Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



インゴルシュタット・グルジア室内管弦楽団

Search results:7 件 見つかりました。

  • 詳細

    ヴァインベルク:ピアノ五重奏曲(ピアノと管弦楽編)/子どもの手帳(ブルーミナ/インゴルシュタット・グルジア室内管/ガザリアン)

    1940年にショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲が初演され大成功を収めたその5年後、彼の若き友人ヴァインベルクのピアノ五重奏曲の初演がボリショイ四重奏団とエミール・ギレリスによって行われました。“ロシア・モダニズム”の頂点を成すこの作品は、後に作曲家自身や他の人々によって様々なヴァージョンに編曲されており、それぞれがヴァインベルクの入門作として親しまれています。このアルバムではヴァインベルク作品を得意とするファゴット奏者バイアーが編曲したヴァージョンを演奏。近代ロシア作品のオーソリティ、ブルーミナが奏でる雄弁なピアノに拮抗する、増強された弦の響きが聴きものです。アルバムにはブルーミナのソロによる「子供の手帳」がカップリングされています。(2020/10/16 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C5366

  • 詳細

    スマイス/カプラロヴァ/ハルトマン/マルティヌー:ヴァイオリンをともなう二重協奏曲集(イルンベルガー/サロモン/ジークハルト)

    Gramolaレーベルが力を注ぐ「退廃音楽復興」のシリーズ。第二次世界大戦時、ナチス政権によって迫害され、忘れられた作曲家たちの作品は、20世紀の終わりから続々と演奏機会が増えてきましたが、それはほんの一部であり、まだまだ埋もれている作品が数多くあります。このアルバムでは、ザルツブルクに拠点を置くヴァイオリニスト、イルンベルガーが独奏を務めるヴァイオリンを中心としたさまざまな合奏協奏曲作品を収録。アルバム1では、20世紀初めに活躍した2人の女性作曲家の協奏曲、アルバム2ではハルトマン、マルティヌーの協奏曲と、時代に翻弄された4人の作品を聴くことができます。(2018/08/29 発売)

    レーベル名:Gramola Records
    カタログ番号:Gramola99098

  • 詳細

    バルダナシュヴィリ/ナシーゼ/ツィンツァーゼ:管弦楽作品集(インゴルシュタット・グルジア室内管/ズーカーマン)

    (2011/06/08 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC784

  • 詳細

    フリード:交響曲第3番/ヴィオラとピアノのための協奏曲/2つのインヴェンション(クーレン/トリンドル/インゴルシュタット・グルジア室内管/ガザリアン)

    ロシアの作曲家グリゴリー・サムイロヴィチ・フリード。1969年に作曲したモノ・オペラ《アンネの日記》で世界的に注目を浴びるとともに、数多くの映画音楽や歌曲で高く評価されました。しかし、純粋なオーケストラや器楽のための作品は未だ深く研究されておらず、彼が若い世代の作曲家たちに与えた影響などはこれから少しずつ解明されていくことでしょう。このアルバムにはショスタコーヴィチの影響が感じられる「交響曲第3番」や「2つのインヴェンション」など初期の“社会主義的リアリズム”の伝統に則って書かれた作品と、現代的なテクニックを用いて書かれた「ヴィオラ、ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲」を収録。55歳前後でスタイルを根本的に変えたとされるフリードの作風の変化を実際に味わうことができます。ヴィオラ協奏曲ではオランダを代表する名手クーレンとドイツの名手トリンドルがソロを担当、迫力ある演奏が繰り広げられています。(2019/08/23 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C5353

  • 詳細

    マイール:オラトリオ「サムエーレ」(A.L. ブラウン/ベルンハルト/トロスト/ハマン/インゴルシュタット・グルジア室内管/ハウク)

    すでにNAXOSではおなじみの作曲家、ジモン(シモーネ)・マイール(1763-1845)の感動的なオラトリオです。サムエルは旧約聖書に登場するユダヤの預言者で、ヘブライ語で「彼の名は神」の意を持つ名前です。長きに渡って待ち望まれた子サムエル。母は神に感謝し、彼を司祭エリに仕えさせます。行い正しきサムエルはやがて神の声を聴き、「予言者」として認められ、宗教的指導者として讃えられます。このオラトリオは第1部で彼の誕生を描き、第2部で神の声を聞くまでを描き出します。この作品は、マイールの友人でもあったピエトロ・モラ(1755-1829)が大司教に就任した祝いとして書かれたもので、モラを偉大なるサムエルになぞらえることで、マイールの心からの献辞としたのでしょう。台本を書いたのはドニゼッティやヴェルディとも親交があったメレッリ(スカラ座の支配人としても知られる)で、彼はマイールの弟子でもありました。(2012/08/22 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572721-22

  • 詳細

    マイール:カンタータ「調和」/ベートーヴェンの死に寄せるカンタータ(ホーク)

    ここのところ再評価の機運が著しい、ドイツ出身でイタリアのベルガモに移り住んだマイール。彼こそは、ロッシーニやドニゼッティによるイタリアオペラの隆盛の時代への橋渡しをした人物とされています。しかし作風はドイツらしさが滲み出た堅実さを示します。特に注目は「ベートーヴェンの死に寄せるカンタータ」。幾つかのベートーヴェン作品が引用される、タイトルがイメージする暗さの無いオマージュ的作品で、特に「交響曲第6番」の引用は聴きどころです。劇的カンタータ「調和」は声楽曲の大作で、聴衆を喜ばせる術を心得た明るい作品です。作曲者の生地の近く、インゴルシュタットで録音された、素朴さの残る暖かい演奏でお届けします。(2007/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557958

  • 詳細

    モーツァルト:荘厳ミサ曲 ハ長調/マイール:テ・デウム(ジモン・マイール合唱団/インゴルシュタット・グルジア室内管/ハウク)

    「荘厳ミサ曲 ハ長調」…ジーモン・マイールは1802年にこの曲を書き写した時に「モーツァルト作」と表紙に記しました。この作品が本当にヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト、あるいは彼の父親レオポルドの作品であるのかは永遠の謎になってしまいましたが、いずれにしても、この曲がマイールによって上演された時には聴衆から大絶賛を浴びたのです。一方、マイール自身による祝祭的なテ・デウムは、1805年のミラノ大聖堂で行われたナポレオンの戴冠式のために書かれたもので、マイールの伝記作家ジローラモ・カルビは、この曲を傑作と宣言したほどの魅力的な作品です。(2010/08/18 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570926