Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ミルン, リサ

Search results:4 件 見つかりました。

  • 詳細

    クィルター:歌曲集(英国歌曲集第5集)(ロルフ=ジョンソン)

    決してメジャーな名前ではありませんが、クィルターこそ、イギリス近代歌曲の最終兵器と呼んでよいでしょう。シェイクスピアから20世紀に至るまで幅広い時代のテキストを使用した彼の歌曲の特徴は、何よりもまず、魂が奪われそうになるほどの美しいメロディー。旋律美に惚れたピアニストがピアノ独奏曲に編曲してしまったほどの24や、弦楽四重奏団が加わることでピアノ伴奏だけでは表現不可能な世界に踏み込んだ「ジュリアへ」など、どの曲をとっても聴き手を夢中にさせる音楽が並びます。当盤の歌手もピアニストも、クィルター演奏にベストの人選。コリンズ・レーベルの再発売盤です。(2004/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557116

  • ドヴォルザーク:レクイエム Op. 89 (ミルン/カーギル/オーティ/ローズ/ロンドン・フィル/N. ヤルヴィ)

    ドヴォルザークの宗教曲と言えば、「スターバト・マーテル」は比較的演奏される機会もありますが、こちらの「レクイエム」はほとんど耳にする機会もないのが実情です(このオーケストラだったらスターバト・マーテルの方があっているかもとも思います)。しかしながら、この曲、素晴らしい演奏者に恵まれると、とてつもなく壮大な建造物として目の前に現れるのです。今まで名演とされるのは、チェコ系の奏者たちによるものが多いのですが、今回のヤルヴィの演奏はそのような民族性を排したグローバルなもの。この曲に宿る普遍の精神を具現化しているかのようです。細部にまで心を込めた切ない響き、ディエス・イレでの感情の爆発、管楽器の精緻なハーモニー、うねる弦楽器。聴けば聴くほどに魂の高揚を感じます。(2009/11/25 発売)

    レーベル名:LPO
    カタログ番号:LPO-0042

  • ハイドン:十字架上のキリストの最後の7つの言葉(ミルン/ドノーゼ/ケネディ/マルトマン/ロンドン・フィル/ユロフスキ)

    ハイドン円熟期の大作「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」です。この作品は、本来管弦楽のために書かれましたが、ハイドン自身がとても気に入っていたのか、弦楽四重奏版、クラヴィーア版の編曲もあり、こちらも親しまれています。しかし何と言っても、このオラトリオ版(1796)の壮麗さと劇的さは比ぶべきものがありません。ロンドンでヘンデルのオラトリオを聴き触発されたこともあり、第4ソナタの後に序曲を挿入し、より、オラトリオらしくなっています。演奏しているメンバーは、ほとんどが2009年クリスマス・コンサート(LPO-0050)と同じですが、曲の持つ性格のせいか、誰もが荘厳な雰囲気を湛えています。ユロフスキの毅然とした音作りも健在で、この長大な作品を息つく暇もなく聴かせます。響きも音楽も無駄な贅肉を削ぎ落としたかのような現代的なハイドンです。(2011/03/02 発売)

    レーベル名:LPO
    カタログ番号:LPO-0051

  • J.S. バッハ:「キリスト者よ、この日を銘記せよ」/メンデルスゾーン:「高き天よりわれは来れり」/ヴォーン・ウィリアムズ:「まきびとひつじを」(ロンドン・フィル/ユロフスキ)

    (2010/12/15 発売)

    レーベル名:LPO
    カタログ番号:LPO-0050