Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ベッドフォード, スチュアート(1939-)

Search results:21 件 見つかりました。

  • ベンジャミン・ブリテン:歌劇「ピーター・グライムズ」[DVD]

    2013年のオールドバラ音楽祭の会期中に撮影されたこの映像には、さまざまな思いを喚起する何かが宿っています。劇中で描かれているのは架空の街という設定ですが、実際はこのオールドバラが舞台であり、ここで繰り広げられるこの映像は、時空をやすやすと越えて、ブリテンが想起した物語をそのまま具現化していることは間違いありません。もともと、ジョージ・クラブの詩「町」の一節「ピーター・グライムズ」を読んだブリテンの盟友ピーター・ビアーズは大層感銘を受け、この短い詩をオペラにすることを思い立ちましたが、その過程で主人公の性格は変貌を遂げ、もともとは悪漢であったピーターも最終的には「犠牲者」になったのです。ムラ社会の残忍さ、集団の無言の圧力など、現代社会にも通じる社会問題を、ブリテンは茫洋とした音楽で描き出しました。確かに、このオペラを、単に「社会から隔離された同性愛者たちの心情吐露」と読むこともありましたが、今ではもっと広範囲に俯瞰する傾向があり、主人公たちよりも、それを取り巻く空気を表すオーケストラの部分にも目を向ける必要があるのかもしれません。(2013/12/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:102179

  • ベンジャミン・ブリテン:歌劇「ピーター・グライムズ」[BD]

    2013年のオールドバラ音楽祭の会期中に撮影されたこの映像には、さまざまな思いを喚起する何かが宿っています。劇中で描かれているのは架空の街という設定ですが、実際はこのオールドバラが舞台であり、ここで繰り広げられるこの映像は、時空をやすやすと越えて、ブリテンが想起した物語をそのまま具現化していることは間違いありません。もともと、ジョージ・クラブの詩「町」の一節「ピーター・グライムズ」を読んだブリテンの盟友ピーター・ビアーズは大層感銘を受け、この短い詩をオペラにすることを思い立ちましたが、その過程で主人公の性格は変貌を遂げ、もともとは悪漢であったピーターも最終的には「犠牲者」になったのです。ムラ社会の残忍さ、集団の無言の圧力など、現代社会にも通じる社会問題を、ブリテンは茫洋とした音楽で描き出しました。確かに、このオペラを、単に「社会から隔離された同性愛者たちの心情吐露」と読むこともありましたが、今ではもっと広範囲に俯瞰する傾向があり、主人公たちよりも、それを取り巻く空気を表すオーケストラの部分にも目を向ける必要があるのかもしれません。(2013/12/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:108101

  • 詳細

    ヴォルフ:イタリア歌曲集(ベイカー/シャーリー=クァーク/ベッドフォード)(1977)

    (2012/06/20 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAC5076

  • 詳細

    ブリテン:歌劇「アルバート・ヘリング」(ノーザン・シンフォニア/ベッドフォード)

    ある小さな村で五月祭のクィーンを決めようとしたが該当者なく、なぜか生真面目な若者アルバートがキングとして選ばれ、祭りの後に家出し、皆が死んだと思っていると、人格が変わって帰ってくる。他愛のないストーリーのせいか、ブリテンのオペラの中でも演奏機会の少ない作品ですが、音楽は他の傑作オペラに負けず劣らず素晴らしい!室内オーケストラと歌手たちの絶妙なアンサンブルは自由自在、真の才能の筆致は、音楽で何でも表現できると言わんばかりに冴え渡っています。晩年のブリテンの助手を務めたベッドフォードの指揮がまた見事。別レーベル(英・コリンズ)の既出音源の再発売盤です。(2003/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660107-08

  • 詳細

    ブリテン:イリュミナシオン/狩をする私たちの祖先/4つのフランス語の歌(遺作)(ロット/イギリス室内管/ヘッドフォード)

    舞台音楽に多数の名作を残したブリテンだから、管弦楽付きの声楽曲というのも得意分野でした。特に「イリュミナシオン」は、フランスの詩人ランボーのフランス語テキストを使用、ソプラノと管弦楽のための連作歌曲集として書かれ、詩と音楽の融合という点では最高の名作の一つとされています。イギリスを代表する歌手ロットと、ブリテンのスペシャリスト、ベッドフォードによる演奏は、正にスタンダードと言える名演。青春期に書かれたとは信じられない早熟さを示す「4つのフランス語の歌」や、質の高さの割りに知られていない「狩をする私たちの祖先」も、存分に耳を楽しませてくれます。コリンズ・レーベルの再発売盤。(2004/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557206

  • 詳細

    ブリテン:ヴァイオリン協奏曲/カナダの謝肉祭/モン・フィク (マカスラン/イギリス室内管/ヘッドフォード)

    「カナダの謝肉祭」は、カナダ訪問がきっかけとなって誕生した作品で、フランス民謡を盛り込んで賑々しくもりあがる痛快作です。民謡「ひばり」(静かな湖畔の~によく似た旋律)のような単純な素材が、かなり凝った展開を見せ、ブリテンの技の冴えを堪能できると申せましょう。一方ヴァイオリン協奏曲は、時代の不安を映し出したかのような重みのある作品で、残念ながら知名度はイマイチですが、20世紀のヴァイオリン協奏曲の中でも指折りの傑作として評価されるべきでしょう。いわゆる名人芸的協奏曲ではありませんが、ヴァイオリンの機能は極限まで駆使されていますし、オーケストレーションの多彩さも比類ありません。これは大変な作品です!コリンズ・レーベルの再発売盤です。(2005/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557198

  • 詳細

    ブリテン:歌劇「ねじの回転」

    二人の子供たちの世話のため田舎屋敷に赴く女家庭教師。そこで彼女は前の従僕と家庭教師の幽霊を目にし、子供たちが幽霊と交感する事実を知る。彼女は子供たちを救おうと試みるが...。幽霊の登場という異例の題材をとりあげたブリテンは、プロローグの後に提示する十二音音階による主題と、その15曲の変奏を間奏曲に仕立てるという込み入った仕掛けを施し、小劇場で上演可能な室内オペラの名作を残しました。ラングリッジ、ロットら英国を代表する歌手を起用、ブリテンのエキスパートであるベッドフォードが指揮し、COLLINSレーベルから発売されて絶賛を博した名盤の再発売盤です。(2004/02/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.660109-10

  • 詳細

    ブリテン:カンティクル第1番 - 第5番/愛した者はわがもの(英国歌曲集第9集)(ベッドフォード/ラングリッジ)

    ブリテンの創作力の源となった、テノール歌手ピーター・ピアーズとの生涯に渡る親交。五つの「カンティクル」は25年以上の長きに渡って作曲され、地味ながらも二人の親交が生んだ結実物の一つです。使用楽器はピアノの他は最小限で、ブリテンのエッセンスが凝縮された趣きがあります。特にお薦めは「アブラハムとイサク」で、ヒーリングばやりの今日、静謐な美は再評価されるべきでしょう。「ザ・ハート・オブ・ザ・マター」は「カンティクル第3番」を含めて初演された作品。ブリテンのスペシャリスト、ベッドフォードのピアノを得て演奏も万全です。コリンズ・レーベルの再発売盤です。(2005/02/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557202

  • 詳細

    ブリテン:シンプル・シンフォニー/テンポラル・ヴァリエーションズ/イギリス民謡組曲「過ぎ去りし時」 Op. 90 (ノーザン・シンフォニア/ヘッドフォード)

    ブリテンがまだ10代の頃にしたためた音楽を後にまとめた「シンプル・シンフォニー」は初期の代表作で、題名通りのシンプルさが心に残る名作。ヴィオラ独奏が入る「ラクリメ」は晩年の名曲で、ヴィオラだけに表現可能な世界を作り上げます。「イギリス民謡組曲」はブリテン最後の管弦楽曲で、当盤の指揮者ベッドフォードは初演者。2つの世界初録音のうち「テンポラル・ヴァリエーションズ」はオーボエとピアノという形態で初演された後に封印され、作曲者の死後に出版されました。ここでは管弦楽版に編曲されたものをお届けします。歌曲の佳品「子守歌のお守り」も管弦楽伴奏版です。コリンズ・レーベルの再発売盤。 (2005/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557205

  • 詳細

    ブリテン:青少年のための管弦楽入門/フランク・ブリッジの主題による変奏曲 (ヘッドフォード)

    分かり易すぎる内容のゆえに、評価も分かれる「青少年のための管弦楽入門」ですが、オーケストラの各楽器にスポットを当てた変奏技法の見事さは、単なる啓蒙的機会作品と切り捨ててしまうには、あまりに惜しい魅力を持っているといえましょう。そして弦楽合奏の分野での屈指の名作でもある「フランク・ブリッジの主題による変奏曲」!こちらでは、いっそう自由に変奏のファンタジーが繰り広げられ、逆説的ですが、もはや主題自身はどうでもよい、と思わせるほどです。知名度では劣るものの、「前奏曲とフーガ」も良質な佳作で、多声部を活かした重厚な響きと、躍動感には素晴らしいものがあります。コリンズ・レーベルの再発売盤です。(2005/08/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557200