Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



フランク, マルクス・L

Search results:4 件 見つかりました。

  • エンゲルベルト・フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(DVD)

    3幕 グリム童話…原作 アーデルハイト・ヴェッテ…台本
    貧しいほうき職人の夫婦には2人の子どもがいました。それは兄のヘンゼル、そして妹のグレーテル。彼らはある日、留守番をしていたのですが、言いつけられた用をしなかったため母親にこっぴどく叱られてしまいます。そしていちご摘みを命じられた兄妹は森に行き、お約束通り、魔女が作った「お菓子の家」へと行くのですが、もちろん悪い魔女は懲らしめられて、兄妹は両親の元に帰るのです。誰もが知っているグリム童話の中の物語「ヘンゼルとグレーテル」。お菓子の家に憧れを抱いている大きな子どもたちも多いことでしょう。子どものためのオペラですが、作曲したのはワーグナーの弟子でもあるフンパーディンク(1854-1921)。書かれている音楽は想像以上に重厚であり、有名な前奏曲でもわかるとおり、聞きごたえはたっぷりです。ハッピーエンドで終わるため、ヨーロッパでは慣例的にクリスマスに上演される場合が多いのですが、この演出は随所で戦時中の映像が流されるなど、かなり風刺と示唆に富むもの。また父親と魔女が一人二役というところにも深い意味が隠されていることは間違いありません。おとぎ話の持つ残酷さに知らず知らずに気づかされる作品となっています。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101321

  • エンゲルベルト・フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(BD)

    3幕 グリム童話…原作 アーデルハイト・ヴェッテ…台本
    貧しいほうき職人の夫婦には2人の子どもがいました。それは兄のヘンゼル、そして妹のグレーテル。彼らはある日、留守番をしていたのですが、言いつけられた用をしなかったため母親にこっぴどく叱られてしまいます。そしていちご摘みを命じられた兄妹は森に行き、お約束通り、魔女が作った「お菓子の家」へと行くのですが、もちろん悪い魔女は懲らしめられて、兄妹は両親の元に帰るのです。誰もが知っているグリム童話の中の物語「ヘンゼルとグレーテル」。お菓子の家に憧れを抱いている大きな子どもたちも多いことでしょう。子どものためのオペラですが、作曲したのはワーグナーの弟子でもあるフンパーディンク(1854-1921)。書かれている音楽は想像以上に重厚であり、有名な前奏曲でもわかるとおり、聞きごたえはたっぷりです。ハッピーエンドで終わるため、ヨーロッパでは慣例的にクリスマスに上演される場合が多いのですが、この演出は随所で戦時中の映像が流されるなど、かなり風刺と示唆に富むもの。また父親と魔女が一人二役というところにも深い意味が隠されていることは間違いありません。おとぎ話の持つ残酷さに知らず知らずに気づかされる作品となっています。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101322

  • SCHNEIDER, F.: Overture on the Dessauer Marsch / Symphony No. 16 / Festive Overture / Tragic Overture (Dessau Anhalt Philharmonic, M. Frank)

    ドイツのピアニスト、作曲家フリードリヒ・シュナイダー。音楽家であった父からピアノの手ほどきを受け、ツィッタウのギムナジウムで音楽を学びました。18歳の時に最初のピアノ・ソナタを出版、その後はライプツィヒ大学で学びピアニストとして活動を始めます。1811年にはゲヴァントハウスでベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番を公開初演を行うなど、彼の演奏は高い人気を誇っていました。1821年からはデッサウの宮廷音楽監督を務め、作曲家としても7つのオペラ、23の交響曲をはじめとした数多くの作品を残しています。作風はハイドンとメンデルスゾーンを繋ぐものであり、このアルバムに収録された「交響曲第16番」の勇壮な楽想はとても魅力的です。20曲ある序曲も洗練された作風を持ち、ここではその中の3曲を聴くことができます。(2019/06/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555180-2

  • 詳細

    ブラウンフェルス:ドン・ファン/古いフランスの子供の歌による交響的変奏曲(アルテンブルク・ゲラ歌劇場管/フランク)

    フランクフルト出身の作曲家、ピアニスト、ブラウンフェルス(1882-1954)は、現在いくつかの室内楽、声楽曲、とりわけ歌劇「鳥たち」のロマンティックな作風が知られています。彼の父は文学者、翻訳者として知られ、また母方の係累にはヴァイオリン音楽で有名なルイ・シュポアがいるという文化的な家庭に育ち、ウィーンで作曲とピアノを学び、プロイセン芸術アカデミーの会員にえらばれるなど作曲活動をしながら音楽の発展に寄与していましたが、ナチスが台頭してくるとユダヤの血を引いていた彼は公職から追放され、その作品も上演禁止となってしまったのです。しかし幸いなことに、大戦を生き延び、戦後はまた公職に復帰、ドイツ音楽の再建に尽力したという波乱万丈の生涯を送った人です。この「ドン・ファン」はモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」からモティーフを取った変奏曲で1924年にフルトヴェングラーによって初演された作品です。(2016/03/30 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C5250