Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ベートーヴェン, ルードヴィヒ・ヴァン(1770-1827)

Search results:741 件 見つかりました。

  • ストラヴィンスキー: 交響的幻想曲「花火」/ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

    (2002/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110859

  • 詳細

    グラモフォン録音傑作集 第1集 (1907-1945)

    これ、いわゆる「名人」の「当たり芸」の集大成! エジソンの発明のおかげで、伝説の名人達のヒット曲が味わえます。ここでは録音状態の悪さ(スクラッチノイズや恐ろしく狭いダイナミックレンジ)も味のうち。パデレフスキーの「月光ソナタ」、ハイフェッツの「ホラ・スタッカート」、ラフマニノフの自作自演「前奏曲・鐘」、ストコフスキーの「小フーガ・ト短調」など、芸の「基本」がみっちり。こういうのを最近の若い人は軽視しがちであることは大変由々しき事態であると思う。正座して聴こう。(2001/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120569

  • 詳細

    ウディ・ハーマン 第2集:「ゲット・ユア・ブーツ・レースド、パパ」オリジナル・レコーディングス 1938-1943

    僕等、70年代以降のウディ・ハーマン楽団しか知らない人間にとっても、ハーマンはとってもモダンな爺だった。30年代にあってもこれがびっくり、当時としては凄くモダンなサウンド。クラリネットって、結構高音域は「いい音」がしないものだが、ここでは全く意に介さず、リードノートを吹くアレンジを多用。リズムもいわゆるエスニック系を多用するかと思えば正統スウィングビートまで、よく練られたサウンド構成。ここぞという瞬間に御大(と言ってもこの頃は若手バリバリ)のソロ登場。いやあたまりませんな。正確には時代がずいぶん異なるのだが、アントニオ・ロッカやルー・テーズ全盛時のアメリカン・プロレス的職人芸の凄みを見る思いだ。(2003/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120658

  • 世界の国歌 2019[10枚組]

    目まぐるしくグローバリゼーションが進む一方、全ての国は象徴である「国旗」と「国歌」を大切にしています。とりわけ「国歌」は各国の歴史が反映されたものが多く、各々の国の伝統と民族性の表明でもありますが、総括的に耳にする機会はあまりありません。しかし昨今では、国際的なスポーツ競技を自宅で目にすることも多く、各国の国歌を知る楽しみも増えてきました。また、外国の人々との交流、おもてなしの際にも役立つことでしょう。この10枚組BOXには、2019年現在における世界全ての国の「国歌」が収録されています。前作2013年版よりも更にパワーアップした内容となっており、例えば「イギリス」を例にとると、「女王陛下万歳」はオリンピック・ヴァージョンや短縮版まで様々な曲が用意されています。そして「第2の国歌」としておなじみエルガーの「希望と栄光の国」やパリーの「イェルサレム」も採用されています。また、国名の変更に伴い変更された国歌も採り上げられており各々の国の歴史にも興味が持てることでしょう。演奏、編曲は定評あるピーター・ブレイナー。全40ページのブックレット(英語)には全ての歌のタイトルと、国旗がカラーで掲載されています。2020年に向けて、盛り上がること必至のアイテムです。ちなみに試聴リンクの曲はブラジル連邦共和国の国歌です(CD2:18)(2019/12/20 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.201002

  • ベスト・オブ・ベートーヴェン

    (2020/07/17 発売)

    レーベル名:Idil Biret Archive
    カタログ番号:8.504055

  • BIRET, Idil: Best of Chamber Music (4-CD Box Set)

    2021年11月に70歳の誕生日を迎える、トルコ生まれの女性ピアニスト、イディル・ビレット。幼い頃から神童として名声を馳せ、ブーレーズやリゲティなど近現代作品を得意とするなど幅広いレパートリーを有していることでも知られています。この4枚組には彼女の数多い録音の中では比較的珍しい室内楽作品を収録。1980年のロンドン四重奏団とのブラームスや、2014年のシューマンなど、どれも記憶に残る名演です。また初CD化となるいくつかのコンサート音源も含まれており、なかでも1973年のイスタンブール国際音楽祭で演奏され、その模様が2020年にアンカラでラジオ放送されたメニューインとのベートーヴェンは貴重なもの。メニューイン自身も「第7番の冒頭部分のピアノがこれほどうまく演奏されたのは聞いたことがない」と絶賛したという演奏です。(2021/04/30 発売)

    レーベル名:Idil Biret Archive
    カタログ番号:8.504057

  • 戦いの音楽

    (2010/03/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570154-55

  • クラシカル・チル2

    (2010/10/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578009-10

  • BEETHOVEN, L. van: Symphonies Nos. 7 and 8 / WIDMANN, J.: Con brio (Bavarian Radio Symphony, Jansons)

    (2015/10/28 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900137

  • BEETHOVEN, L. van: Symphonies Nos. 1 and 2 / STAUD, J.M.: Maniai / MOCHIZUKI, M.: Nirai (Bavarian Radio Symphony, Jansons)

    (2015/10/28 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900138