、今回もバラエティ豊かな選曲でファンを魅了します。吹奏楽好きにはたまらないホルストの組曲や、これも外せないグレインジャーの「リンカンシャーの花束」はもちろんのこと、曲の存在は知られているのだけど、あまり耳にする機会がないヒンデミットの「交響曲変ロ調」など、まさに文句の付けどころのないほどの出来栄えです。さてこの1枚、流行の仕掛け人となりますでしょうか???2009/09(2009/09/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572242

  • 詳細

    プッツ:ミレニアム・カノン/ニューマン:マイ・ハンズ・アー・ア・シティ/ホルスト:鍛冶屋(ジョージア大学ウィンド・アンサンブル/リンチ)

    このアルバムに収録された作品を書いたのは、ほとんどが1970年代生まれの若手作曲家たち。さすが、瑞々しい感性に裏打ちされた曲ばかりです。やはりこういう曲は「自分たちで演奏してみたい」と思わせるのがツボ。壮麗でカッコいい「ミレニアム・カノン」などはその最たる曲と言えましょう。他にも大いなる自然賛歌ともいえるニューマンの曲、豪壮な岩山を描いたキュスターの曲、嵐が去った後に巣から飛び立つカワセミに希望を託したというマッキーの曲、など個性豊かです。非の打ちどころなきジョージア大学ウィンド・アンサンブルの演奏で。(2009/08/26 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572231

  • ベスト・オブ・ブリティッシュ・ミュージック

    (2007/11/14 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570573-74

  • ベスト・オブ・ロンドン

    (2008/09/10 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572098-99

  • 詳細

    ベツレヘム・ダウン

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557581

  • 詳細

    ベツレヘムの奇跡 - クリスマス合唱曲集(ハノーヴァー・スクエア・セント・ジョージ合唱団/ダーロー/ハルシー)

    英国の伝統を汲む美しいクリスマス合唱曲集。ブラームスやバッハの作品も含みながらも、全体は無伴奏、もしくはオルガン伴奏によるイギリスらしい荘厳なハーモニーが溢れています。時折挟まれるオルガン・ソロが良いスパイスとなった、静かに聴きたい1枚です。(2019/02/15 発売)

    レーベル名:SOMM Recordings
    カタログ番号:SOMMCD211

  • 詳細

    ホルスト:2台のピアノのための作品集(チェンバレン/ヴォースター)

    オーケストラ名曲定番中の定番「惑星」を、作曲者編曲によるピアノ2台版でお届けします。「オルガン、女性合唱までを駆使した大管弦楽を、たった1種類の楽器で演奏して面白いのか?」という疑問も当然ですが、実はこれがなかなか面白いのです。ピアノならではの鋭さ、身軽さ、自在さがもたらす、代用品の次元を超えた独自の世界はとても新鮮でイケています。「水星」での急速なパッセージの粒立ちの良さや、「天王星」でのパーカッシヴな低音打撃の面白さなど、いままでにない「惑星」像を見つけていただけることでしょう。また併録の「どこまでも馬鹿な男」に現れる、風変わりな7拍子も注目です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554369

  • 詳細

    ホルスト:2つのヴァイオリンのための二重協奏曲/セント・ポール組曲/夜の歌(イングリッシュ・シンフォニア/グリフィス)

    NAXOSでも多くの盤をリリースしていますが、20世紀イギリスからは多数の良質な弦楽合奏曲が生み出されています。ホルストもその例外ではなく、当盤には彼の弦楽合奏曲、もしくは弦楽のウエイトが高い楽曲が集められています。中でも最も有名なのは、彼が勤務していた女学校の合奏団のために書いた「セントポール組曲」でしょう。民謡を主体とした親しみやすい楽想で、終楽章では「グリーン・スリーヴス」が対旋律として導入されていたりします。その他、作品の出来映えのよさに比して、存在すらよく知られていない「秘曲系」がてんこ盛り。大オーケストラが絢爛豪華に鳴り響く「惑星」とはまた違った、ホルストの魅力を存分にお楽しみ下さい。(2007/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570339