Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



グノー, シャルル=フランソワ(1818-1893)

Search results:114 件 見つかりました。

  • 詳細

    グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」(メトロポリタン歌劇場管/アッセルマン)(1935)

    第2次世界大戦以前の欧米の歌劇場で人気を集めながら、戦後は突然に忘れられてしまったオペラが、このグノーの《ロメオとジュリエット》です。しかし近年はその抒情的な美しさが再評価され、上演の機会を増しつつあります。この1935年のメトロポリタン歌劇場のライヴ中継は録音こそ古く、雑音も聞かれますが、この作品がかつてどのように演奏されていたかを示す、歴史的に高い価値をもつ録音です。名歌手メルバに学び、19世紀以来の歌唱法を伝えるエイデ・ノレナ(1884-1968)の優美な歌声を中心に、素晴らしい歌手たちが勢揃いしています。(山崎浩太郎)(2003/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110140-41

  • 詳細

    グノー:交響曲第1番, 第2番(ベートーヴェン・アカデミー/ニケ)

    (2012/12/19 発売)

    レーベル名:Timpani
    カタログ番号:1C1102

  • 詳細

    グノー:交響曲第1番 - 第3番(スイス・イタリア語放送管/カエターニ)

    グノー(1818-1893)の作品で人気ランキングをつけるとしたら、1位はあのバッハの曲に基づいた「アヴェ・マリア」であり、その次には一連のオペラが来ることでしょう。そんなグノー、実は素晴らしい交響曲を書いているのですが、あまり聞かれることはありません。音楽辞典には「2曲の交響曲」のみが掲載されていますが、実はもう1曲あることを知っている人はどれほどいるのでしょうか?彼の交響曲は、どれもハイドンの影響が感じられる古典的なものであり、第3楽章にはスケルツォ(メヌエット)が置かれるなど、極めて整った形式を有しています。問題の第3番(世界初録音)は、この録音のために、グノーの関係者からスコアの使用許可を取ったという貴重なもの。ファン必聴の1枚と言えるでしょう。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777863-2

  • 詳細

    グノー:交響曲第1番, 第2番(シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュ/ガロワ)

    バッハ作品に旋律を付加した所謂「グノーのアヴェ・マリア」が突出して有名なグノーですが、彼が1855年に作曲した、ボリューム感たっぷりの2曲の交響曲があまり親しまれていないのは、なんとも残念なことです。典型的な4楽章構成で、オーケストラの扱いにおいては、ベートーヴェンを感じさせるような響きも多いなど、19世紀中葉の作品としては、大変に「古典的」ともいえる内容となっていますが、その常に上品な楽想は魅惑的です。典雅な序奏と、特徴的なリズムを持つ主題が躍動する第1番の最終楽章、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲似の主題が美しい第2番の第2楽章などが、特に印象的と申せましょう。(2006/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557463

  • 詳細

    グノー/シュポア/シューマン/マイアベーア/ムソルグスキー:バスのためのオペラ・アリア集(ハヴラタ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10878

  • 詳細

    グノー/ビゼー/リムスキー=コルサコフ/グリンカ/ラフマニノフ:バスのためのオペラ・アリア集(ギャウロフ)

    一般的にバス歌手は、テノールやバリトン歌手のような華やかな役割を負う事がありません。確かに迫力ある歌声は、恋人と愛を語るよりも、手管を弄して女を横取りするか、善人に悪をささやくか、または陰謀を企てるか・・・こんな役がぴったりです。しかし、ブルガリア生まれの世界的バス歌手ニコライ・ギャウロフ(1929-2004)は、そんなイメージを逆手に取ったのです。彼の50回目の誕生日には、故郷のブルガリアの郵便局が記念切手を発行するほどの輝かしい人気を獲得しました。ソフィアで学び、レニングラード音楽院に留学、1957年にはカラヤンに指導を受け、ウィーンでアイーダのランフィスを歌います。その後着々と経歴を重ね、1965年にはザルツブルクで「ボリス・ゴドゥノフ」でデビューを飾ります。彼の活動の中心はミラノ・スカラ座であり、1977年に再婚したソプラノのミレッラ・フレーニとは良き芸術のパートナーとして、しばしば共演したことでも知られます。このアルバムでも、広い音域、深みのある声質で、どんなレパートリーでも手中に収めた完璧な歌唱を聴かせます。録音 1966,1969年ミュンヘン放送管弦楽団「日曜コンサート」より(2011/06/08 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900304

  • 詳細

    グノー/レオンカヴァッロ/ドニゼッティ/ヴェルディ/ビゼー:ソプラノのためのオペラ・アリア集(ブロンマー)

    1981年、ドイツのレオンベルクで生まれ、ミュンヘンの音楽芸術大学で学んだソフィア・ブロンマー。彼女は1998年と1999年にドイツ連邦の「青少年音楽コンクール」で賞を受賞、そして2008年には「バイエルン芸術賞」、2009年には「アウスプルク劇場賞」も獲得しています。2012年には超難関として知られるミュンヘン国際音楽コンクールで第3位に輝き、観客賞と特別賞も授与されています。デビュー・アルバムではシューマンやリヒャルト・シュトラウスなどのドイツ歌曲を歌い、完成度の高い表現力を披露しましたが、今回はベルカントのアリアを歌うことで、全く違う表情を見せてくれています。ベッリーニやドニゼッティ、そしてバーンスタインでは超絶技巧を駆使し、ヴェルディやレオンカヴァッロでは極めて抒情的な歌唱を聴かせます。今後の活躍が楽しみな歌姫です。(2014/10/22 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC1808

  • 詳細

    クリスマス・キャロル集(カリタのクリスマス)(マッティラ/トゥルク大聖堂合唱団)

    (2010/08/09 発売)

    レーベル名:Ondine
    カタログ番号:ODE1010-2

  • 詳細

    クリスマス・フェスティヴァル

    毎年必ず巡ってくるクリスマスの季節、街には御馴染みの音楽が流れ、否が応にも心が弾みます。ふと買い物で訪れた店、ホテルのロビー、待合室、喫茶店などでこんな曲が聴けたら嬉しいなあ...それをご自宅にお届けするのがこのアルバム。アメリカのポップクラシックのスター編曲者ヘイマンと彼のオーケストラに任せれば、BGMとしてはもう完璧です。御馴染みルロイ・アンダーソンによる誰もが知ってる旋律のメドレー以下、選曲のバラエティの広さもお楽しみください。なお15では合唱団が演奏に加わっています。(2001/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555029

  • 詳細

    芸術と音楽:ドガ - その時代の音楽

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.558144