Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



レハール, フランツ(1870-1948)

Search results:75 件 見つかりました。

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「青いマズルカ」(フランクフルト・ジングアカデミー室内合唱団/フランクフルト・ブランデンブルク州立管/ベールマン)

    レハールは自身の作品の中に地方色を盛り込むことが好きでした。それはハンガリー風であったり、チェコ風であったり、中国風であったり。1920年、彼が50歳の時に作曲したこのオペレッタ「青いマズルカ」は題名通り、ポーランド風の台本を用いてます(中国風な一面も持ち合わせています)。ちょっとしたサスペンスはあるものの、音楽は常に明るさを失うことなく、登場人物たちはいつもダンスを踊っています。この宝石のような音楽は、初演時レハールにすばらしい称賛をもたらしたのでした。表情豊かな歌い手たちが、この隠れた名作に光りを当てます。(2009/02/11 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777331-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「ウィーンの女たち」(ハイライト)/喜歌劇「神の夫」 - 序曲(ホフマン/プフェッファー/ミニヒ/西ドイツ放送響/フロシャウアー)

    (2008/02/06 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999326-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「エヴァ」(バート・イシュル・レハール祝祭合唱団/フランツ・レハール管/ボツィック)

    (2006/07/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777148-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「神の夫」(レハール/アンダーガスト/ヘルツェ/デルモータ/ウィーン・フィル/シェーンヘル)

    (2013/02/20 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777029-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「クロクロ」(フェルトホーファー/フォーゲル/イェンツ/バート・イシュル・レハール祝祭合唱団/フランツ・レハール管/ブルクハルト)

    物語は1920年代、若い女性たちが独立した存在を主張し、短い丈のドレスを着て闊歩するというヴィクトール・マルグリットの小説をモデルにした、レハールの喜歌劇《クロクロ》。パリの踊り子クロクロと、彼女のパトロンである市長とその妻メルジーネ、クロクロの恋人マキシムが洒落た物語を紡ぎ出し、レハールが抒情的で美しい音楽を付けています。現在ほとんど演奏されることはありませんが、1924年の初演時には、曲中のフォックストロット「Ich habe La Garconne gelesen」が大ヒットしました。今回の“レハール音楽祭”の蘇演では、クロクロを歌うフェルトホーファーを始め、芸達者な歌手たちが素晴らしい歌と演技を次々と披露。また指揮のブルケルトはレハールの音楽を見事にまとめており、オーケストラも歌手も全てが楽しみながら演奏している様子が伝わります。レハールの甘い旋律がたっぷり散りばめられた美しい作品をお楽しみください。(2020/08/07 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777708-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「この世は美しい」(ミュンヘン放送管/シルマー)

    (2006/04/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777055-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「ジプシーの恋」(ストイコヴィッチ/シェレンベルガー/北ドイツ放送合唱団/北ドイツ放送フィル/ベールマン)

    (2005/06/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999842-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「ジュディッタ」(リボール/シュコフ/シェルヴィツル/サイモン/ミュンヘン放送管/シルマー)

    この「ジュディッタ」はレハール(1870-1948)63歳の作品で、彼はこれ以降作曲をしなかったため、事実上の"白鳥の歌"となった美しい作品です。オペレッタとは言え、地中海沿岸の港町と、北アフリカを舞台とした、外人部隊の大尉オクターヴィオと港町の人妻ジュディッタの切ない恋は、もちろんハッピーエンドで終わることはありません。レハール自身は正統的な歌劇として構想していたこの「ジュディッタ」は彼の作品として初めてウィーン国立歌劇場で初演されるという栄誉に預かり、当時大人気を誇っていたテノール、リヒャルト・タウバーがオクターヴィオを演じ、登場時に歌った「友よ、人生は生きる価値がある」の情熱的な歌唱は、聴き手を強く魅了しました。バイエルン放送合唱団のメンバーによる熟練のアンサンブルが物語りを引き立てます。(2016/06/29 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777749-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「冗談の結婚」(ボーク/タルンツォフ/バート・イシュル・レハール祝祭合唱団/フランツ・レハール管/ブルケルト)

    19世紀末から20世紀にかけて、オーストリアで活躍したジャーナリスト、ユリウス・バウアーは、新聞編集者として記事を書きながら、数多くのオペレッタの台本を執筆。やがてウィーンで最も影響力のある演劇評論家として賞賛されました。彼の台本は機知に富み、人物描写が非常に巧みであることが特徴。この《冗談の結婚》は、億万長者の娘で最近夫を亡くしたセルマと、彼女の女友だちのエディスとフィービーが「決して結婚しない」という同盟を作ったことが発端で起こるドタバタ喜劇。レハールの存命中には40回以上上演されましたが、残念ながらすっかりお蔵入りになってしまったこの作品を、ブルケルトはスコアを丹念に洗い出し、完璧なものとして再構築。ワルツ、マーチ、そして極上の声によるアンサンブルが随所に挟まれた楽しい作品です。(2017/08/25 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555049-2

  • 詳細

    レハール:喜歌劇「タティヤーナ」(シェレンベルガー/フィッシャー/リッペルト/メーヴェス/ブルート/ショルツ/ベルリン放送合唱団&交響楽団/ユロフスキ)

    (2002/09/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999762-2