Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



シュミット, アンドレアス(1960-)

Search results:14 件 見つかりました。

  • ウォルフガンク・リーム:歌劇「オイディプス」[DVD]

    2部からなる歌劇 ソフォクレスの「オイディプス王」…原作(フリードリヒ・ヘルダーリン翻訳)/フリードリヒ・ニーチェ&ハイナー・ミュラーのテキスト
    現在、最も知られている現代作曲家の一人、ヴォルフガンク・リーム(1952-)が35歳の時に、ベルリン・ドイツ・オペラから委嘱を受けて作曲した問題作です。原作はソフォクレスの「オイディプス王」で、生まれた時から殺される運命にあったオイディプス(彼の父テーバイ王ライオスが「お前は息子に殺され、妻も奪われる」と神託を受けたため)が、それとは知らずに成長するも、結局は神託通りの運命を辿ることになります。真実を知ることを拒否していたオイディプスですが、最終的には罪の意識とともに真実を受け入れ、自らの視界を捨て、放浪の旅に出るという物語です。歌劇としての素材には申し分ない、劇的で悲劇的なストーリーは、リームの創造力をいたく刺激したに違いありません。リームは、オイディプスが予言者ティレジアスから真実を告げられ、自らに絶望する件を中心に、時には日本的な響きすら感じさせる、緊迫感溢れる音楽を付けています。タイトルロールを歌うのは、当時、新進気鋭バリトンとして気炎を揚げていたアンドレアス・シュミット。この難しい作品を朗々と歌い上げ、聴衆を魅了しています。ゲッツ・フリードリヒの演出は全く申し分のないもので、衣装、巧妙な場面転換などを駆使して、この悲劇に普遍性を与えています。(2013/04/24 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101667

  • ブラームス:リート全集 第7集

    (2004/08/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999447-2

  • ブラームス:リート全集 第8集

    (2005/02/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999448-2

  • シューベルト:ます/偉大なる愛と偉大なる哀しみ[DVD]

    シューベルトに関する2つの興味深い映像です。1のますは、1969年に撮影されたドキュメンタリー・フィルムで、バレンボイムが主宰したサウスバンク音楽祭における「ます」が演奏されるまでと、本番の風景です。当時、優れた指揮者として名声を高めていたズービン・メータが久しぶりにコントラバスを練習し、またズーカーマンはこの日のためにわざわざヴィオラを用意して、演奏に臨みます。そしてパールマン、デュ・プレ、バレンボイム…この5人が親密なリハーサルを経て、本番では燃える演奏を披露します。もう1つの映像は、シューベルトへのオマージュともいえるもので、これは伝記ではなく、彼が師と仰いだベートーヴェンから影響を受けながらも、ベートーヴェンの死後、新たな音楽を作っていった様子が描かれています。感動的な物語です。(2014/09/24 発売)

    レーベル名:Christopher Nupen Film
    カタログ番号:A13CND

  • 詳細

    シェック:エレジー集(シュミット/ヴィンタートゥーア・ムジークコレギウム/アルベルト)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999472-2

  • 詳細

    ブラームス:歌曲集(バンゼ/ヴェルミリオン/シュミット/ドイチュ)

    およそ4年前に第8集がリリースされたきり、以降全く音沙汰のなかったcpoのブラームス歌曲集の第9集がようやくリリースとなりました。今作は最晩年に書かれた4つの歌曲集を収録。これでこのシリーズも完結となります。ブラームス自身、大切にしてきたハンガリー民謡を用いた「ジプシーの歌」をはじめ、彼の後期作品が持つ独特の重苦しくも美しい雰囲気を備えた作品群です。とりわけ、63歳の誕生日に完成された「4つの厳粛な歌」の深く内省的な死生観を受けとめるためには、聴く側も何かしらの心構えが必要であると言えるでしょう。これらの歌を歌うのは、現在最もドイツ・リートに精通している3人の名歌手。ヘルムート・ドイチュの説得力あるピアノも含め、これ以上望むものはありません。一生の宝物として大切にしたい全曲盤と言えるでしょう。(2009/11/25 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999840-2

  • 詳細

    ブラームス:歌曲集(ヴェルミリオン/シュミット/バンゼ/ドイチュ)

    cpoレーベルが長い時間をかけて取り組んできたブラームス(1833-1897)の歌曲全集のツィクルスが、この第10集の2枚組で完結となりました。最終巻に収録されているのは「49のドイツ民謡集」と「子どものための民謡集」、そしていくつかの遺作です。ブラームスの晩年に書かれたとされる「49の民謡集」(全体が7巻からなりますが、最終巻は合唱のための曲なのでここには含まれておらず、全部で42曲となります)は、とても親しみやすく、抒情的で素朴な風合いを持っています。「子どものための民謡集」は20歳代の作品で、中では「眠りの精」が子守歌としてよく歌われます。歌っているのは、いつものヴァーミリオン、シュミット、バンゼの3人で、安定した歌唱と表現力は何物にも代えがたい魅力を放っています。(2013/01/23 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777023-2

  • 詳細

    ブラームス・コンプリート・エディション 1 - 歌曲集(バンゼ/シュミット/ドイチュ)

    日本のクラシックファンは不思議なくらいブラームス大好き。でもなぜか、歌曲だけには親しんでいない人も多いようです。交響曲や室内楽曲が凄すぎるからかもしれませんし、同じドイツ歌曲のシューベルトやシューマンの存在も不利。そんな、実はもっとブラームスの事を知りたかった貴方にCPOが贈る、歌曲全集の第一弾。全歌曲を作品番号順に、ドイツ人の名歌手を起用(ここんとこが重要)して録音していきます。ピアノは日本でもすっかりお馴染みのドイチュ。当巻での有名曲はOp.3-1と7-1くらいですが、真のブラームス通になるために、頑張って聴き通しましょう。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999441-2

  • 詳細

    ブラームス・コンプリート・エディション 2 - 歌曲集(バンゼ/シュミット/ドイチュ)

    CPOが社運を賭ける真面目なこのシリーズをお薦めする自信が確信に変わる第2集です。第1集同様、バンゼとシュミットという今をときめく人気歌手2人で曲によって歌唱を分担、ドイチュの絶妙な伴奏も相変わらず。収録曲も、例の行ったり来たりする(くせに美しい)旋律もすっかり板に着き、紛れもないブラームスの和声に彩られ、聴き手をドイツロマン派の世界に誘います。ブラームスの歌曲は聴いたことがないという貴方、迷わず当シリーズを買い進めましょう。ブラームスのこと、もっと好きになれます。(2000/02/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999442-2

  • 詳細

    ブラームス・コンプリート・エディション 4 - 歌曲集(バンゼ/シュミット/ドイチュ)

    ブラームスの全歌曲中で、最も人口に膾炙した作品って何だろう?という問いに答えるならば、それは当然「子守歌 Op.49-4」でしょう。第4集に至って遂にその曲に到達しました(歌うはソプラノのバンゼ)。では二番目に有名なのは?それはもしかしたら、「日曜日 Op.47-3」かもしれません(こちらはシュミット)。というわけで当盤こそ全集中の目玉です。こんな贅沢な演奏家チョイスってあり?と言いたくなるような、最高の布陣です。(2001/07/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999444-2