Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ブレイナー, ピーター(1957-)

Search results:49 件 見つかりました。

  • 詳細

    マイ・ファースト・クリスマス・アルバム

    NAXOSの人気シリーズ「マイ・ファースト~」は、初めてクラシック音楽に触れるお子様だけでなく、大人の方でも様々な発見ができる楽しいコンピレーションです。この「クリスマス・アルバム」は、良く知られたクリスマス・ソングの他、、伝承曲(時には現代的なアレンジが施されています)や、北欧でひっそり歌われている曲など、バラエティ豊かな選曲が魅力。「音楽なしのクリスマス」なんて想像できない!そんな方にもおすすめします。(2016/11/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578340

  • 詳細

    マイ・ファースト・チャイコフスキー・アルバム

    偉大なるロシアの作曲家チャイコフスキー。彼の一生は決して幸せなものではなく、涙することも多かったといいますが、彼が書いた音楽はどれも格別に美しく、聴く人を幸せな気持ちへと導いてくれることは間違いありません。バレエ音楽を中心に、珍しい曲(弦楽四重奏のための2つの作品など)までをカバー。これ1枚あればチャイコフスキーがダイスキになることでしょう。(2012/04/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578214

  • 詳細

    ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」/死の歌と踊り/子供部屋(管弦楽編:P. ブレイナー)(ニュージーランド響/ブレイナー)

    お馴染みの楽曲をバロック風に料理した「ビートルズ・ゴー・バロック」や「クリスマス・ゴー・バロック」など、気の利いたアレンジで人気の高いマルチ・アーティスト、ピーター・ブレイナーの新たなオーケストレーションによる「21世紀の『展覧会の絵』」がお披露目となりました!誰もが知るこの名曲中の名曲をより現代的なサウンドに生まれ変わらせています。ただし特殊な楽器やプログラミングは使用せず、伝統的なオーケストラ編成の範疇で創意工夫を凝らしたもの。主に木管楽器と打楽器を拡張し、アイディア溢れるコンビネーションで誰も聴いたことのない『展覧会の絵』を描き出しています。特に『ビドロ』『カタコンベ』『キエフの大門』などのどっしりとした曲では打楽器が強調され、そのまま大作映画のスコアに転用できそうなスケール感を演出。 他では決して聴くことのできない「エクストリーム・ムソルグスキー」を是非体感してください!(2013/12/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573016

  • 詳細

    ヤナーチェク:歌劇からの管弦楽組曲集 1 - イェヌーファ/ブロウチェク氏の旅(編曲:ブレイナー)(ニュージーランド響/ブレイナー)

    かの小澤征爾もテレビ番組の中で「ヤナーチェクの音楽ほど面白いものはないです」と語っていたくらい色彩的で豊かな音楽。それをまたNAXOSの名編曲者&名指揮者ブレイナーがうまい具合にまとめたのがこのアルバムです。第1集は「イェヌーファ」と「ブロウチェク氏の旅」からの音楽集。実はこれらの作品、イェヌーファの方は比較的あらすじもわかりやすいのですが、ブロウチェク氏の方は、あまりにも凝った作りのためか却って筋立てが難解になってしまっています。しかしここで聴ける音楽は極めて明快。多用される弦のユニゾンが思いきり雰囲気を高めてくれます。(2009/04/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570555

  • 詳細

    ヤナーチェク:歌劇からの管弦楽組曲集 2 - カーチャ・カバノヴァー/マクロプロス事件(編曲:ブレイナー)(ニュージーランド響/ブレイナー)

    第1集(8.570555)に続く、ブレイナーによる華麗なる編曲で聴くヤナーチェクのオペラ名旋律集です。今回取り上げられたのは、人妻の官能的な恋愛を描いた「カーチャ・カバノヴァー」と、ふとしたことで不老不死になってしまったオペラ歌手の物語「マクロプロス事件」の2演目。ここでもブレイナーの施した編曲の素晴らしさは言葉に尽くせません。例えば「カーチャ」でのクライマックス、カーチャが愛人の名を告げて嵐の中に飛びだして行く場面での、段階的な音の増やし方などは聴いているだけでぞくぞくしてしまいます。不気味さと、妙な明るさが入り混じる「マクロプロス」も聴きもの。不条理なのだけど許してしまいます。(2009/06/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570556

  • 詳細

    ヤナーチェク:歌劇からの管弦楽組曲集 3 - 利口な女狐の物語/死者の家から(編曲:P. ブレイナー)(ニュージランド響/ブレイナー)(ニュージーランド響/ブレイナー)

    昨今のブームですっかり市民権を得たヤナーチェク(1854-1928)ですが、まだまだオペラとなると、言葉の問題もあってか「なかなかハードルが高いな」と思うのが心情ではないでしょうか?そんな方にオススメしたいのが、このNAXOSのシリーズです。第1集、第2集ともに大好評ですが、今回は何と言っても名作「利口な牝狐~」が収録されているのが嬉しいところです。ヤナーチェクの作品の中でもとりわけ親しみ易いこのオペラ、どうぞたっぷりご堪能ください。もう1曲はシリアス極まりない「死者の家から」。ドストエフスキーの大作を元にした作品で、原曲の持つ極限まで張り詰めた緊張感が上手く表現されたすばらしい編曲となっております。ヤナーチェクの幻惑的な音楽のとりこになりそうです。(2009/10/21 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570706

  • 詳細

    夢と安らぎの名曲集 - アンダンテ

    長きにわたり、万人から親しまれてきたレパートリーはやはりいいものです。シューベルトの「未完成」や、モーツァルトのクラリネット協奏曲といった超名曲の、涙の出るような絶美ぶりはいわずもがなですが、重厚長大が好まれる近年は今一つ流行らない、メンデルスゾーンの無言歌で聴かれる屈託のないロマンティシズムも、見直されてしかるべきでしょう。ややマイナー路線では、ロシアの隠れた名匠リャードフの「魔法にかけられた湖」がお薦めです。微妙に色彩を変化させながら紡がれる、ゆったりとした響きの美しさには、本当に魔法にかけられてしまいそうです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556606

  • 詳細

    夢と安らぎの名曲集 - インテルメッツォ

    ちょっとマイナーな曲ですが、何はともあれスークの弦楽セレナードをお試し下さい。何と素朴で雄大、そしてロマンティックな歌なのでしょうか。静かに始まり、次第に高まり熱く切なく歌われ、消えるように終わっていく・・・。あたかもボヘミアの風景が目の前に広がってくるかのようです。またブラームスの作品の中でも、とりわけ晦渋なイメージを持たれがちな最晩年のピアノ小品、インテルメッツォ(間奏曲)も、こうして他のジャンルの曲に混ぜて1曲だけ抜きだして聴いていみると、実は親しみやすい、しみじみとした心の歌なのだと感得させられます。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.556616

  • 詳細

    ロシアのロマンス名曲集

    センチメンタルなロシア艶歌大好き派にとっては、たまらない一枚の登場です。「ヴォルガの舟歌」、「黒い瞳」、「カリンカ」といった超名旋律を含むロシア民謡の数々を、NAXOSではもうおなじみの名編曲家ペーテル・ブレイナーが、実に泣かせる豪華オーケストラアレンジに仕立て上げています。次々に繰り出されるちょっと大袈裟な「泣かせ」のテクニックには、「セミ・クラシックはやっぱりこうでなくちゃ」と頷かせられることしきりです。西崎崇子のヴァイオリンも、そういった「泣かせてナンボ」といったアレンジの要求に応えて臆することなく演歌しており、素晴らしくエンタテイニングな1枚となっています。(2001/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555331