Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



マスカーニ, ピエトロ(1863-1945)

Search results:79 件 見つかりました。

  • 詳細

    マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」/レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」(ディ・トロ/イヴェルセン/グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/リーニフ)

    1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラにおける“新しい潮流”となったヴェリズモ・オペラを代表する2つの作品。マスカーニの《カヴァレリア・ルスティカーナ》、レオンカヴァッロの《道化師》。どちらも楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールの応募作品で、《カヴァレリア・ルスティカーナ》は優勝作として初演、《道化師》は2幕物だったため規定から外れていたものの、作品のすばらしさが社長の目に留まり、結局トスカニーニの指揮にて初演。どちらも大好評を博し、その人気は現在も衰えることがありません。ここでグラーツ・フィルハーモニーを指揮し、迫真の演奏を披露するのは2020年までオーケストラの首席指揮者を務める女性指揮者オクサーナ・リニフ。ウクライナの音楽一家に生まれ、16歳から指揮を志し、2004年4月にバンベルク交響楽団により開催された第1回グスタフ・マーラー指揮者コンクールに3位入賞。2013年から2014年にはバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務めるなど才能を発揮、グラーツ歌劇場をはじめとした世界的な舞台で活躍する俊才です。ここではオーストラリア出身のテノール歌手、アルド・ディ・トロを中心とした多彩な歌手たちをまとめるとともに、オーケストラから重厚な響きを紡ぎだしています。(2020/03/27 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC987

  • 詳細

    マスカーニ:サタンのラプソディ/ロータ:山猫(ラインランド=プファルツ州立フィル/シュトローベル)

    マスカーニと言えば、歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」のみが良く知られていますが、実はかなりの多作家であり、15曲のオペラを始め、管弦楽曲やピアノ曲、歌曲など優れた作品を残しています。そんなマスカーニ、実は映画音楽も手掛けており、この「サタンのラプソディ」はニノ・オクシリア監督によるサイレントムーヴィーに付けた音楽です。映画自体は静かな人気を誇っていて、日本でもたびたび上映される隠れた名作として知られています。ニーノ・ロータの「山猫」はルキノ・ヴィスコンティが監督した名画で、1860年代の激動のイタリアを舞台としたもの。ロータの重厚な音楽が物語を彩っていることで知られています。シュニトケを始めとした様々な映画音楽の演奏で知られるシュトローベルによる演奏です。(2015/09/23 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C5246

  • マスネ:歌劇「マノン」 (メトロポリタンオペラ劇場)(1937)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110003-05

  • 詳細

    ジョン・マッコーマック・エディション 5 - アコースティック録音集(1914-1915)

    ビクトリア時代から20世紀のレパートリーを幅広く取り上げ、民謡にも秀でてポピュラー音楽もうたいこなしてしまう・・・・そんな多彩で冒険好きで現代的な歌手マコーマック。彼の滑らかで無理のない歌声は今聞いても全く色あせることがありません。そしてここに収録されたいくつかのアリアでわかるように、彼はヴェルディ・テノールとしても最良の声を備えていたのです。(2007/12/12 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111315

  • 詳細

    メゾ・ソプラノのためのオペラ・アリア集 2 (カラオケ付) - ヴェルディ/マスカーニ/チレア/トマ/モーツァルト

    大人の魅力を存分に発揮したい名曲集。アズチェーナのアリア「炎は燃えて」に恨みつらみを込めるもよし、まだまだイケテル女優、アドリアーナ・ルクブルールのアリアを熱唱するもよし。(2012/08/15 発売)

    レーベル名:Cantolopera
    カタログ番号:HLCD95046

  • 詳細

    リスト/ドニゼッティ/マスカーニ/レスピーギ/ヴェルディ:声楽リサイタル(アルフレード・クラウス/アルナステス)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C10272

  • 詳細

    ロッシーニ/チャイコフスキー/スーザ/ブリテン/マスカーニ:管弦楽作品集(プロムス・ラスト・ナイト)(パーハム/ロイヤル・フィル)

    1895年の夏、「クラシック音楽をもっと気楽に聴いてもらおう」とロバート・ニューマンが提唱し、指揮者ヘンリー・ウッドが演奏した“BBCプロムス”。ロイヤル・アルバート・ホールを中心に2ヶ月間に渡って開催される100年以上の歴史を持つこの音楽祭、なかでも最終夜の「ラスト・ナイト・オブ・プロムス」での盛り上がりは素晴らしく、激しいチケット争奪戦に敗れた人は、テレビの前で歓声を上げるのが慣わしとなっています。エルガーの「威風堂々 第1番」は必ず演奏される曲で、合唱の入る部分はアンコールされるのが決まりです。/プロムスでの演奏はBBC交響楽団が中心ですが、同じく英国を代表するオーケストラであるロイヤル・フィルも、これらの名曲に強い愛着を抱いており、本家BBC交響楽団とはまた違うアプローチで華麗に演奏しています。(2017/02/24 発売)

    レーベル名:Royal Philharmonic Orchestra
    カタログ番号:RPOSP009

  • 詳細

    ロッシーニ/ドニゼッティ/ヴェルディ:吹奏楽のためのイタリア・オペラ編曲集(ヨーロピアン・ウィンド・ソロイスツ/リティス)

    「トランスクリプション」=現在では記譜法とされますが、以前はある作品を異なる楽器で演奏できるように編曲する行為そのものを指すことが多かったのです。14世紀頃から頻繁に行われてきたトランスクリプションは、家庭でも音楽を楽しむようになった19世紀に更に盛んに行われるようになります。フランツ・リストが行った「オーケストラ曲=ピアノ曲」は良く知られていますが、同じ時期にはオペラの名旋律を楽器で演奏することも盛んであり、素晴らしい歌を聴いた感動をいち早く自分のものにしたいというアマチュア奏者たちの要望に応え、多くの「オペラの主題」を用いた変奏曲や幻想曲が作曲されたことも忘れてはなりません。このアルバムには、そんな19世紀の良き時代を彷彿させる楽しい作品が収録されています。編曲を施したのは、1966年生まれのミケーレ・マンガーニ。どの曲も、最初からこの形態で書かれていたかのように、ぴったりとはまっています。またトラック6は彼のオリジナル。次々と繰り出される名旋律に存分に浸ってください。(2015/09/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573259

  • 詳細

    私のお父さん - イタリア・オペラの有名ソプラノ・アリア集

    当盤を語るのに多言は不要。イタリア・オペラの醍醐味は、やはりアリア、そしてその中でも、やはりソプラノ。人間の愛、情熱、夢、嫉妬、絶望・・・ありとあらゆる感情が、極上のメロディーで表現されるのですから。じっくり耳を傾けて徹底的に感情移入してしまうのもいいし、ドライブのBGMや日々の生活のお伴にも好適かも。オルゴナソヴァー、ガウチら、実力派ソプラノ歌手たちが歌いあげ、ラハバリ、フンブルグら、オペラハウスで大活躍の指揮者たちがバックを固めて、侮れない演奏家陣を揃えました。(2002/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555796