Home > CD & DVD > New Releases

 CD & DVD/BD



New Releases - 2021年07月 発売タイトル

Search results:2 件 見つかりました。

  • 詳細

    ミャスコフスキー:チェロ・ソナタ第1番、第2番/リムスキー=コルサコフ:セレナード(チェロとピアノ版)(ケハヨヴァ/ミラー)

    プロコフィエフの生涯の友人であり、ハチャトゥリアンやシチェドリン、カバレフスキーらの師として知られるミャスコフスキー。2つの世界大戦と、ソ連からの政治的抑圧に耐え、全27曲の交響曲を残したことで知られていますが、このアルバムに収録された2曲のチェロ・ソナタも彼の重要な作品と見做されています。第1番は、ペテルブルク音楽院卒業後間もなく完成した2楽章からなる作品で、全体に伸びやかな旋律とロマンティックな風情を持っています。第2番はその37年後、作曲家67歳の時の作品。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチによって初演されたこの曲は、中期作品にみられる実験的要素は影をひそめ、ラフマニノフやチャイコフスキーを思わせる甘い旋律と、ロシア民謡の要素がブレンドされた回顧的な雰囲気を持っています。演奏するのはブルガリア出身のチェリスト、ケハヨヴァとロシア系ドイツ人のピアニスト、ミラー。2人は息のあった演奏を聴かせ、最後にリムスキー=コルサコフの「セレナード」をアンコールとし、アルバムを締めくくっています。(2021/07/23 発売)

    レーベル名:Dynamic
    カタログ番号:CDS7901

  • 詳細

    シヴォリ/ガンビーニ/セッラ:弦楽四重奏曲集(パガニーニ後のジェノヴァの室内楽)(アスカニオ四重奏団)

    ニコロ・パガニーニに唯一弟子入りを許されたヴァイオリニスト、カミッロ・シヴォリ。幼い頃から才能を現し、ジェノヴァ・ヴァイオリン楽派における最も名高い演奏家、作曲家の一人として活躍しました。このアルバムには、彼を含む3人の作品を収録。この時代におけるパガニーニの影響を受けた次世代の作曲家たちの活躍を探ります。シヴォリの「小さな主題と変奏」は活動の初期に書かれたもので、オペラ・アリアを思わせる抒情的な旋律に自身の技巧を示すかのような華麗な変奏が施された小品。もう1曲は、主題が回帰する毎にヴァイオリンのさまざまな技巧が披露される「ロンド」。この2曲が作曲された間にシヴォリはジョヴァンニ・セッラに師事し、更なる研鑽を積んだと推測されます。セッラは自らの弦楽四重奏曲をシヴォリに捧げることで、弟子の才能を讃えました。ガンビーニは、ピアニストとしても活躍した作曲家。友人だったシヴォリが初演したガンビーニの四重奏曲をロッシーニが高く評価したことで知られています。全て世界初録音。2004年に結成されたアンサンブル、アスカニオ四重奏団による演奏です。(2021/07/23 発売)

    レーベル名:Dynamic
    カタログ番号:CDS7905