Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



アレヴィ, ルドヴィク(1834-1908)

Search results:77 件 見つかりました。

  • 詳細

    チレア/プッチーニ/ビゼー/マスネ/ヴェルディ:ソプラノのためのオペラ・アリア集(フレーニ)

    20世紀最高のミミの一人、ミレッラ・フレーニ(1935-)の素晴らしい歌を聴く一枚です。幼い頃から歌手としての才能を現わした彼女は、19歳でミカエラ役でデビューするも、一時は子育てのために歌手活動を断念します。しかし、1958年にコンクールで優勝し、歌手活動に復帰、着々と名声を高めて行きます。彼女の名が飛躍的に知れ渡ったのは、何と言っても1963年のカラヤンとの「ボエーム」ミミ役で、これをきっかけにカラヤンと共演を重ね、1965年にはメトロポリタン歌劇場でもミミ役でデビューを飾りました。このアルバムは世界的な名声を得た彼女の自信に満ち溢れた歌唱を収録したものです。なお、指揮を執るギャウロフは、彼女の2度目の夫となったニコライ・ギャウロフの息子です。録音 1971,1983,1987年ミュンヘン放送管弦楽団「日曜コンサート」より(2011/06/08 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900303

  • 詳細

    マルチェッロ・ジョルダーニ - テノール・アリア集

    シチリア生まれのテノール歌手マルチェッロ・ジョルダーニは、日本での舞台はもちろんのこと、今や世界中のオペラハウスで活躍中。特にヴェルディを中心としたイタリア物やフランス物では欠かせない存在として、名指揮者との共演も数を重ね、既に名声を確立しています。何と言っても、「神のごとく歌う」と形容されたこともある、圧倒的な存在感のある歌声が武器。当盤ではヴェルディに加えてドニゼッティ、ベルリーニ、ロッシーニなど得意レパを集め最後はマスカーニの名曲で締め括り、彼の芸術を存分に堪能できます。輝かしい高音は特に聴き物です。(2004/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557269

  • 詳細

    テノールのためのオペラ・アリア集 2 (カラオケ付) - プッチーニ/ロッシーニ/チレア/ビゼー/ヴェルディ

    様々なロケーションで使用され、一躍有名になった「誰も寝てはならぬ(ネッスン・ドルマ)」。これぞ甘い声の聞かせどころです。(2012/07/25 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95043

  • 詳細

    バスとバリトンのためのオペラ・アリア名曲集

    オペラにおけるバリトンやバスなどの男声の低い声は、"主役を張る"というよりも主人公を滅亡に陥れる策謀的な脇役や、王や司祭など威厳ある役、そしてコミカルな役を担当することが多く、中でもバスは悪魔役にうってつけの声として認識されています。このアルバムに登場するのも「町の何でも屋」、「主人公の恋敵」、「神々の王」、そして「悪魔」など低い声にぴったりの役どころ。歌手たちの美しい声と性格描写の巧みさが味わえる楽しい1枚です。また、このアルバムには、NAXOS音源だけではなく、DYNAMICレーベルからの名演の音源も用いられています。(2021/04/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.578191

  • 詳細

    バリトンのためのオペラ・アリア集(カラオケ付) 1 - ビゼー/ドニゼッティ/ヴェルディ/プッチーニ

    大人の男の包容力をここぞとばかりに発揮するのがバリトンの魅力です。かっこよすぎる闘牛士のアリアから、思い報われぬ騎士のアリアまで。「夕星の歌」の「夕星」は“ゆうづつ”と読むということはご存知でしたか?(2012/08/15 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95035

  • 詳細

    バリトンの名オペラ・アリア集

    ロッシーニのうきうきリズムで目覚め、モーツァルトの有名な一節を鼻歌にして、「カルメン」で力が全身に湧いてきてヒーロー気分を味わい、ヴェルディで声という楽器にしかない魅力に身も心も委ねて、マスカーニやレオンカヴァルロの音楽に合わせてこぶしをきかせ、プッチーニの甘い旋律に酔い痴れる...。オペラ・アリアの名曲って、どうしてこんなに楽しいんでしょうね。ナクソスがお届けするバリトンのための名曲集は11人の歌手達が競演、同じ男声でも声質が違うのも、鑑賞の楽しみの一つ。貴方のお気に入りは誰ですか?(2002/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555922

  • 詳細

    ビゼー:歌劇「カルメン」(アルペリン/ランベルティ/タイタス /スロヴァキア放送響/ラハバリ)

    年老いた母を田舎に残してセヴィリャの軍隊に入ったドン・ホセ。ジプシー生まれの自由奔放で情熱的な女性カルメンはホセを誘惑、その魅力に負けた彼はカルメンの密輸の仕事を手伝うようになる。しかしカルメンの気持ちは闘牛士エスカミーリョに移っており、ホセはカルメンを刺殺してしまう物語。オペラ一を争う人気を誇る「カルメン」の最大の魅力はビゼーの隅々まで充実した音楽で、序曲以下聞き手の心を離さない名場面が連続。この一作だけでも彼は天才作曲家と言えるでしょう。ナクソス盤は指揮者ラハバリの引き締まった音楽作りが出色の出来栄えです。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660005-07

  • 詳細

    ビゼー:歌劇「カルメン」(ソフィア国立歌劇場管/マリノフ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C51183

  • 詳細

    ビゼー:歌劇「カルメン」(ハイライト)(スロヴァキア放送響/ラハバリ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550727

  • 詳細

    ビゼー:歌劇「カルメン」(アンジェリーチ/デン/ジョバン/パリ・オペラ・コミック座合唱団&管弦楽団/クリュイタンス)(1950)

    世界で最も人気のあるオペラ《カルメン》は、あらゆる国の歌劇場で上演されつづけていますが、初演の地パリでは、1875年の初演以来1959年まで、オペラ座より一回り小さいオペラ・コミークで上演することになっていました。オペラ・コミークは録音の上でも伝統を誇り、この1950年盤は1911年盤、2種の28年盤に続く4番目の商業録音全曲にあたります。指揮のクリュイタンス(1905-67)は当時のオペラ・コミークの音楽監督をしていました。歌手たちもすべてオペラ・コミークの舞台で歌っていた人たちです。初演以来の伝統をつたえる全曲盤です。(山崎浩太郎)(2003/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110238-39