Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ヴェラチーニ, フランチェスコ・マリア(1690-1768)

Search results:12 件 見つかりました。

  • VERACINI, F.M.: Violin Sonatas, Opp. 1 and 2 (Gatti, Gervreau, Morini)

    (2018/10/26 発売)

    レーベル名:Arcana
    カタログ番号:A456

  • 詳細

    ITALIAN SOJOURN (AN)

    (2011/08/10 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-099

  • グランド・ツアー ~トリオ・セッテチェントの様々な国のバロック音楽集

    (2014/03/26 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDRBOX1002

  • シュテファン・テミング[3CDs]

    (2014/07/23 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC010

  • 詳細

    ヴェラチーニ:アカデミック・ソナタ全集(トリオ・セッテチェント)

    シカゴを拠点として活躍する「トリオ・セッテチェント」は、レイチェル・バートン・パイン(バロック・ヴァイオリン)と、ジョン・マーク・ローゼンタール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、デイヴィッド・シュレーダー(鍵盤楽器)の3人で結成されたアメリカ有数の古楽アンサンブルです。これまでのアルバムでは、イギリス、フランス、ドイツと様々な国の作品を演奏していますが、今回はイタリアの後期バロック時代の作曲家ヴェラチーニ(1690-1768)の作品を取り上げています。あのタルティーニも彼の演奏を聴いて自信を失くしたと言うほどのヴァイオリンの名手であり、数多くの演奏会に出演し、また数多くの作品を残した人です。人間的にも豪放な性格だったと言われ、多くの逸話が残されていますが、その音楽も華麗で奔放。このソナタも、技巧的なヴァイオリンと、それを彩る通奏低音との絡みがとても優美です。いつものように雄弁なバートンのヴァイオリンがとても魅力的です。(2015/06/24 発売)

    レーベル名:Cedille
    カタログ番号:CDR90000-155

  • 詳細

    ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 2 - 序曲第1番、第3番/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調(グリエルモ/ラルテ・デラルコ)

    イタリア、バロック期に活躍したヴェラチーニ。奔放な性格で知られ、宮廷でのいざこざが絶えなかったなど様々なエピソードが伝えられています。しかし作品は端正で簡潔な書法に拠って書かれており、ヴェラチーニ自身が卓越したヴァイオリニストであったため、華麗な技巧に彩られたヴァイオリン曲が数多く残されています。このcpoのシリーズは、ヴェラチーニの「序曲と協奏曲」の全てを録音することを目的に始められており、代表作であるヴァイオリン協奏曲を中心に序曲(シンフォニア)とトリオ・ソナタを散りばめた様々な作品が収録されています。この第2集では、作品番号をもたない1716年作曲の2曲の序曲、ハ長調のソナタと、1721年に書かれた作品番号第1番からのト短調のソナタ、ヴァイオリン協奏曲を収録。祝祭的な音色を持つ序曲は、ヴァイオリン曲よりも更に華麗であり、ラルテ・デラルコの表現豊かな演奏がヴェラチーニ作品の魅力を引き立てています。(2019/11/22 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:555220-2

  • 詳細

    ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 1 (グリエルモ/ラルテ・デラルコ)

    フィレンチェの薬剤師の息子として生まれたヴェラチーニは、なかなか血気盛んな人だったらしく、ある時歌手たちとの論争に巻き込まれ何と3階席から飛び降り、その時のケガが元で一生足が不自由になってしまったほどでした。そのせいか「頭がおかしい奴"capo pazzo" 」とあだ名されたりもしましたが、彼自身がヴァイオリンの名手だったこともあり、その作品は非常に聴き応えのあるものとなっています。彼はイタリアだけでなく、ドレスデンやロンドンでも活躍し、ヴァイオリンを演奏したり自作の歌劇を発表したりと充実した人生を送ったようです。そんな彼の作品を名手フェデリコ・グリエルモとラルテ・デラルコの自由自在な演奏でお楽しみください。CPOレーベルでは久しぶりとなるSACDハイブリッドの高音質録音も魅力的です。(2009/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777302-2

  • 詳細

    ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 1 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

    「悪魔のトリル」で知られる名手タルティーニの技法を継承したとされるヴェラチーニの作品の中心はヴァイオリンソナタですが、イタリアのほかロンドン、ドレスデンでも活躍した彼の管弦楽法を知る上でも貴重な録音となるであろう。(1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553412

  • 詳細

    ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 2 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

    同時代の有名なタルティーニを再び学習に向かわせたほどのヴァイオリンの名手ヴェラチーニの管弦楽を伴う作品集、この第2弾では、まず「序曲」が注目されます。4楽章形式は明らかに後の交響曲の歴史へと繋がります。舞曲形式による楽章が続きますが、特に終楽章のリゴードンの楽しさは忘れられません。ヴィヴァルディやコレルリの系譜上にありながらも、彼の作品は「エキセントリック」と形容されますが、協奏曲などで技巧性が目立つだけではなく、確かに風変わりな楽想を随所に発見できます(遅い楽章が意外に面白い!)。(2000/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.553413

  • 詳細

    タカコ・ニシザキ・プレイズ・スズキ・エバークリーンズ 4 (西崎崇子)

    第4集では更なる音楽性と技術の向上を目指します。バッハの無伴奏チェロ組曲の中で第6番は特異な作品として知られています。普通のチェロではなく、通常のチェロに高音弦(E弦)をもう1本足した5弦の楽器チェロ・ピッコロ(普通のものよりも小さい)のために書かれたとされ、指使いなどもハイ・ポジションを多様するために難しくなっています。これをヴァイオリンで演奏することは、かなりの困難を伴うことでしょう。しかし、この曲を完璧に演奏できても、まだまだ油断はできません。しかし、音楽の楽しさと奥深さが面白いように理解できるのではないでしょうか。(2010/07/14 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572381