Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ロドリーゴ, ホアキン(1901-1999)

Search results:62 件 見つかりました。

  • 詳細

    ロドリーゴ:アランフェス協奏曲/ヴィラ=ロボス:ギター協奏曲(クラフト/ウォード)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550729

  • 詳細

    ロドリーゴ:アランフェス協奏曲/ポンセ:南の協奏曲(カン・ユンホン/チェコ室内管パルドビツェ/ダレル・アン)

    2011年の「タイ国際ギター・コンクール」において僅か11歳で優勝、現在は巨匠マヌエル・バルエコに師事し研鑽を重ねる中国出身のカン・ユンホンをソリストに迎えたギター協奏曲集。誰もが知っているロドリーゴの「アランフエス協奏曲」、メキシコ生まれの国際的作曲家ポンセの「南の協奏曲」に加え、ユンホンに捧げられたジェラルド・ガルシアの「チャイナ・シングス」の3曲を収録しています。「チャイナ・シングス」は、中国で人気の2つの曲を元にした抒情的な雰囲気を持つ作品で、トレモロを多用した中国琵琶風の美しい音色をお楽しみいただけます。バックを務めるのは、第50回ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝者、ダレル・アン。チェコのオーケストラからそれぞれの曲に相応しい色彩的なサウンドを引き出す手腕が光ります。(2020/07/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.579053

  • 詳細

    ロドリーゴ:ヴァイオリンを伴う室内楽作品集(レオン/ヴィノクール/ルーケ)

    名作「アランフェス協奏曲」で知られるロドリーゴ(1901-1999)。ギター作品の作曲家と思われがちですが、実は彼は優れたピアニストでもあったため、ピアノ曲や室内楽作品も数多く作曲しています。200曲以上もあるその作品の中では、ヴァイオリン曲はあまり多くありませんが、どの曲にも強い叙情性と独創性が満ち溢れています。「おしゃれな」といった意味を持つ「ピンパンテ」と名付けられたソナタは、作曲家の義理の息子であるセルクル・ゴロワーズに捧げられた曲で、第2楽章のアダージョは熱烈なラテンのリズムを持つ中間部が印象的。民俗風のメロディが美しい「バレンシアの7つの歌」は多彩なメロディが次々と現れる楽しい曲。無伴奏で奏される「カプリッチョ」はサラサーテの生誕100年を祝して作曲された躍動的な小品。ギターとの二重奏「暁へのセレナード」はギターの妙技もたっぷり楽しめます。ロドリーゴ初期の作品「2つのスケッチ」の第1曲は、噴水の水の煌きがそのまま反映された前奏に導かれ、少女の恋心が切々と歌われます。第2曲目は活発なダンス。スペインのヴァイオリニスト、サルバトール・ジョセフィーナに捧げられた「ルーマニアーナ」も同じく情熱的なダンスです。トゥリーナ(8.570402)、モンサルバーチェ(8.572621)でその演奏が絶賛されたスペイン、カナリー諸島出身のヴァイオリニスト、エバ・レオンの演奏です。(2016/11/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572648

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 1 - ソレリアーナ/はるかなるサラバンドとビリャンシーコ(アストゥーリアス響/バルデス)

    20世紀末に惜しまれつつ世を去ったロドリーゴ。どうしてもギター音楽ばかりがクローズアップされますが、彼の業績が正しく評価されるのは今後かもしれません。その例が、ベルリンフィルも取り上げるほどの成功作ながら暫く忘れられ、死後に復活した「ソレリアーナ」。母国スペインの大作曲家ソレルの鍵盤楽器のためのソナタ(ナクソスでたっぷり聴けます)をベースに、18世紀のロココ趣味を前面に出し、耳に優しくて郷愁を誘う管弦楽曲に仕上がっています。「子供らしい小品」は、子供に聴かせる音楽というよりも大人が見た子供の世界を描いたもので、後にピアノ独奏曲に編曲されました。(2002/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555844

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 2 - アランフェス協奏曲/アンダルシア協奏曲(アストゥーリアス響/バルデス)

    いわずとしれた超名曲「アランフェス協奏曲」ですが、その完璧な美しさは、いくら誉めすぎても誉めすぎになるということはないでしょう。スペイン風味とギターという楽器同士にある、生来の相性の良さが最大限に生かされた、まさに非の打ち所のない傑作です。特に第2楽章! 最初はイングリッシュホルンで登場し、次に豊かな装飾を伴ってギターで奏される主題の魅力には、筆舌に尽くしがたいものがあります。併録の2曲も同様にスペイン情緒と美しい旋律満載で、じっと耳を傾けていると、心はもうスペインといった気分になってきます。ギターはちょっと、という方にも是非是非!聴いていただきたい1枚です。(2002/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555841

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 3 - チェロとオーケストラのためのギャラント風協奏曲/ヴァイオリンとオーケストラのための夏の協奏曲(カスティーヤ・イ・レオン響/ダルマン)

    ロドリーゴの協奏的作品といえば、ギターのための「アランフェス協奏曲」が突出した知名度を誇りますが、当盤に収録された2曲ずつのヴァイオリンとチェロのための作品も、勝るとも劣らない素晴らしい出来映えです。1~9までの大曲では、ロドリーゴ独特のスペインの民俗風味とリリシズムが貫かれると同時に、独奏楽器には至難な技巧が要求され(例えば8に登場する大規模なカデンツァなど)、特に弦楽器ファンには堪えられない魅力を持っているといえましょう。そしてトドメを刺すのが、最終トラック10の「カンショネッタ」です! 一転して単純なメロディーを歌うだけの簡素なつくりですが、その純な美しさはナミダモノの感動をお約束します!!(2003/02/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555840

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 4 - ピアノ協奏曲/ジャグラーたち(リゴリオ -/カスティーヤ・イ・レオン響/ダルマン)

    盤をかけてみると、いきなり耳に飛び込んでくるのは、やたらと威勢の良いエネルギッシュオーケストラと、マッシヴなピアノのパッセージ。「これがあの『アランフェス協奏曲』と同じ作者の音楽とは!?」と一瞬驚きますが、やはり全編を覆うスペイン情緒はロドリーゴならではのものといえましょう。第1、2楽章は祝祭的な明るさと賑やかさが支配的ですが、第3楽章は一転して哀愁あふれる曲想で、この楽章が最も「アランフェス的」な感覚に近いものがあるかもしれません。第4楽章になると、今度は暗い情熱が前面に出てきて、激しい音楽が展開されますが、オーケストラも独奏ピアノの両者が、全力で野太い旋律を奏でるのが印象的です。(2003/02/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557101

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 5 - マドリガーレ協奏曲/ある宴のための協奏曲(アストゥーリアス響/バルデス)

    ロドリーゴといえばなんといってもギター! 彼のギター協奏曲といえば、なんといってもあの「アランフェス協奏曲」が有名ですが、その他にも素晴らしいギター協奏曲は盛り沢山! 「ある宴のための協奏曲」は、名ギター奏者ペペ・ロメロをして、最も演奏至難な作品といわせしめただけあり独奏パートの華々しさは聴き応えたっぷり、一方の「マドリガル協奏曲」には、もちろん二重奏ならではの絡み合いの楽しさが盛り込まれています。そして両曲に共通するのが漂うスペイン情緒の美しさ。例えば11の「アリエータ」、たっぷりと歌うストリングスと、ギターの装飾的音型の合わせ技は感涙モノです。(2003/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555842

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 6 - 交響詩「青いゆりのために」/遥か彼方を求めて(カスティーヤ・イ・レオン響/ダルマン)

    ロドリーゴのオーケストラのための舞曲が大集合した一枚ですが、よい意味での田舎臭さを強烈に発散させるオーケストレーションの個性的なこと個性的なこと!カスタネットの超絶技巧をフィーチャーした「2つのスペイン舞曲」、センチメンタルで泣かせるメロディーを朗々と歌い上げる「青いゆりのために」など、精妙さよりも素朴な力強さが前面に出た響きからは、スペインの土の香りすら漂ってきそうです。ヒューストン交響楽団のために書かれ、NASAに捧げられている「遥かなるかなたを訪ねて」はちょっと異色で、いつものロドリーゴ調とSFチックな感覚がミックスされた、不思議な味わいです。(2003/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555962

  • 詳細

    ロドリーゴ:管弦楽作品全集 7 - クリスマス・キャロルと歌(マドリッド・コミュニティ管/エンシナール)

    作曲家としての真の姿が理解されているとは言い難いロドリーゴを解き明かすナクソスのシリーズに、意外な一枚の登場です。収録曲全てに合唱が加わった管弦楽曲集で、彼にこのような作品群があったこと自体、注目されていません。「クムランの改宗者の賛歌」で、ペルトをも想起させるようなシンプルな音が表現する神秘性は、「アランフェス協奏曲」などからは想像だにできなかった作曲者の一面があります。晩年作でアッシジの聖フランチェスコの生誕八百年記念に書かれた「賛歌」も同様に神秘的に始まりますが次第に高揚、最後は歓喜爆発。民謡を取り入れたクリスマスの歌も含め、内的でスピリチュアルなロドリーゴを発見してください。(2003/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557223