Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



フィッシャー, ドリス(1915-2003)

Search results:3 件 見つかりました。

  • 詳細

    ジ・インク・スポッツ 第2集「センチになって」オリジナル・レコーディングス1939-1945

    なんとも大ざっぱな味わいが癖になりそうなインク・スポッツですが、そのブルージーでリラックスしたフィーリングは、トミー・ドーシー楽団で有名な《センチになって》でも全編にわたって炸裂しています。テナー・パートを担当するビル・ケニーのソフトな高音を活かしたスタイルが、とにかく印象的! 主旋律をハモらずに、コーラスは「ム~、ア~」といった動きが主体なので、イメージとしては、マンハッタン・トランスファーよりも、はるかにクール・ファイブ寄りと書いても、決して間違いではないと思います。後に大巨匠に成長する、若き日のエラ・フィッツジェラルドが参加した3曲のナンバーにおけるスウィンギーな味わいも耳に残ります。(2002/11/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120624

  • スパイク・ジョーンズ&ヒズ・シティ・スリッカーズ:「ミュージカル・デプリシエーション・ウィズ……」 オリジナル・レコーディングス 1942-1950

    キャッチフレーズ的には、「冗談音楽の元祖」で確かに間違いはありません。問題なのは、スパイク・ジョーンズとシティ・スリッカーズのサウンドが、いまだにインパクトに満ちていることでしょう。音程を付けたカウベル、ホイッスル、タクシーのホーンなどは、まだまだ序の口。フライパン、犬の鳴き声、くしゃみやげっぷ、ガラスの割れる音などといったさまざまな音を駆使し、おなじみのメロディを調子よくぶちかましてくれるのです。圧巻はうがいの音や競馬中継を組み込んだ〈ウィリアム・テル序曲〉ですが、もちろん、そのほかの曲も抱腹絶倒間違いなし!ただし、かなり冗談がきつい箇所もあるので、気の弱い人はくれぐれもご注意のほどを!(2003/09/01 発売)

    レーベル名:Naxos Nostalgia
    カタログ番号:8.120679

  • ゲイル・ウィンターズ:マイ・シャイニング・アワー

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz
    カタログ番号:86027-2