Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



コルンゴルト, エーリヒ・ヴォルフガング(1897-1957)

Search results:85 件 見つかりました。

  • 詳細

    コルンゴルト:歌劇「死の都」(王立スウェーデン歌劇場管/セーゲルスタム)

    亡き妻マリーが忘れられないパウルは、踊り子マリエッタに妻を見出す。夢の中で、パウルはマリエッタと争い彼女を絞殺してしまう。夢から覚めた彼は、友人フランクの誘いでこの「死の都」から離れようと悟る物語。このオペラは稀代の神童コルンゴールト最大の成功作で、何と23歳になる年に初演されました。プッチーニとR=シュトラウスを融合させたような複雑な音楽は作曲年齢を感じさせません。しばらく録音が無く、これが待望のデジタル新録音、演奏家にはスウェーデンの実力派を揃え、しかも廉価盤です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660060-61

  • 詳細

    コルンゴルト:歌劇「死の都」(ニールンド/フォークト/フィンランド国立歌劇場児童合唱団/フィンランド国立歌劇場合唱団&管弦楽団/フランク)

    モーツァルトの再来と言われた23歳のコルンゴルトが書いた歌劇《死の都》。喪失と孤独をテーマとし、彼自身と父の共同執筆で台本を書いたこの作品は、1920年にオットー・クレンペラーの指揮によってケルンで初演され大成功を収めました。20世紀末より人気が高まり、優れた上演も目にするようになってきました。この2010年に行われたミッコ・フランクが指揮するフィンランド国立歌劇場でのカスパー・ホルテンのプロダクションは代表的な名演の一つに数えられるもので、なかでも主役を担う2人の歌手、クラウス・フローリアン・フォークトとカミラ・ニールンドの名唱は驚くべき完成度を誇っています。大きな評判となったDVDから、音のみを抽出したCDが登場。美しい音楽を存分に味わうことができます。(2022/03/25 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OACD9050D

  • 詳細

    コルンゴルト:歌劇「死の都」(フォークト/パヴロフスカヤ/フランクフルト歌劇場管&合唱団/ヴァイグレ)

    (2011/08/24 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC948

  • 詳細

    コルンゴルト:歌劇「ヘリアーネの奇蹟」(クレーマー/アルギリス/ストレイ/フライブルク劇場合唱団/フライブルク・フィル/ボロン)

    ある国の物語。暴君に死刑を宣告された異国の男。抗議する男の前に現れたのは、暴君の妻ヘリアーネ。男とヘリアーネは惹かれあい、ついにヘリアーネは彼に一糸まとわぬ姿を見せてしまいます。自死する男、純潔を守りながらも、男への愛はあったと告白するヘリアーネ。怒る暴君は「本当に純潔であるなら男をよみがえらせることもできるだろう」と妻に告げますが・・・。

    「早熟の天才」コルンゴルトが4番目の歌劇《ヘリアーネの奇跡》を完成させたのは30歳の時。すでに、23歳の時に作曲した《死の都》で世界的評価を得ていた彼は、この《ヘリアーネ》で一層名声を高めることとなりました。コルンゴルトと同世代の表現主義作家カルトネーカーの作品を原作にしたこの歌劇の主題は、「世界は普遍的な愛で救済される」というもので、コルンゴルトは、あらすじのつじつまを合わせることよりも、官能性を前面に押し出し、ワーグナーを思わせる劇的で妖艶な音楽を付けることに終始しました。
    コルンゴルトの死後、作品が忘れられてしまったのは、ナチスによって「退廃音楽」に分類されてしまったこともありますが、もう少し整理された物語であったら(例えば《死の都》のように)もっと早くに人気が再燃していたかもしれません。しかしながら、この絢爛豪華な響きを味わうことこそ、コルンゴルトを聴く醍醐味と言えるでしょう。
    (2018/10/31 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660410-12

  • 詳細

    コルンゴルト:喜歌劇「愛の歌」(ミュージカル・コメディ管/クリンゲーレ)

    1931年、リチャード・タウバーとベルリンのメトロポール劇場からの依頼により、コルンゴルトがヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ《女王のレースのハンカチーフ》にいくつかの良く知られるワルツを埋め込み新しい作品として仕上げたのがこの《愛の歌》です。音楽は確かにヨハン・シュトラウスですが、粗筋は全く類似点がなく、ただ「シュトラウスの音楽を広めるため」だけの目的で作り上げられたものです。今回の上演はライプツィヒでの特別なプロジェクトであり、若い指揮者たちがオペレッタを学ぶためのワークショップの一環として企画されました。ヨハン・シュトラウスの名旋律が次々に現れる楽しい作品をじっくりお楽しみください。(2019/03/22 発売)

    レーベル名:Rondeau Production
    カタログ番号:ROP6167

  • 詳細

    コルンゴルト:喜歌劇「沈黙のセレナード」(ホルスト・シンフォニエッタ/ジモン)

    (2012/01/18 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777485-2

  • コルンゴルト:組曲 「から騒ぎ」 /シンフォニエッタ(ヘルシンキ・フィル/ストルゴーズ)

    ウィーンの後期ロマン派の作風をそのままハリウッドへ持ち込んだ作曲家、コルンゴルトの2つの作品です。「シンフォニエッタ」は1912年に書かれ1913年にF.ワインガルトナー指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によって初演され、当時人気を誇っていたR.シュトラウスに匹敵するほどの賞賛を得た作品です。全編、彼らしい豊かな楽想に彩られており、その管弦楽法も天才ならではの閃きに満ちています。シェイクスピアの同名の劇のための「空騒ぎ」は1918年から19年にかけて作曲され、1920年5月にウィーンのシェーンブルン宮殿で演奏されています。その後、ヴァイオリニスト、ルドルフ・コーリッシュのためにヴァイオリンとピアノのために5曲を抜きだし「組曲」としたものが現在親しまれていますが、この劇音楽版として書かれた15曲は、公式の演奏会で上演されることもなく、今回のこの演奏が「世界初録音」であり「世界初演」となったのです。15の各々の部分は見事な情景描写であり、後の映画音楽の大家としてのコルンゴルトを予見させるにふさわしい大作です。 ( 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1191-2D

  • /sharedfiles/images/cds/others/ODE1191-2D.gif

    1 ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号:2012.12.19

  • 詳細

    コルンゴルト:組曲/ピアノ五重奏曲(スペクトラム・コンサーツ・ベルリン)

    ピアノ三重奏曲などを収録した前作(8.574008)に続く、ベルリンの名アンサンブル“スペクトラム・コンサーツ・ベルリン”が演奏するコルンゴルトの室内楽作品集。今作では更に多彩な表現力を駆使し、コルンゴルト作品の持つ華やかさを歌い上げます。『組曲』は1930年の作品。戦争で右手を失ったピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインのために書かれた曲で、ピアノ・パートは左手だけで奏するように作曲されていますが、複雑な対位法が随所に用いられており、演奏難度は非常に高く、決して両手が紡ぎ出す響きに劣ることはありません。荘重な前奏曲とフーガ、軽やかなワルツ…と曲ごとに表情が変わり、聴き手の耳を飽きさせることがありません。1922年の「ピアノ五重奏曲」は歌劇《死の都》の大成功の直後に書かれた美しい作品。伸びやかな旋律と厚みのあるハーモニーが魅力的。(2020/11/13 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.574019

  • コルンゴルト:劇音楽「空騒ぎ」(ノースカロライナ芸術学校音楽学部管/マウチェリ)

    最近、著しく復興を遂げた作曲家の一人に「コルンゴルト」がいます。映画音楽の分野では「コーンゴールド」という名で知られ、その後期ロマン派の重厚な音色は後のハリウッドにおけるサウンドトラックの礎ともなっています。そんな彼は少年時代より「神童」として知られ、この「空騒ぎ」も23歳の時の作品ながら、それ以前にいくつもの作品を上演し、既に高い名声を得ていた作曲家の新作として迎えられたものです。シェークスピアを原作にした作品で、今までは彼自身が編纂したヴァイオリンとピアノのための組曲がしばしば聴かれていましたが、最近はこのような全曲版も世に出始めています。なんとも機知に富んだ「完成された」音楽です。 ( 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0160

  • /sharedfiles/images/cds/others/TOCC0160.gif

    1 ( 発売)

    レーベル名
    カタログ番号:2013.04.24

  • 詳細

    コルンゴルト:弦楽四重奏曲第1番 - 第3番/ピアノ五重奏曲 Op. 15 (シーグフリードソン/アロン四重奏団)

    最近、復興著しい作曲家コルンゴルトですが、彼のオペラやヴァイオリン協奏曲は耳にすることがあっても、なかなか室内楽作品までは聴く機会がないのではないでしょうか?しかし彼自身は室内楽のジャンルを心から愛していて、その生涯に様々な愛らしい作品を生み出しました。彼の大管弦楽作品は、とろけるような和声と華麗なオーケストレーションが特徴ですが、室内楽を書く時にもその作風を抑制することはなく、出来上がった作品も常に大規模な編成を念頭に置いた「凝縮された管弦楽」の味わいを持っています。まるでブルックナーの弦楽五重奏を思わせる濃厚さと、透明な美しさを併せ持つ独特な音をお楽しみください。(2009/11/25 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777436-2