Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ライプツィヒMDR放送合唱団

Search results:14 件 見つかりました。

  • SCHUMANN, R.: Genoveva Overture / Requiem fur Mignon / Symphony No. 3 (Homage to Robert Schumann) (Dresden Staatskapelle, Harding) (NTSC)

    2010年に生誕200年を迎えたシューマンを記念したコンサートの模様です。シューマンは1844年から1859年までの15年間をドレスデンで暮らし、全作品の三分の一をここで書き上げました。この当時に書かれた名作~ゲノフェーファの序曲に始まり、あまり演奏されることのない「ミニョンのためのレクイエム」、そして交響曲第3番~を中心に据えたプログラムは、美しい教会内部の装飾とともに聴き手に陶酔をもたらすことでしょう。ハーディングの流れるような音作りに加え、引き締まった合唱、清冽な少年たちの独唱など、まさに目を見張るばかりの名演が続きます。この日に演奏された曲の中で注目したいのは、「スケルツォ」と「夕べの歌」の2曲。これは現在では、ピアノ曲「色とりどりの作品」Op.99の中の2つの作品としておなじみですが、本来は1840年から1841年にかけて、シューマンが管弦楽曲として構想した作品です(スケルツォの方は交響曲ハ短調の一部として書かれています)。シューマン自身が後にピアノ用へと編曲する前の形を、研究者ドラハイムが復元したという珍しいもの。まさにシューマンのための一夜にふさわしい贈り物です。(2010/10/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101523

  • SCHUMANN, R.: Genoveva Overture / Requiem fur Mignon / Symphony No. 3 (Homage to Robert Schumann) (Dresden Staatskapelle, Harding) (Blu-ray, Full-HD)

    2010年に生誕200年を迎えたシューマンを記念したコンサートの模様です。シューマンは1844年から1859年までの15年間をドレスデンで暮らし、全作品の三分の一をここで書き上げました。この当時に書かれた名作~ゲノフェーファの序曲に始まり、あまり演奏されることのない「ミニョンのためのレクイエム」、そして交響曲第3番~を中心に据えたプログラムは、美しい教会内部の装飾とともに聴き手に陶酔をもたらすことでしょう。ハーディングの流れるような音作りに加え、引き締まった合唱、清冽な少年たちの独唱など、まさに目を見張るばかりの名演が続きます。この日に演奏された曲の中で注目したいのは、「スケルツォ」と「夕べの歌」の2曲。これは現在では、ピアノ曲「色とりどりの作品」Op.99の中の2つの作品としておなじみですが、本来は1840年から1841年にかけて、シューマンが管弦楽曲として構想した作品です(スケルツォの方は交響曲ハ短調の一部として書かれています)。シューマン自身が後にピアノ用へと編曲する前の形を、研究者ドラハイムが復元したという珍しいもの。まさにシューマンのための一夜にふさわしい贈り物です。(2010/10/27 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101524

  • シェーンベルク:グレの歌

    (2010/12/08 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900110

  • メンデルスゾーン:付随音楽「アタリー」Op.74 (J.ラシーヌの劇のための)

    (2012/10/24 発売)

    レーベル名:MDR Klassik
    カタログ番号:MDR1201

  • メンデルスゾーン:付随音楽「コロノスのオイディプス」Op.93

    (2012/10/24 発売)

    レーベル名:MDR Klassik
    カタログ番号:MDR1203

  • アイスラー:付随音楽「処置」Op.20

    (2013/02/20 発売)

    レーベル名:MDR Klassik
    カタログ番号:MDR1207

  • 詳細

    ミヒャル・ギーレン・エディション 8 - シェーンベルク/ベルク/ウェーベルン:管弦楽作品集(1954-2013)

    【追悼:ミヒャエル・ギーレン(1927-2019)】ギーレンの真骨頂ともいえる、新ウィーン楽派作品集2019年3月8日に惜しまれつつもこの世を去った名指揮者ミヒャエル・ギーレン。彼が残した膨大な録音の中からSWR南西ドイツ放送に保存されている音源を体系的にリリースしているのがこのギーレン・エディションです。これまでも初出音源を含む興味深いレパートリーが紹介されてきましたが、第8集となる今作は、ギーレンが最も得意としたシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの作品集。今作にも多くの初出音源が含まれています。CD1からCD8まではシェーンベルクの作品集で、彼の名を一躍高めた「グレの歌」を始め、初期の作品である「ペレアスとメリザンド」や「浄められた夜」から「管弦楽のための変奏曲」、大作「ヤコブの梯子」などシェーンベルクの代表作を収録。8枚のうち、3枚分は完全に初出録音であり、マルシュナーによる「ヴァイオリン協奏曲」のようにLPのみでリリースされていた音源を今回初CD化したものも含まれます。シェーンベルクが編曲したバッハやヨハン・シュトラウス作品も収録されており、こちらも興味深いラインナップです。CD9とCD10はベルクの作品集。ギーレンとの共演も多かったソプラノ、メラニー・ディーナーが歌う「7つの初期の歌」や、クリスティアン・フェラスがソリストを務める「ヴァイオリン協奏曲」は初出音源です。CD11と12はウェーベルンの作品集。こちらも4曲の初出音源をはじめ、シューベルトとウェーベルンの作品をとりまぜての演奏や、シェーンベルクの「室内交響曲」をウェーベルンが小さな編成に編曲したものが含まれています。「室内交響曲」ではギーレン自身がピアノを演奏、「ウィーン私的演奏協会」で大きな役割を果たしたエドゥワルト・シュトイアーマン(ギーレンの叔父でもある)の役割を担っています。ギーレンをしてギーレンたらしめるレパートリーの数々をお楽しみください。(2019/06/21 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19063CD

  • 詳細

    ジルヒャー/シューマン/リュトゲン/メンデルスゾーン/ライヒャルト/ウェーバー:男声合唱作品集(ライプツィヒMDR放送合唱団/アルマン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67023

  • 詳細

    ドビュッシー:管弦楽作品集 2 - 夜想曲/月の光/「ペレアスとメリザンド」交響曲(フランス国立リヨン管/メルクル)

    準・メルクルによるドビュッシーの第2集です。こちらは「夜想曲」以外は全て他の人による編曲版が収録されています。オペラやピアノ曲での特徴ある響きをどのように管弦楽へと置き換えているのか、興味の尽きないところです。以前リリースされていた「夜想曲」にはシレーヌが収録されていなかったので、ここでようやく全貌が明らかになりました。合唱を伴う幽玄で茫洋とした響きのなかから沸き起こる明確な旋律線に思わずはっとさせられます。(2008/12/10 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570993

  • 詳細

    ブラームス:ドイツ・レクイエム(リヒター/ゲンツ/ライプツィヒMDR放送合唱団&交響楽団/オルソップ)

    ブラームス(1833-1897)の「ドイツ・レクイエム」は1869年に作曲された宗教曲です。曲自体は1857年にシューマンが死去した時に構想されたと言われていますが、実際には1865年に彼の母が死去したことで完成に至りました。通常、カトリック教会のレクイエムはラテン語で歌われますが、この曲はブラームス自身が選んだテキスト(ルターが訳したドイツ語版聖書など)を用いて、全てドイツ語のテキストで書かれています。ブラームス自身は、この作品を教会で歌うのではなく、演奏会用として考えていて、テキストからは「キリストの復活に関わる部分」が外されているところも興味深いものです。穏やかな第1曲のメロディが全般に使われながらも、全体にポリフォニックで極めて構造的に書かれた中身の濃い音楽です。演奏しているのは、既にブラームスの交響曲全曲をリリースしているオルソップ。美声で知られるステファン・ゲンツと1990年生まれの新鋭ソプラノA.L.リヒターのソロが、ライプツィヒMDR放送交響楽団と合唱団の渋い音色に花を添えています。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572996