Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ミヨー, ダリウス(1892-1974)

Search results:54 件 見つかりました。

  • 詳細

    ミヨー:組曲/スカラムーシュ/ヴァイオリン・ソナタ第2番/ソナチネ(フェサール/プラシー/レイエス)

    フランス6人組の一人、ミヨーは膨大な作品を残した事で知られています。それは、演奏会用の曲、映画音楽、吹奏楽までありとあらゆるジャンルに渡り、作風も曲によって様々。とにかく攻略しがいのある作曲家です。若い頃、仕事の関係でブラジルに滞在していたこともあってか、驚くほど情熱的な面が顔を出すこともあったり、新古典派的な機能的な面もあったり、また亡命後のアメリカでは、ロマンティックさも加わるという面白さ。このアルバムでは、どちらかというと明るく楽しい曲を中心に収録。もとはモリエールの喜劇「空飛ぶお医者さん」の音楽を改変した「スカラムーシュ」、もともとはチャップリンの無声映画のために書かれた「屋根の上の牡牛」。どちらもブラジルの香りが漂う名曲です。他の曲もステキ。とにかくイケテル1枚です。(2010/11/17 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572278

  • 詳細

    ミヨー/ケクラン/ウォード/エルガー:管弦楽作品集(オランダ南部フィルハーモニー管/ウォード)

    【管弦楽が語りかける物語を集めて】純粋器楽による管弦楽が語り掛ける物語、をテーマにしたアルバム。ジャズのイディオムを用いて天地創造を語るミヨー、美しく雄大な星空を描いたケクラン、そしてエルガーが囁きかける様々な人物像と謎かけを色彩感豊かな演奏で収録しています。ダンカン・ウォードによる「煙」は、インドを訪れてその音楽に魅せられたことと、後年ラヴィ・シャンカールに出会って受けた影響が形になった作品。(2022/11/25 発売)

    レーベル名:Fuga Libera
    カタログ番号:FUG803

  • 詳細

    ミヨー:弦楽四重奏曲第1番 Op. 5 /ショーソン:終わりなき歌/ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ短調/ルクー:夜想曲(ペーターゼン四重奏団)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C71002

  • 詳細

    ミヨー:弦楽四重奏曲第1番/ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調/ショーソン:終わりなき歌(ペーターゼン四重奏団)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10860

  • 詳細

    ミヨー:室内交響曲第1番 - 第6番/屋根の上の牡牛/シザルパン組曲(ルクセンブルク放送管/ミヨー)

    1974年まで存命だったため、数多くの自作自演を録音に残したミヨー。この一連の「室内交響曲」を含むアルバムはその代表的なもののひとつとして知られています。他、ルイ・ド・フロマンの指揮による「屋根の上の牡牛」などのバレエ作品や協奏曲も収録。タンゴやジャズからも影響を受けたというミヨーの多彩な作風がじっくり味わえます。(2021/12/24 発売)

    レーベル名:Vox Box
    カタログ番号:CDX-5109

  • 詳細

    ミヨー:神聖祭儀 Op. 279 (チェコ・フィル/シュワルツ)

    フランス人作曲家ミヨーと言えば、陽気で楽しい音楽を書く人というイメージが、何となくできあがっているのではないでしょうか。当盤は、知られざるミヨー像を提示してくれます。「金曜日の夕べのための追加の祈り」と組み合わせることで、初めて作曲家が意図する完全な形で「神聖祭儀」が録音されました。こんなにも美しく、敬虔で、慈愛に満ちた宗教的声楽曲がミヨーにあったとは、嬉しい驚きであり、多くの方々に知っていただきたいのです!巨匠指揮者たちとの数多くの共演で有名なプラハの合唱団と、伝統のチェコ・フィルという豪華布陣でお届けします。(2005/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.559409

  • 詳細

    ミヨー:声楽作品集(カッツ/シフェルシュタイン)

    (2012/12/19 発売)

    レーベル名:Timpani
    カタログ番号:1C1142

  • 詳細

    ミヨー:地中海風序曲/ケンタッキアーナ/葬送の行列/4つのロンサールの歌

    (2005/11/01 発売)

    レーベル名:First Edition
    カタログ番号:FECD-0031

  • 詳細

    ミヨー:バレエ音楽「世界の創造」/バレエ音楽「屋根の上の牡牛」/プロヴァンス組曲(リール国立管/カサドシュ)

    フランス六人組の一角で、20世紀の作曲家としては稀なほどの多作家であったミヨーは、ジャズやブラジル音楽の影響を強く受けた作風で親しまれています。当盤はそんな彼の作品の中でも、最もポピュラーなオーケストラ曲を集めています。どの曲も陽気なラテン的なリズムが随所に登場し、特に「男とその欲望」では笛が盛んに吹き鳴らされたりして、気分はほとんどカーニバルの部分もあります。もちろんノーテンキはノーテンキなのですが、その裏方には、復調性やポリリズム、旋律の重ね合わせなどによる重層的な響きの構築など、彼の持ち前であった、堅牢極まりない作曲技術の粋があり、それが作品に豊かな奥行きを与えています。(2005/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557287

  • 詳細

    ミヨー:ピアノ協奏曲全集(コルスティック/南西ドイツ放送カイザースラウテルン管/フランシス)

    (2007/01/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777162-2