Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



デューガン, イーモン

Search results:4 件 見つかりました。

  • 詳細

    J.S. バッハ:マタイ受難曲 BWV 244 (英語歌唱)(エクス・カセドラ合唱団&バロック管/スキッドモア)

    2009年の聖金曜日4月10日にバーミンガム・シンフォニー・ホールで行われた「英語歌唱によるマタイ受難曲全曲」のライヴ録音です。英語版のマタイと言えば、以前バーンスタインの演奏がありました(あちらは啓蒙的な意味も含め、まことに感動的な演奏でした)し、他にも1937年のクーセヴィツキと1979年のウィルコックスの録音もあります。しかし、こちらのマタイは、全く新しいテキストを用いて歌われているところに注目です。この合唱団に縁のあるニコラス・フィッシャーとジョン・ラッセルの2人が翻訳したテキストは、より時代に即した美しい英語が使われていて、現代人の心にまっすぐに届くマタイとして絶賛を浴びたものです。バロック・オーケストラによる味わい深い響きと、最近の傾向でもある早めのテンポ、そしてイーモン・ドーガンを始めとするおなじみの歌手たちによる素晴らしい演奏は、「マタイ受難曲」を味わい尽くした人にも、新しい感動を与えることでしょう。各々の演奏家によって違った祈りの言葉があるということを、しみじみ感じさせてくれるアルバムと言えそうです。(2010/04/28 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100007

  • 詳細

    J.S. バッハ:ヨハネ受難曲 BWV 245 (オックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団/コレギウム・ノヴム/ヒギンボトム)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557296-97

  • 詳細

    ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(1751年版)(ヒギンボトム)

    ナクソスがわざわざ「メサイア」を再録音するのですから、普通で済む筈がありません。ホグウッドらの下で膨大な録音を残し、既に日本でもお馴染みのアカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック。癒しの歌声が大ヒットしたオックスフォードのニュー・カレッジ聖歌隊。これだけでも注目なのに、演奏に使用する版に最大の特色があります。様々な版がある「メサイア」ですが、ロンドンでの上演を再現する当盤では、独唱者・合唱団に女性が登場しません。高い音は合唱も独唱も全てトレブル(ボーイソプラノ)が担当します。演奏は過度に鋭くなく、自然な音楽美に溢れています。もちろんナクソス価格で、これは聴くしかありません!(2006/12/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570131-32

  • 詳細

    リッツァ:合唱作品集(ミステリアム・アモリス)(ガウデーテ・アンサンブル/デューガン)

    作曲者のリッツァ(1929-)はロンドンのギルドホール・スクールで音楽と演劇を25年間教えながら、数多くの録音も行っています。1997年から作曲を始めたという彼女の作品は「クラシカル・コンテンポラリー」の分野で賞賛され、数多くの聴き手に癒しの心を与え続けています。全曲に漲る生き生きとした表現としなやかなメロディは、とても御老人(失礼!)の作品とは思えません。「人間には限界など存在しない」ということを確信できるのではないでしょうか。どこかモダンで懐かしい歌の数々を心行くまでお楽しみください。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573039