Home > CD & DVD > New Releases

 CD & DVD/BD



New Releases - 2021年06月 発売タイトル

Search results:11 件 見つかりました。

  • 詳細

    メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲全集/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調(ミュンヘン放送管/ラウダレス)

    早熟の天才、メンデルスゾーンが12歳から14歳にかけて作曲した「弦楽のための交響曲」。彼の家で毎週開催されていた日曜音楽会で演奏するために書かれたこれらの曲は、全部で13曲(単一楽章の交響的断章も含め)あり、どれも習作でありながらも、J.S.バッハを含むバロック期や古典派の作品を研究していた彼ならではの、巧みな対位法が用いられた精緻な作品です。1821年に前半の6曲を完成、その2年後までには残りの6曲と単一楽章のハ短調が書きあげられており、どれも完成度の高さを誇っています。1822年の「ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための協奏曲 ニ短調」も、自宅での演奏会のために書かれたもので、彼のヴァイオリン教師で友人のエドゥアルト・リーツの演奏を年頭に置いて作曲されたとされています。長らく忘れられていましたが、1952年にユーディ・メニューインが蘇演し注目が集まりました。このヘンリー・ラウダレスとミュンヘン放送管弦楽団による演奏は、すべてがスタジオ・レコーディングされ、すでに第1番-第6番、ヴァイオリン協奏曲(900234)と、第8番、第12番、交響的断章(デジタルのみ)がリリースされていますが、今回は全ての曲をまとめてBOX化しました。【ヘンリー・ラウダレス】グァテマラ出身のヴァイオリニスト、指揮者。4歳の時に父からヴァイオリンの手ほどきを受け、3年後にはソリストとしてオーケストラと共演、その優れた才能がメニューインの目に留まり、奨学金を得てロンドンとアントワープで研鑽を積んだ俊才です。1985年、エリザベート王妃国際コンクールのヴァイオリン部門で入賞、1989年から1993年までフランダース歌劇場管弦楽団のコンサートマスターを務め、その後、2001年からはミュンヘン放送管弦楽団のコンサートマスターに就任、オーケストラの要として活躍しています。(2021/06/18 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900337

  • 詳細

    アンドレ:iv 13/iv 15 「Himmelfahrt」/woher…wohin (アルディッティ弦楽四重奏団/バイエルン放送響/ピンチャー)

    2006年に設立された「musica viva」は、1945年から存在するバイエルン放送主催の現代音楽コンサートを記録保存するためのシリーズ。第37巻のテーマ作曲家はドイツを拠点に活動するフランスの作曲家マーク・アンドレです。パリ音楽院でジェラール・グリゼイとクロード・バリフに師事、ドイツではシュトゥットガルトでヘルムート・ラッヘンマンから教えを受けました。弦楽四重奏のための12のミニアチュア「iv 13」は、ProQuartet-CEMCから委嘱を受け2014/17年に書かれた作品。「iv 15」は宗教的な題材に関心を持つアンドレらしい聖書から題材を採ったオルガン曲。ハンス・アンド・ガートルード・ゼンダー財団の委嘱によって書かれた「Woher...wohin」はオーケストラのための作品。ヨーロッパでは絶大な人気を誇るというアンドレの音楽を、アルディッティ四重奏団やオルガニスト、シュテファン・ホイベルガー、そしてピンチャーの指揮によるバイエルン放送交響楽団の演奏でお楽しみいただけます。(2021/06/18 発売)

    レーベル名:BR-Klassik
    カタログ番号:900637

  • 詳細

    ブルックナー:オルガン編曲による交響曲全集 - 交響曲第1番(アルブレヒト)

    2024年のブルックナー生誕200周年に向けての記念企画、全10巻からなるオルガン版ブルックナー交響曲全集第2弾です。このシリーズは毎年2~3巻をリリース、2024年に完結予定となります。前作(OC476)の第0番では、オーストリアのリンツにあるザンクト・フローリアン修道院の通称「ブルックナー・オルガン」を用いたハンスイェルク・アルブレヒト、今作ではリンツの「ブルックナーハウス」のオルガンを演奏しています。今回中心になるのは1886年に作曲された交響曲第1番。交響曲0番よりも以前の作品で、ブルックナーは幾度も改訂を行っていますが、このエルヴィン・ホルンによるオルガン版は初稿版を用いています。他には、あまり耳にすることのない1861年から63年にかけて作曲された「3つの小品」WAB 97と「行進曲」WAB 96を収録。ブルックナーが初めて完成させたとされる小品も、同じくエルヴィン・ホルンの手で見事なオルガン曲に生まれ変わりました。また、このシリーズのために毎回用意される新作ですが、今作はオスカー・ヨッケルの「ブルックナー・フェンスターII」。交響曲第1番の素材を断片的に用いながら、リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」の夜明け部分を思わせる壮大な音楽を創り上げています。【ブルッナーハウスのオルガン】1969-1973年に建設されたこのブルックナーの名を冠した建物は大、中、小の3つのホールから成り、オルガンは大ホールに備え付けられています。ホール建設と同時にオランダのFlentrop社によって、オルガンが制作されましたが、近年の老朽化に伴うメンテナンスが出来ず、2018年6月からオーストリアのRieger社によって再建されました。古いオルガンの外観は保存されていたので美しい姿は引き継がれています。この新しいオルガンは"2018年国際ブルックナー・フェスティヴァル"でイヴェタ・アプカルナの演奏でお披露目されました。(2021/06/18 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC477

  • 詳細

    ブラームス/リゲティ/ショスタコーヴィチ:チェロとピアノのための作品集(クロフォード/アスンシオン)

    アメリカ出身のチェリスト、ジョン=ヘンリー・クロフォードのリサイタル・アルバム。彼はスズキ・メソードの実践者であるヴァイオリニスト、ローラ・クロフォードを母に持つ期待の新人で、2019年「CRF=クラシカル・レコーディング財団」のヤングアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選出されるなど、すでに高い評価を受けています。このデビュー・アルバムでは彼の祖父がオーストリアから携えてきた200年前の歴史ある楽器を用いて、得意とする3人の作曲家の作品を堂々と演奏しています。ブラームスとショスタコーヴィチで共演するビクトル・サンティアゴ・アスンシオンは室内楽を得意とするピアニスト。ピアノが活躍するブラームスでは息のあった共演を聴かせます。(2021/06/18 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100166

  • 詳細

    スマイス:弦楽四重奏曲 ホ短調/弦楽五重奏曲 ホ長調 Op. 1 (グリースハイマー/マンハイム弦楽四重奏団)

    (2021/06/11 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999352-2

  • 詳細

    セリーナ・オット - 近現代のトランペット作品集

    2018年「ミュンヘン国際音楽コンクール」トランペット部門の覇者、セリーナ・オット。弱冠20歳で、トランペット部門初の女性優勝者となった彼女は、ケルンWDR響、ベルリン・ドイツ響、チェコ・フィルなどヨーロッパ各地のオーケストラと共演、バッハフェスト・ライプツィヒ、グラフェネック、ラインガウ、バルセロナやブレーメンなどの音楽祭などに多く招聘されている。またソリストとしてウィーン・コンツェルトハウス、ザルツブルク・モーツァルテウム、ウィーン楽友協会などでコンサートを開催するなど、輝かしいキャリアを歩み始めています。アルバム第1作(輸入盤 C200091/国内仕様盤 NYCX-10220)ではオーケストラをバックに超絶技巧と溢れる歌心を披露した彼女、今作ではこれまでにも共演を重ねてきた台湾出身のピアニスト、リン・エン=チァの伴奏で伸び伸びとした演奏を聴かせます。彼女のお気に入り、デザンクロの「呪文、挽歌と踊り」も収録。オーケストラとの共演とはまた違った曲の魅力に開眼です。名手ドクシツェルが編曲したグリエールの協奏曲も聴きどころ。まさに歌うように奏でる彼女のトランペットを存分に堪能できます。(2021/06/11 発売)

    レーベル名:Orfeo
    カタログ番号:C200041

  • 詳細

    ハイドン:交響曲第93番 - 第104番(ロンドン交響曲集)(シュトゥットガルト放送響/ノリントン)

    2009年、ハイドン没後200年を記念して録音された「ロンドン交響曲」がお求めやすい価格で再登場!発売当時から高い人気を誇るノリントン率いるシュトゥットガルト放送響による「ロンドン交響曲集」。2009年の"シュトゥットガルト欧州音楽祭"に於いて、第93番から104番までを一気呵成にライヴ収録したこの演奏、オーケストラのサイズからテンポ、フレージング、アーティキュレーションまで考え抜かれたサウンド・バランスで、ピリオド奏法を採り入れたオーケストラがノリントンの持前の「ピュア・トーン」を完璧に奏でています。1998年にノリントンがシュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者に就任して以来、10年間の信頼と実績が感じられる集大成とも呼べる名演の復活です。(2021/06/11 発売)

    レーベル名:SWR Classic
    カタログ番号:SWR19527CD

  • 詳細

    デュボワ:室内楽作品集(レンチェス/スルギク/デュボワ/ヴァラディ/山畑るに絵/パリジー四重奏団/ブダペスト・ストリングス)

    (2021/06/11 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0362

  • 詳細

    オールセン:ピアノ作品全集(オーゼ)

    (2021/06/11 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0584

  • 詳細

    ルオッフ:オルガン作品全集 2 (レヘトラ)

    (2021/06/11 発売)

    レーベル名:Toccata Classics
    カタログ番号:TOCC0596