Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



クロンマー, フランツ(1759-1831)

Search results:11 件 見つかりました。

  • クロンマー:ファゴット四重奏曲Op.46変ロ長調/変ホ長調/L.モーツァルト:ファゴットとチェロのためのソナタ変ロ長調K.292

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999297-2

  • Cedille On The Move

    (2011/08/10 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR8002

  • 詳細

    クロンマー:オーボエ協奏曲第1番, 第2番/フンメル:序奏、主題と変奏

    (2011/08/10 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-045

  • 詳細

    クロンマー:管楽合奏のためのパルティータ Op. 45, Nos. 1-2 (マイケル・トンプソン・ウィンド・アンサンブル)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553868

  • 詳細

    クロンマー:管楽合奏のためのパルティータ Op. 57, 71, 78 (ブダペスト・ウィンド・アンサンブル/ベルケシュ)

    チェコに生まれ、ウィーンの皇室付き礼拝堂楽長を務めたクロンマーは、モーツァルトばりの優美さを身上に数多くの作品を残しました。このアルバムに収められた各曲は、いずれも当時流行っていた管楽八重奏スタイルのアンサンブル作品で、古典派ならではの明朗な音楽性と実に豊かな響きが堪能できる内容となっています。さすが、“ベートーヴェンのライヴァル”と言われた人物です。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553498

  • 詳細

    クロンマー:管楽合奏のためのパルティータ Op. 69, 76, 79 (マイケル・トンプソン・ウィンド・アンサンブル)

    今日では管楽アンサンブルのための音楽でその名を残しているボヘミア出身のクロンマー。当盤で聴く合奏曲たちは、作曲動機が不明ながら、これを演奏していた19世紀人は楽しくてたまらなかっただろうなと想像させる音楽です。ここでは有名作曲家たちの音楽がこだまするのです。1ではベートーヴェン「運命」の動機を明らかに連想させ、5ではモーツァルト「魔笛」の一節に似た楽想が登場し、各々のメヌエットはシューベルトに酷似していたり、或いは後世のドヴォルザークの音楽を先取りするようでもあったり。そして12の底抜けの楽しさはボヘミアの作曲家の面目躍如たるところでしょう。(2002/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554226

  • 詳細

    クロンマー:クラリネット協奏曲集 Op. 35, 36, 91 (ベルケシュ/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553178

  • 詳細

    クロンマー:クラリネット四重奏曲集(クレッカー/コンソルティウム・クラシクム)

    しばしばハイドンと比較されたチェコの作曲家クロンマーは、人気・尊敬ともに一流のものがありました。特に管楽器を使った作品での評判は高く、協奏曲やこうした室内楽曲は古典派の中でもトップクラスの作品と語られて来ました。今回は作品番号付きの5曲に加え、長らくハイドンの弟子のヘンゼルのやたら出来の良い作品と思われていた変ロ長調四重奏曲(遺作:草稿の発見でクロンマー作と判明)も収められています。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999141-2

  • 詳細

    クロンマー:交響曲第1番 - 第3番(スイス・イタリア語放送管/グリフィス)

    1759年ボヘミアで生まれ、ハンガリーで活躍、一時はウィーンで宮廷に仕えるも、ハンガリーに戻り20年間ペーチ大聖堂の教会楽長に就任した作曲家フランティシェック・クラマーシュ。しかし晩年はウィーンの劇場の楽長を務め、1818年には皇室専属作曲家の称号を得るなど、すっかりウィーンの作曲家として定着。そんな名声を得ていたにもかかわらず、その作品はハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンの影に隠れてしまって存在自体すらも忘れられてしまいました。1997年になってようやくチェコの音楽学者カレル・パドルタによって彼の伝記と作品目録が編纂され、名前もドイツ読みのフランツ・クロンマーが定着。クラリネット協奏曲をはじめとした作品が少しずつ見直されてきています。この3曲の交響曲もハイドン風ではありますが、二長調とニ短調が入り混じる第2番の第1楽章など、ユニークな部分の多い魅力的な作品です。(2017/01/25 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555099-2

  • 詳細

    クロンマー:ディヴェルティメント ヘ長調 Op. 96 /ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op. 95 (プリャエフ/コントラスト・ケルン)

    モーツァルトと同時代の作曲家、クロンマーはモラヴィアに生まれ主にウィーンとハンガリーで活躍した人です。彼は典型的な古典派の特長を備えた作品を書き、それはハイドン風でもあり、ベートーヴェン風でもあります。晩年の作品はロマン派の作風も備えており、この時代の作品を集中して聴きたい人にはうってつけの1枚と言えそうです。ピアノ四重奏曲でのフォルテピアノの優雅な響きもたまりません。1999年に結成されたコントラスト・ケルン弦楽三重奏団は、緊密なアンサンブルと暖かい楽器の音色が魅力的。(2008/07/30 発売)

    レーベル名:Phoenix Edition
    カタログ番号:Phoenix106