Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ガル, ハンス(1890-1987)

Search results:3 件 見つかりました。

  • 詳細

    ガル:クラリネットのための室内楽作品集(アンサンブル・ブルレッタ)

    ハンガリーのユダヤ系医師を父に持ち、ブラームスの個人秘書であったマンディチェフスキに作曲を師事、ウィーン大学で音楽学を専攻したというハンス・ガル(1890-1987)。1919年から母校で音楽理論を教え、1929年にはマインツの高等音楽学校の校長に就任しましたが、ナチスの迫害を受け、イングランドに移住。エディンバラで職を得て、同時にエディンバラ室内管弦楽団の指揮者にも就任、そのままイギリスで生涯を終えた作曲家です。ブラームスやレーガーと同じように、ガルも晩年の「クラリネット五重奏」で自身の音楽観を表現しました。クラリネットの清澄な響きと豊かな弦の対話は、87歳を迎えたガルが、これまでの激動の人生を振り返っているかのような静けさを感じさせます。ウィーン時代に書かれたセレナード、エジンバラに落ち着いてから書かれた三重奏曲も美しい作品です。(2016/12/21 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0377

  • 詳細

    ガル:室内楽作品集 3 (ケルテシュ/ブレイキー/ナッシュ/ブリッグス)

    ウィーン近郊に生まれ、ウィーン大学で音楽学を専攻したガル。ユダヤ系であったため、ナチスの迫害を逃れ、後半生はイングランドに移住し教師、指揮者として活躍しました。、彼は同時代の作曲家シェーンベルクよりも、ブラームスを終生尊敬し続け、その作風も伝統的であり、半音階的和声などもほとんど用いることはありませんでした。このアルバムには初期、中期、円熟期の3つの時代の室内楽作品が収録されており、これらのどの曲にも、彼が追求し庇護していたロマン派の作風が漂っています。特有の旋律美と抒情的なアプローチがガルの持ち味です。(2018/04/27 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0433

  • 詳細

    ガル:チェロ作品集(ナキプベコワ)

    ウィーン生まれのハンス・ガルはウィーンで音楽学を専攻、ウィーン大学で音楽理論の講師として後進の指導にあたります。しかし、戦争の影が色濃くなる頃、ナチスの迫害を逃れエディンバラに移住、この地に定住し、平穏な生涯を送りました。イングランドの地にあっても、彼はいつもウィーンに思いを馳せていたようで、彼の根底にはシューベルトやブラームスへの思いがあり、いつの時代にあっても旋律を重視し、美しい音楽を生涯愛したのでしょう。1982年、92歳の時の作品である2つの無伴奏チェロ作品にも、さりげなく甘いウィーン風の味付けをすることを忘れていません。(2012/06/13 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0043